ページTOPへ

カーポートの屋根で、太陽光発電をしてみませんか?

カーポートの屋根で、太陽光発電をしているお宅はありますか?

我が家の近所では、カーポートの屋根では太陽光発電をしているお宅は見かけませんが、良いアイデアですよね。

既存のカーポートの屋根では、太陽光パネルを乗せても大丈夫なのか気になります。

家の屋根だけではなく、カーポートの屋根でも発電できるとなると、発電量が増えますし、節電をすることで売電量もアップします!!

その為、カーポートに太陽光パネルの増設を希望される方が増えて来ているように思います。それに、太陽光設置用の頑丈なカーポートが色々とラインナップされていますので、検討する方が増えて来ているのも要因の一つかと思います。

しかし、カーポートの設置条件を満たせない場合も多く、建物等での影の影響でダメだったり、スペースが足りなかったり、外観が損なわれてしまうと理由は多々ありますが、設置が出来ない場合もあります💦 屋根の強度が落ちてしまい、メンテナンス費用もかなり掛かることも💦

メリット、デメリットは?

メリット

●屋根に設置が出来ない住宅でも大丈夫!!

・瓦や下地の構造により太陽光パネルが設置できない場合もあるが、カーポートでの場合では、太陽光パネルの設置を前提としたものになっている。

・駐車場のスペースさえあれば、問題ない。

●自宅の外観を損なう心配がない!!

・瓦やスレート屋根にしても、太陽光パネルを設置したら隠れてしまう部分が出るので、場合によっては外観が微妙に変化するが、カーポートでの場合だとそこは気にすることはない為、問題ない。

●屋根での発電と合わせてやることで、発電量・売電量が多く見込める!!

・駐車するだけのスペースだったカーポートだが、屋根に設置をすることで売電収益になる。

・すでにご自宅の屋根に太陽光パネルがある場合では、カーポートと両方で発電することになるので、多くの発電が見込まれ、売電収益もUPするかと。

デメリット

●駐車スペースがないとダメ!!

・もちろん、駐車スペースが無いとできません💦

・カーポートは既製品なので、太陽光パネのサイズが決まっている為、寸法の問題で制約が気になる。

●影が気になる!!

・住宅街ですと、近隣の家の影が影響してくる。

・屋根での発電とは違い、カーポートでは高さが低いので、影の影響をかなり受ける。設置したのに、あまり発電しないようだとコストだけがかかっただけで、売電収入が無いとやった意味がないかと。

まとめ

私は太陽光発電システムの設置は、➀エコ・環境に良い ②災害時・停電時での電源 ③余った電気は売電し、少しでも電気代削減と思ってやりました。

屋根とカーポートに太陽光パネルを設置することで、総容量が10kwを超える場合、全量買取制度の対象になります。そうすると、20年間、発電電力の全てを売電に充てることができます!! これは良いですよね。 

興味があるようでしたら、一度、ご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です