ページTOPへ

太陽光発電、売電価格知ってますか?

平成30年度の太陽光発電の売電価格、知っていますか?

再生可能エネルギーの発電設備で作った電力は、固定価格買取制度により定められた単価と期間で買い取ってもらえることが保証される。

平成30年度は10kW未満での太陽光発電設備では、26円又は、28円の余剰売電が10年10kW以上の設備には18円の全量売電が20年となっています。

平成29年度と比較すると2円ずつ単価が下がっています。太陽光発電自体の価格も以前よりも安くなってきているので、採算性は昨年よりも上がる可能性も高いかと思います。

買取価格と売電期間は?

●10kw未満の売電単価(主に家庭・住宅用)

・出力制御なしの場合・・・26円/kwh

・出力制御ありの場合・・・28円/kwh

●10kw未満の売電期間(主に家庭・住宅用)

10年間です。

 

●10kw以上の売電単価(主に事業・産業用)

・18円+消費税/kwh

●10kw以上の売電期間(主に事業・産業用)

・20年間です。

今後、売電価格は下がる?

今後の売電価格の目標が経済産業省で発表されています。

2020年以降、早期に1kWあたりの売電価格を11円にまで下げるようですが💦

*10kW以上の産業用太陽光発電システムの場合は、2030年で7円を目標。

このまま年々下がっていく事が分かると、太陽光発電を検討しているようでしたら早めに設置したいですよね~

我が家の売電価格は33円(2016年に設置しました)ですので、2年で結構下がっています。少しでも早く設置できて良かったというのが素直な感想です。友人宅は38円なので同じ売電量でも5円の違いは大きいです (;´・ω・) そして、この違いは金額にすると、かなり悲しいです (T_T) 

まとめ

我が家の近所のお宅では、私が知っている限りですが、4軒しかありません。

設置したいが、元が取れるのかが気になるという話を良く聞きます。

個人的な意見ですが、早い時期に導入したからと言って、良いとか悪いとかは無いと思っています。

確かに売電価格が高いと、同じ電力量だったとしても違いが出てきます。しかし、設置するにはお金もかかるので良く考えないといけません。

我が家は約10年前では高くてやめましたが、2年前に設置した際にはだいぶ下がってきました。でも結構、高いですよね~ (;´・ω・)

売電金額が高いのは嬉しいですが、太陽光発電を設置していないご家庭から比べれば少しでも収入が入れば嬉しいものです💕

お金が絡んでくることなので、ご家族でよく話合いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページを見た方はこちらのページも見ています。