ページTOPへ

屋根って見えないけど、どうなっているの? 

屋根は普段見えないですが、どうなっているか気になりますよね~

私は、約2年8か月前に太陽光発電の設置と屋根のペンキ塗替えをした時に見たきりですが、今現在、どうなっているのかちょっと気になります。

屋根はどうなっているの?

そもそも屋根は、家にとって大切なもので、瓦屋根、スレート屋根など様々あります。

我が家はスレート屋根です。建売住宅だったため選択肢はなかったのですが、注文住宅の場合でしたら、色々と選ぶことが出来るので良いですよね。

屋根こそ一番重要な部分なので、高温多湿の気候や様々な風土からも住宅を少しでも長持ちさせる為にも、また雨漏り等を防ぐ為にも、屋根材を良く検証して、住宅にあったものを選びたいです。

自分達で出来るセルフチェックはあるの?

あります!!

細かい所までは、きちんとチェックは出来ないかも知れませんが、簡単なものは出来るので一度、チェックしてみましょう。

➀最近、雨漏りしていたような感じがする。

④建ててから今までに、

⑤漆喰が剝がれている。

⑨雨どい、  

こんな感じでしょうか?

点検はいつ頃? 

新築ですと、10年間はハウスメーカーや施工店の点検がある場合があります。

我が家は新築で某住宅メーカから購入しましたが、一度はがきが届き、点検を・・・と来ましたが、その時はやりませんでした。なぜかと思いますよね?
その際に屋根の点検もしてもらえると思います。

築10年以上たっている屋根に関しては5年を目安に屋根の点検を受けることをお勧めします。知識を持った専門業者に屋根に上がってもらい防水性能や屋根材の状況、防水材のチェックをしてもらうことで問題を未然に防ぐことができると思います

まとめ

屋根は一番大切な場所です。

気にしてよく見ないと、なかなかヒビ、割れ等を見つけることはできないかと思います。

もし、見つけた場合は、できるだけ早急に業者さんに修理等の依頼をしましょう。

早めに修理が出来れば、修理費用も多額にはなりません。しかし、ヒビ、割れ等をそのままにしておくと被害が広がり、修理費用の掛かってしまいます。

日頃から気を付けてチェックしていくと良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です