ページTOPへ

住宅の寿命ってどのくらいなんだろう?

我が家は、今年の3月で築15年目になります。

新築で購入したのですが、建て替えの時期とはいつ頃なんだろうと、漠然と思ったことはないですか?

大体、何年ぐらいで住宅の寿命が来るのか気になります。

寿命は30年前後?

家を購入する際は、いつ建て替える?ということを頭に置いて購入する人はかなり少ないと思います。(個人的な意見です💦)

日本の家の平均寿命は約26年位とされていますが、30、35年ローンを組んでいると、これってどうなんだろう?と思ってしまいます。

私は、多少のメンテナンスはしたとしても、50年位は建て替えしないでいきたいとは思いますが・・・。

 

何でそんなに寿命が短いのか?

私なりに考えてみました!!

リフォームがしづらい

生活スタイルが変化すれば、増改築が必要な場合があります。

壁を作り、間取りを変えたり・・・。でも、住宅の構造上、それができないようであれば取り壊しをしたり、建て替えをしようと思うかと。

中古物件の流通不足

日本では大体、築15年経つと建物についての評価は、ほとんどゼロになってしまうと言う話を聞いたことがあります。(記憶違いだったらすみません💦)

家族構成、生活スタイルが変化すると、今の家を売り、新しく住み替えるにしても、なかなか中古住宅は売却が大変。

売却が難しいのであれば、取り壊して建て替えようという考えが出てきます。

 

住宅を長持ちさせるコツは?

定期的な点検や、メンテナンスをしっかりとやるのが一番!!

外装部分

外壁・・・定期的な点検がオススメ。塗替えをすることで、断熱性や防水性を復活させる効果がある。サッシ、玄関扉やシャッター等の点検や部品交換も一緒にやると良い。

屋根・・・スレートや瓦屋根では時期が変わるが、点検の際にヒビ、割れ等があったら修繕をするのを忘れずに。

内装部分

壁紙・・・約5年ごとを目安にチェック。汚れや傷、破れ等が問題がなければ張替えなくてもいい。

フローリング・・・半年~一年に一回はワックス掛けを。(ワックスフリーの場合、ワックス掛けは必要ないかと。)点検は5年毎位でやり、下地を含めた部分的な補修も。表面の仕上げの剥がれや割れ、踏んだ際にベコベコしたり、下地から軋むような音がするといった不具合を感じ始めたら、張替えを検討する時期です。目安は築20年頃。

水廻り部分

水栓、パッキン、配管・・・つなぎ目からの水漏れがないか、汚れ、配管等のヒビや割れ、劣化の有無をチェック。5年毎を目安に。(約10年~20年で水栓器具や配管は寿命と言われています💦)

キッチン・・・約10~20年を目安に、加熱機器や食器洗浄機が寿命になる。本体、扉、天板などの部分的な交換は、使用頻度にもよるがヒビや割れ等があるようなら約15年位で交換等の検討を。

洗面化粧台・・・毎日使う場所なので、日々チェック。約15年~25年を目安に、必要に応じて交換を。

トイレ・・・約10~15年で温水便座が故障する場合あり。約20年~30年を目安に便器の交換を。

ユニットバス・・・約20年を目安に、必要に応じて交換を。

給湯器・・・約7~15年で寿命が来る場合あり。無いと困るものだし、高いものなので、急に壊れたら困る(T_T)

 

まとめ

日々の掃除や使用の際にチェックをすると良いですよね~

あくまでも交換時期等は目安ですが、できるだけキレイに、そして長く使えるように、気にしながら使っていきたいと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページを見た方はこちらのページも見ています。