ページTOPへ

今、注目のハイブリッド蓄電池システム!!

ハイブリッド蓄電池システムって知ってますか?

太陽光発電システムや蓄電池の事は、皆さん詳しいことは知らなくても、名前など少しはご存知なのではないでしょうか?

しかし、ハイブリット蓄電池システムとなると、どうでしょう。

私は正直、「今までの蓄電池と何が違うの???」と思い、あまり聞いたこともなかったので、ん?って感じでした💦 色々と調べたので、私なりに解りやすく説明出来たらと思います!!

そもそも太陽光発電というのは、発電した電気をそのまま家庭内で使う電気にします。

作られた電気は自宅で使い、できるだけ電気は買わずにしたいものですよね~ 

「余った電気は少しでも多く売電をし、電気代を節約したいと思って導入した」と言う方が多いのではないでしょうか?

蓄電池がある場合では、電気をためておくことが出来るので、太陽光発電のみのご家庭よりも電気代を節約する事が可能になります。

今までですと、太陽光発電と蓄電池で別々にパワーコンディショナー(パワコン)が必要でした。

蓄電池にて電気を蓄電をする場合、電気は一度家庭用電源として交流に変換されているので、直流に変換が必要となり充電となる。そのため、それぞれのパワコンが必要でした。

電気は変換する毎に多少の電力でロスがどうしても出てしまうので、それぞれのパワコンを使うとなると効率が良くない。

ロスを少なくするため、太陽光パネルと蓄電池のパワコンを一つにしたものをハイブリッド蓄電システムといいます!!

*パワーコンディショナー(パワコン)・・・発電した電気を家庭内で使えるように変換する装置のことを言う。(パネルで発電された電気は直流なので、家庭内で使えるように変換している。)

メリット・デメリットは?

●メリット

・電気を変換する際のロスが少なくなるので、効率よく電気を使うことができる。

・天気の状態で、太陽光発電での電気の使用と蓄電池での蓄えた電気との使い分けをすることができる。

・日中では太陽光発電、夜は蓄電池となり、蓄電池に電気残量がある場合、停電時や災害時でもためておいた電気を使うことが可能なので安心。

●デメリット

・容量があるので、無限に電気を貯められる訳ではない。

・災害時でも蓄電池等が無事だったら使用可能だが、本体がダメになってしまったら何もできない。

まとめ

自然災害がここ最近、多くなってきているように思います。台風、ゲリラ豪雨など様々です💦

停電時や災害時でも、電気を使う事が出来ますし、携帯電話の充電や炊飯器でご飯を炊くこともできます。

これが出来るのと出来ないのでは、安心感が違いますよね~

仲のいいママ友にも「太陽光発電あると良いよね。売電も出来るし。停電しても大丈夫だしね」とよく言われます。でも、停電が発電している日中であれは大丈夫ですが、夜でしたらアウトです💦 でも、蓄電池があれば、夜でもある程度は大丈夫なので安心ですが。

これから導入を考えている方、またパワコン交換時期ななるような方は、一度、検討されてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です