ページTOPへ

地震対策してますか? 防災グッズ編

いざという時に備えて、何か用意をしてますか?

我が家では一番上の子が生まれた時から、防災グッズや非常食等を用意しています。これは現在でももちろん継続中です!!

東日本大震災以降でも様々な地域で大きな地震があり、いつ災害が起きても焦らないためにも用意を。

 

防災グッズはどんなものを用意したらいいのか?

地震災害が発生し、ライフラインが止まってしまった場合では、公的な支援が行き渡るまでに家族の生命はもちろんですが、健康管理も必要です。

飲料水 
1人1日3リットルが目安(家族4人・飲料のみとして3~4日分→2リットルペットボトル15本~20本くらい用意)

非常食
 賞味期間が長くて、火を通さなくても食べられる食品(レトルトやインスタント食品、クラッカーやビスケット、缶詰などの日用品をストックしておく。消費期限が近いものから消費をし、忘れずに補充を)。保存可能期間2年~5年のものがベスト。

医薬品
 薬、絆創膏、消毒液、包帯、ガーゼ、はさみ、ピンセット、持病のある方はその病気の薬(薬品名のメモも忘れずに)、カイロ

停電時用
懐中電灯(乾電池含む)、マッチ、ロウソク、携帯ラジオ、予備の電池も忘れずに。(懐中電灯、携帯ラジオは、手巻きの充電式もあり、乾電池がいらないので便利。携帯電話も充電できるものあり。

衣類等
重ね着可能な衣類、防寒具、毛布、下着類、靴下、軍手、雨具など

貴重品
現金、身分証明書(運転免許証等)、保険証、預貯金通帳、印鑑、各種カードなど

避難所への持ち込み用
着替え、毛布、布団(寝袋でもok)、タオル、ティッシュ、ウエットティッシュ、ビニール袋、生理用品、筆記具(油性)、食器類(箸やスプーン等)など

緊急時の避難・救助用
笛、ナイフ、ロープ、懐中電灯、バール・ノコギリ・ハンマー等の工具など

長期避難用アウトドアグッズ
燃料(炭など)、卓上コンロ、ガスボンベ(予備ガスは多めにあると良い)、固形燃料、調理用具(トング、お玉等)、寝袋、洗面用具、トイレットペーパー、古新聞紙、バケツ、ラップ、ビニールシート、紙袋、ビニール袋、布袋(所持品整理用としてあると良い)、断水の場合では携帯用トイレ・簡易トイレも必要。

*キャンプ用品があると良いかと。(我が家は徐々にですが、防災目的を含めてのキャンプ用品を集めています。一石二鳥です💕)

意外と役に立つ日用品
布粘着テープ(油性マジックを使い、メモとしても使用可能)、ラップ(水不足の時では食器として。またお皿の上に置き使用すれは、洗い物をしなくても済む)、梱包用ひも、ダンボールなど

 

まとめ

これを全て用意すると大変です💦

我が家の防災グッズは、玄関付近と庭に設置してある物置に置いてありますが、結構、邪魔になります (;´・ω・)

ですが、万が一・・・ということもあり、常備はやめられません。

必要最低限のものは用意し、少しでも心も余裕を持ちたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページを見た方はこちらのページも見ています。