ページTOPへ

【失敗しないリフォーム】玄関リフォームとは?

その家の顔でもある玄関

「和」な感じのものもあれば、「洋」な感じのものもある。玄関ドアを変えると、雰囲気も変わり、気分も変わります。

その家にあった玄関ドアにリフォームしませんか?

玄関ドアの交換時期は?

これは難しいですよね?
我が家の玄関は、片開きドアです。

今の所は何の問題もないので交換する予定はないのですが、やるとしたら私は電子錠付きのドアにしたいと思っています。ちょっとカッコイイですよね~(笑)

  1. ドアの老朽化。これが一番に思えます。
  2. イメージを変えたい時。長年、使用していると、飽きが来るというか・・・(;´・ω・)
  3. 防犯性アップ。今は、鍵を掛けていても空き巣の被害に遭ったりします。少しでも、被害が減るようにしたいものです。

玄関ドアの種類は?

引き戸

  • 引き違い扉・・・2枚の引き戸あり。左右、どちらからでも開閉可能。
  • 片開き扉・・・1枚の戸を左右に滑らすことにより開閉する。
  • 両引き込み扉・・・扉全体を左右の側面に引き込んで開ける。玄関の開閉部分を広く使える。

開き戸

  • 片開きドア・・・狭いスペースでも設置可能。
  • 親子ドア・・・大きさの違う扉が向かい合わせになっている。小さい方の扉は、閉めていることが多い。大きい家具等と入れたりする場合に開けると、スムーズに入れられる。
  • 袖付き開きドア・・・片開きドアに、袖が付いているもの。窓が付いているものもあり、明り取りにもなる。
  • 両開きドア・・・同じ大きさのドアが左右に2枚ある。広い玄関スペースがないと設置不可。

和風な感じの家には、やっぱり引き戸が合いますよね。
木製の格子で出来ているものは、趣があり、お家の雰囲気にもよく合います。

洋風な感じの家には、やっぱり開き戸ですかね?いずれにしたも、その家にあったものにしたいです。

玄関ドアの工事は? 費用は?

今の玄関ドアを取り外したり、切断したりして解体します。
新しい玄関ドアの部材のみの工事で出来るので、ドア周辺の壁を壊したりしないで設置が可能。

現在は、今の枠の上に新しい枠をかぶせて取り付けをする方法(カバー工法)でやることが主流。
リフォーム用に開発された製品もできたので、以前よりも気軽に玄関ドアの交換がしやすくなってきたようです。

*カバー工法だと、工事が半日~1日で終わります。費用もおさえることができますが、今までの枠の上に枠をかぶせるので、間口か少し狭くなるのがデメリット。

せっかく新しい玄関ドアにするなら、断熱性や気密性はもちろん、防犯にも考慮したいですね。
断熱性、気密性・・・暖かい空気が室内から外に逃げて行ってしまう事を防ぐ。また、外からの冷たい空気が中に入ってくることを防ぐ。

防犯・・・鍵をかけていたとしてもピッキングされてしまい、こじ開けられてしまったり、ガラス部分を割ってサムターンを回したりして、中に侵入したりされないようにしたい。

  • 引き戸から引き戸へ・・・問題ない。約5万~約10万円
  • 開き戸から引き戸へ・・・間口を広げる工事をすることになる。約40万~約50万円
  • 開きドア・・・約20万~約45万円
  • 工事費・・・約5万~約10万円

他のリフォームより規模が小さいので、割と安く感じるかもしれません。

とはいえ、私は高く感じますが💦

電子錠とは?

電気で鍵の開け閉め操作をするもの。電源は配線が必要なものと、乾電池を使用するものがあります。

あとから設置するものでは配線のいらないタイプのものもある。

電子錠の種類は?

暗証番号で解錠、指紋認証、タッチキー、リモコン・カード方法(専用カード・ICカード(Suica、pasmo、edy))、携帯電話で解錠などがあります。

電子錠の費用は?

  • カード(ICカード、磁気カード)・・・約2万円~
  • 暗証番号、ICカード・・・約4万~約7万円
  • 指紋認証+暗証番号・・・約5万円~
  • リモコン・・・約2万~約7万円

電子錠のメリット、デメリットは?

メリット

  • 鍵がないという心配がいらない。
  • 防犯効果あり。(ピッキングにあいにくい)
  • 暗証番号や指紋認証の場合、かぎを探さなくてもいい。
  • オートロックの場合、自動で施錠するので、鍵をかけるのを忘れても大丈夫。

デメリット

  • 設置費用が高い。
  • リモコン・カード式の場合 → オートロック機能がついていて、リモコン等を持つのを忘れて出てしまったら、入ることができなくなる。
  • 暗証番号の場合 → 番号を忘れてしまったら入れない。

*最悪の場合は、鍵の専門家に壊した貰い、新しい鍵を設置しなくちゃならない。

まとめ

玄関ドアは、そう簡単に壊れるわけでもないので、正直、なかなか交換をすることはないかと思います。
ですが、リビングやキッチン、お風呂などをリフォームすると、玄関ドアも・・・となるのではないでしょうか?

家の顔でもある玄関ドア。一番最初に目につく部分ですし、できるだけ家にあった玄関ドアにしましょう!!

我が家は、壊れるまできっとこのままです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページを見た方はこちらのページも見ています。