ページTOPへ

冬に向けての節電方法は? 電気カーペット編

前回はコタツでの節電でしたが、今回は電気カーペットについて書きたいと思います。

我が家では、子どもが小さい時にファンヒーターやストーブだと触ってしまって火傷をしたら・・・と思い、一時期使っていました。足元は暖かいのですが、部屋全体は暖まらないので微妙な感じではあります。しかし、ホットカーペットは直接、暖かい部分が身体に触れているので、部屋がそんなに暖かくなくても体感的には結構、大丈夫かと思います

ホットカーペットとファンヒータやエアコンなどの暖房器具をプラスすることで、電気代を上手く節約することもできるかと思います。

< 電気カーペット >

●必要な面のみ使用

色々なサイズがあるので、家族構成等を考えて購入すると良い。全面・1/2面・1/3面と暖める面積が切替可能なものもあり、人がいない所ではこまめに消すと節電になる。

暖める面積が大きい程、消費電力も大きくなる。使っていないコンセントは抜く。また、こまめに切る。

●断熱シートの使用

断熱シートの上にカーペットを敷くと、熱が床へ逃げにくくなる。(電気カーペット専用の断熱シートもあり)

設定温度も低めに設定でき、電気代を節約できる。

●コタツと併用

電気カーペット上にコタツを乗せて使う事で、暖かい空気を逃しません。そして、効率よく暖める事もできる。

●エアコンと併用

それは節電じゃないような~と思いますが、エアコンを使って部屋を暖かくすることで、カーペットの設定温度が低めでも問題ない。

部屋が暖まったらエアコンを消し、カーペットは低めの設定温度のままでも大丈夫になる。その結果、節電になります。

電気カーペット購入のポイントは?

これから購入するようでしたら、省エネタイプのものが良いのはもちろんですが・・・。

➀家族に合ったサイズのものを選ぶと良い。

②収納がしやすい。季節的なものなのでコンパクトになるものが良い。

③使う面のみ使用が出来るように、きちんと切り替えが出来るタイプが良い。

④切り忘れ機能付きがあると良い。エアコンやファンヒーターなど違い、音が無いのでつい切り忘れる事も💦 連続使用可能時間が来ると、自動的に切れるというもの。

⑤室温に合わせて切り替わる機能があると良い。(温度センサーで室温を感知し、自動で省エネモードに切り替わるもの)

こんな感じでしょうか? 

まとめ

人がいるところだけを使うというだけでも、案外、節電になります。

上手く機能を使い、少しでも節電出来ると良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です