ページTOPへ

エクステリア 自分らしいフェンスにしませんか?

ご自宅のフェンスはどんな感じですか?

フェンスは、隣地境界に設置して敷地を明確にするだけのものではありません。

生活スタイルやご自宅のイメージに合わせたものを選ぶと良いです。また、門扉や車庫前ゲートとコーディネートをすると統一感も出ます。

庭の木々や花々を美しく見せるようなものや、環境に配慮するようなフェンス、街並みも整える役割をするものなど様々です。プライバシーを守り、そして防犯対策としても大切なポイントの一つです。

フェンスの種類は?

ブロックだけのものは、最近はあまり見かけなくなってきたように思います💦

木製、アルミ、樹脂、スチール製などがあります。

 

フェンス設置でのポイントは?

●材質を何にするか

常に風雨に晒されているものなので、錆や腐食の出ないものを選ぶと良いです。ステンレス製、アルミ製のものがオススメ!! 家の雰囲気で木製のものにする場合は、防蟻防腐剤の注入材を使用した方が良いと思います。

●基礎工事

塀やフェンスを支える基礎工事が必要。ブロック積みにする場合は、必ず鉄筋を入れます。地中に埋設する場合では、道路や隣地に越境しないように、きちんと水糸を張って確認しながら施工を。(業者さんにお願いする場合は、きちんとやってくれるので問題ないかと思います)

●強度

高さが高くなる場合は、必ず控えの支柱などをし強度を確保しましょう。

 

費用は?

木製(25m)・・・約60〜100万円

アルミ製(25m)・・・約50~80万円

スチール製(25m)・・・約40~60万円

デザインやメーカーによって異なります。

最近では、ネットで安く購入し、自分たちでDIYするという方もいます。私もちょっとやってみたい気もしますが、失敗したら・・・と思うとなかなか手が付けられません  (;´・ω・)

 

メーカー別 フェンスデザイン

LIXLE

ライシスフェンス、プレスタフェンス、ジオーナフェンス、サニーブリーズフェンス等があります。

三協アルミ

フレイナ、フィオーレ、カムフィメ、シャトレナ等があります。

洋風、和風のもの、デザインも様々です。材質等も考慮し、予算内で良いものを設置したいものです。

まとめ

我が家のフェンスは、隣人宅と共同のものです。

なので、修理や取り壊し等の場合は、たぶん費用を半分ずつ支払うという事になります。

本来なら別々の方が良いのですが、建売で購入した際、すでにフェンスは土地の真ん中に設置済みだったので仕方ありません💦

それぞれ事情はあるかと思いますが、共同の場合はお互いに納得のいくものを設置できると良いですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページを見た方はこちらのページも見ています。