ページTOPへ

悪徳リフォーム業者対策!!

テレビでしか聞いたことがなかったのですが、友人からちょっと怖い話を聞いたので、少しでも何か皆さんのお役に立てればと思い、書きたいと思います。

友人Oさんの例

友人Oさん宅は、築約25年。4人家族で住んでいます。

ある時、一人のとび職⁉の方が来て、「雨どいが外れているから、直してあげようか?」と声をかけて来たそうです。

「自分たちでやるので大丈夫です」と断ったのですが、次の日もまた来たそうです💦

あまりにもしつこくて、何度も断ったのに何度も来たそうです。なので、「警察を呼びますよ」とスマホ片手に言ったら帰って行ったそうなのですが。

どうも怪しい感じの方で、雨どいを直しついでに、「ここもダメ。あそこもダメ」と言われ、修理をしないと・・・となり、断ることができなくなるのが怖かったそうです。

友人Mさんの例

友人Mさん宅は、築約15年。4人家族で住んでいます。

住宅街の一角にあり、日頃から色々なセールスの人が来てるそうです。その中でも一番しつこかったのは、太陽光発電の営業の方だったそうです。

今の所、設置する予定もないし、購入資金もないのでと断ったのですが、「ローンがあるので、その点は問題ないですよ」と言われたそうです。

「今ですと、キャンペーンでこれをつけると、○○円値引きします。それと、弊社のパンフレットに写真とコメントを載せるのを許可して頂くと、謝礼として20,000円値引きします。」なんて言われたら、少し揺らぎますよね~

ですが、見積もりを取ってみると、メチャクチャ値段が高く、今日中に契約しないとこの金額での見積もりは無効になりますと言われたので、「なんでそんなに急いで契約させるの? それに、なんでこんなに高いの?」と思い、お断りしました。しかし「なんでこんなにいい条件なのに、断るんですか?」としつこく言ってきて困ったそうです。

 

二人とも被害には遭わなかったのですが、話を聞いて嫌な気持ちになりました💦

訪問セールスが全部が悪徳業者ではありません。ただ、悪い業者もいるという事を常に頭に置いておいた方がいいですね。

 

悪徳業者の手口は巧妙に・・・

悪徳リフォーム業者の被害にあうと、精神的ダメージや費用の損失、また家にもダメージがかかる場合も。

粗悪な工事をされてしまい、家の構造にダメージがかかってしまうケースもあり、被害額は数万円から数千万円と様々です💦 

うちに限って・・・というように、だまされたことに気が付かず、危険な家に住み続けている人もいるので、要注意です。

 

訪問セールスでの主な手口は・・・

挨拶商法

リフォーム会社の営業という人が訪問してくる。「近所のお宅で塗装工事をやることになり、そのご挨拶に来ました。ついでにチラッと外壁の状態が気になったので、お声を掛けさせて頂きました」という感じで話始める。

我が家では、新聞の勧誘がこのような手口できました。「近所に引越しをして来たので、ご挨拶に来ました。」というので玄関を開けたら、新聞屋ですと。結構ですと断りドアを閉めようとしたら、脚を入れた来てドアを閉められなくされたのを覚えています。あの時は怒りもですが、怖かったです💦

点検商法・不安商法

「今、点検無料キャンペーンをやっているのですが、外壁をちょっと点検させて欲しいのですがよろしいですか? 」と言ってくる。見てもらうだけならタダだし~と思いお願いすると、点検後に「外壁の○○部分に細かいひびや割れなどが見当たりました。このままの状態だと中に水が浸入してしまい、中の構造部分まで腐食してしまう恐れがあります。できるだけ早めに塗り替えをしないと、後になって何百万円もの費用が掛かってしまう場合が・・・」と言われた。

見本工事商法

急に言われても困るので断ろうとすると、「ここは道路に面していますし、信号近くにあるので結構目立ちますよね。当社としてもいい宣伝になりますので、やらせていただけるなら、工事費用を○○円値引きします。」と。

結果

それだったらお願いしようかな~となって、業者の言われるままに外壁塗装のリフォームを依頼したが、約2年後位から徐々に変色し始めた。最初に交わした契約書の電話番号に電話をしたが全然通じなくて困った。工務店で状態を見てもらってから分かったのだが、見積もりとは違う塗料が使われていたり、また標準よりも薄く塗られていたり。また再塗装を行うことも。

 

悪徳業者を見抜くポイントは?

言葉がうまい

言葉巧みに話をし、普段あまり気にしていない部分や、ぱっと見では分からない部分の破損の不安を突いて来て、家の中に入り込もうとしてきます。

無料・値引き等の甘い言葉をささやく

定価からいきなり50%値引きします。又は、○○%値引きします。とか言われたら、基本的には初めから2倍以上の価格が設定されて、見積もりされていると思った方がいい。無料点検と言っても、人件費がかかっていることには変わりはない。そのあとの仕事のことを考えていると思っていた方がいいかと。

契約を急がせる

検討させる時間を与えない。今日中に決めて下さいとか言って、短期間での契約をしようとする。契約後には解約解除をさせないように、サッサと工事に入ってしまうことがある。

 

クーリング制度

その場での契約は絶対にやらないように。必ず何ヶ所か見積もりを取って、意見を聞くのが一番。

訪問販売でのリフォーム工事の場合、契約日から8日以内なら"クーリング・オフ"で解約することができます。日数が過ぎてしまっても、悪質な場合は契約を取り消せる可能性があるので、諦めずに「国民生活センター」や「財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター」等に相談を。

まとめ

悪徳リフォーム業者から身を守るには、定期的に自分たちでもできる点検をしておくのも有りです。

外壁、屋根、床下、配水管等は出来るだけ定期的に点検をし、自宅の現状を把握することをオススメします。そして、修理や補修をする際では何ヶ所からの話をきちんと聞きましょう。価格もですが、色々と比較ができます。

私もですが、皆さんも悪徳リフォーム業者には気を付けましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です