ページTOPへ

【解説】エコキュートの故障原因!修理費用はどのくらい?

 

高価なエコキュートをお使いになっていても、当然いつかは壊れます。その時交換、修理どちらの方が良いのかわかるよう耐用年数の目安や故障の症状などを紹介していきます。

 

エコキュートの寿命

 

エコキュートの本体は「ヒートポンプユニット」「貯水タンク」のふたつに分かれています。

ヒートポンプユニットは電子回路に故障が出ることが多く、寿命はだいたい5~15年とされています。
そして貯水タンクの寿命は10~15年とされています。

当然、メーカーやグレード、使い方などによって誤差はあります。基本的にエコキュートの寿命は10年程度と思っておきましょう。しっかりとメンテナンスを行い、正しい使い方をしていればそれ以上長持ちさせることも十分可能です。

 

よくあるエコキュートのトラブル

お湯が出ない

 

凍結している

基本的にエコキュートは外に設置します。冬場などの寒い時期には配管が凍結してしまいお湯が出なくなってしまうことがあります。これは故障ではないので気温が上がると凍結がなくなりお湯が出るようになります。

お風呂の栓を閉じていない

これも故障によることではありません。エコキュートは、お湯を貯めようとしているのに水位が上がらないと自動でお湯はりをストップする機能があります。突然お湯はりを停止していたらお風呂の栓を閉じ忘れていないかを確認してみましょう。

断水している

断水している場合はエコキュートが使用できない場合があります。水が出るのか確認してみて出なければ断水の可能性が高いです。

故障の可能性

お湯が出なくて上記の確認をしても問題なければ故障の可能性が高いです。施工した業者やメーカーの者などに問い合わせしてみましょう。

 

水漏れ

配管からの水漏れ

配管から水漏れしている場合は注意が必要です。配管に穴、傷などがみられた場合はすぐに業者に連絡し修理してもらいましょう。このような時は、まず水栓を閉じ水漏れを止めましょう。

ヒートポンプユニットからの水漏れ

低温になると外気との温度差により結露が起こります。ヒートポンプユニットの下部から結露水が排水され水漏れのように見えます。これは、故障ではない可能性が高いです。

貯水タンクからの水漏れ

貯水タンクが満水以上になった場合水漏れのような現象が起こってしまいます。タンク内のお湯の温度の上昇により容量が膨張した時に起こります。この場合も故障ではない可能性が高いです。

見えていないところでの水漏れ

お風呂やキッチンなどに繋がっている目の届かないところの配管から水漏れしている可能性もあります。この場合はとても気づきにくいです。普段通りのお湯の使い方をしているのに水道料金が跳ね上がったりしてしまったら一度点検してもらうといいでしょう。

 

エラーコードが表示される

リモコンにエラーコードが表示されていたら、まず説明書やメーカーのホームページで確認してみましょう。エラーコードの内容は、メーカーによって異なります。説明書の通りに操作しても解決しない場合は、修理か交換する必要がある可能性が高いでしょう。

 

エコキュートの寿命を延ばすコツ

環境にあった機種選び

エコキュートを購入する際はご自宅の環境にあった機種を選ぶことが重要です。気候や環境の影響を受けることが多いため、海沿いの地域では塩害に強い機種を、寒冷地では寒冷地用の機種を選ぶようにしましょう。

 

吸込口の周辺に物を置かない

ヒートポンプユニットの側面と背面には吸込口が、正面には吹出口があります。周辺に物を置いてしまうとこれらの口が塞がれてしまい正常に稼働できなくなってしまうので注意しましょう。故障の原因に繋がります。エコキュートの周りには何も置かないようにしましょう。

 

手入れ・掃除をしよう

貯水タンクやヒートポンプは年に2、3回程度水抜きをするようにしましょう。このメンテナンスを怠ってしまうと、不純物がたまり故障の原因になります。長年汚れをためてしまうとご自身で綺麗にすることが難しく業者に頼まなくてはならなくなる可能性があるので定期的に手入れ・掃除を行うようにしましょう。

 

入浴剤の使用は適切に

追い焚き機能があるエコキュートは、入浴剤の使用に制限がある場合が多いです。必ずメーカーが推薦している入浴剤だけを使用するようにして下さい。

 

長期不在時は電源を切ろう

寒い時期以外で、長期不在の場合は無駄にお湯を沸かさないように電源を切ることをお勧めします。寒い時期は、凍結してしまう可能性があるため電源は切らない方が良いです。また、一月以上使う予定がない場合は、排水しておきましょう。

 

エコキュートを長持ちさせるためには、適した機種を選び、定期的にメンテナンスをしていくことが重要です。

 

 

修理費用相場

 

エコキュートの故障箇所、症状などにより修理費用は異なります。エコキュートのよくある修理に関して費用相場をご紹介します。

 

貯水タンクの修理

貯水タンクが故障してしまい、修理や交換が必要な場合は30万円程度と非常に高額な修理費用が必要になってくる可能性があります。この場合は、買い替えの方がおすすめです。

 

ヒートポンプユニットの修理

エコキュートの故障は、ヒートポンプユニットの故障がとても多いです。修理費用はどの部分かによりますが、一般的には10万円〜15万円程度かかってくると考えておきましょう。一つの部分を直してもまた別の部分が故障するというケースが多いため導入してから10年くらい経っているのであれば買い替えをお勧めします。

 

配管の修理

配管の場合は、一部やパッキンの修理でしたら1万円〜と比較的安価な修理が可能です。しかし、全体的に配管が劣化している場合はエコキュート自体が古い可能性もあるため買い替えをお勧めします。

 

まとめ

 

今回は、エコキュートの故障やよくあるトラブルのこと、そして修理費用などをご紹介してきました。買い替えが必要な場合もあれば修理で済む場合があるということご理解してもらえたと思います。エコキュートは、様々な部品で作られており、故障した箇所などにより修理費用も随分異なってきます。エコキュート自体がもう古く修理費用が高いのであれば新しいものに買い換えることを強くお勧めします。しかし、ご自身で考えることは難しいのでプロの業者などに相談してみてはいかがでしょうか。

弊社のお問い合わせはこちらから

 

無料相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です