ページTOPへ

収納を作りませんか?

収納は多いと助かりますよね~

子どもが大きくなるにつれて、物も多くなってきます。

チェスト、棚などを購入し、設置することも可能ですが、大工さんなどにお願いし、作ってもらうのはいかがでしょうか? また、既製の収納を自分達で作るのはいかがですか?

壁に固定してしまうと、移動する事は出来ません。

備付で作ってもらう場合では、よく設置場所を考えてやらなければなりません。それにスペースの確保、デザインはどうする等、様々なことを決めなければなりません。

可動式の収納の場合では、上手く使い分けもでき、良いですよね~

大工さんに依頼した場合、部屋に合ったものが出来るので、既製のものとは違い、オリジナルに作ることが可能。スペースが合わないとかがないのは良い。

可動式収納とは?

動かすことが出来る収納の事で、間仕切りとしても使用する事が出来ます。

収納スペースやクローゼットとしてだけではなくて、部屋を仕切る可動間仕切りとしても使用できます。家族のライフスタイルに合わせ、部屋を変化させることが可能。

依頼する? 購入する?

オリジナルで作りたいなら地元にある大工さんや信頼できる大工さんに依頼するのが良い。「色はこれで」「サイズはこれで」「こんな感じで」と、色々と自分好みで出来るのが良い。

既製のものでも部屋に合うようでしたら、価格も抑えられるので良いですよね。通販サイトでも色々とサイズもあるので、一度見てみて下さい。良いのがあるかもw

可動式収納のメリット、デメリットは?

メリット

●家族が増えたり、ライフスタイルの変化に対応できる。

●移動が出来るので仕切りとしても使えるし、収納スペースも増える。

●既製品の場合、サイズにもよるが値段が安く抑えられる。

デメリット

●自分達で作る場合、大きいサイズだと作るのに場所と時間がかかる。

●大工さんに作ってもらうと、オリジナルになるので値段が高くなる。

リフォームとして使用するのはどう?

リフォームをして壁や収納を作ると、コストと時間がかかってしまいます。

リフォームはコストも掛かるし、そこまではしたくないけど・・・、でも、どうにかしたいという方には、可動式収納は便利⁉かと思います。

自分達で組み立てて作るタイプでは、工事費や設計費等はかからないので良いです。コストもあまりかからないで設置可能。

まとめ

ちょっと可動式収納は気になります。

我が家も子ども部屋が二つしかないのに、子どもが三人いるので、どうしようと悩んでいます。

現在はカーテンで仕切っていますが、この可動式収納でしたら収納も出来るし、間仕切りにもなる。これは良いですよね。

皆さんも、収納を・・・と考えているようでしたら、可動式収納も視野に入れてみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページを見た方はこちらのページも見ています。