ページTOPへ

屋根の塗装剥がれ【原因と解決策】


あなたは、屋根の塗装が剥がれてきたということがあったでしょうか?屋根塗装の剥がれの原因や、対処法などをご紹介します。

屋根塗装の剥がれの原因


塗装の剥がれという現象は、塗料がしっかりと密着しておらず、取れてしまうことです。この原因は、紫外線や、雨風などの天候などにより、耐用年数よりも早く剥がれてきてしまう場合もあります。
しかし塗装業者の失態により耐用年数よりも早く剥がれてきてしまう場合もあります。まずは、剥がれの原因を詳しくご紹介します。

施工不備

乾燥時間を十分に取らなかった


・塗料を塗った後の乾燥するのを待たずに塗装した。

・高温で塗面を熱して、強引に乾燥させた。

汚れの撤去を十分に行わなかった


・旧塗膜がしっかりと落としきれていなかった。

・水、油分、カビなどが残っていた。

下塗り作業に不備があった


・下塗り作業を行わなかった。

塗料の選択・扱い方に不備があった


・塗料が下地に適していなかった。

・下塗りの塗料と上塗りの塗料の相性が悪かった。

・塗料を薄めすぎた。

天候を気にせず施工した


・雨の中、施工した。

・気温が5度以下、湿度が85%以上の時にで施工した。

経年劣化

外壁にクラック、シーリングに隙間ができた


劣化し外壁にクラック、シーリングに隙間ができてしまうと、そこから塗膜内部へ雨水が入ってしまう。すると湿気がたまり塗膜が剥がれてしまう。

耐久年数の経過


塗料には耐久年数があります。その年数を過ぎると剥がれや浮きが出てきてしまう可能性があります。

塗装不可の素材への塗装

アルミ・鉄


アルミや鉄は、塗料が付着しにくいです。そのため塗装しても数年で剥がれてきてしまう可能性が高いです。

サイディングボードの直張り


サイディングボードを直張りしてあると、空気の通り道がないためサイディングボードと建物の間に湿気が溜まってしまい、塗膜が剥がれる原因になる。

建物内部に劣化


配管や水回りから漏水していると、湿気が塗装内部に溜まり塗膜が剥がれる原因になる。

凍害


サイディング内に侵入した水が凍ることにより、体積が大きくなり内側からサイディングボードが破損し塗膜が剥がれてしまいます。

 

以上が屋根塗膜の剥がれの主な原因になります。素人にはどの原因か見極めるのは難しいので業者の方にしっかりと見てもらうと良いでしょう。

 

施工不良で剥がれが起きた時


剥がれを防ぐ方法だけではなく、万が一剥がれが起きた時の対処法やトラブルの解決法も知っておきましょう。

そのままにしない


剥がれをそのまま放置しておくとどんどん進行してしまいます。

剥がれは、「見た目が悪くなるだけ」と考えてしまう人も多いようですが、剥がれにより雨水が入り込みやすくなり家を支える木部まで水が浸透し、雨漏りや建物内部の結露、耐久性の低下にも繋がってしまいます。

そうなってしまうと屋根の補修工事だけでは済まなくなってしまいます。少しでも剥がれが確認できたのであれば早めに補修することをお考えください。

保証の確認


剥がれは場合によって外壁塗装業者から保証の対象外と言われるケースがあるので注意が必要です。

自社保証について知ろう


自社保証は、最低限のモラル、配慮はあれど法律では決められていないので保証期間など、内容は業者が決めています。

何年間保証の対象なのか具体的な数字があれば安心はできますが「施工不備などはすぐ対応します」などの曖昧な内容のものもあります。
施工後すぐに剥がれが起きても「保証の対象外です」と言われてしまう可能性も十分に考えられるのです。

ひどいケースでは、明らかに業者の手抜き工事によるものでも対応してもらえないこともありますので、契約する前に保証内容をしっかりと確認することがとても重要です。

メーカー保証


塗料によりますが、メーカーが保証を行ってくれる場合があります。

ただしメーカー保証は通常、値段が高額な一部の塗料のみでしか利用できません。ほとんど自社保証がメインになるので注意しましょう。メーカー保証がついているのかも事前に確認しておくと良いでしょう。

施工不良による剥がれは2~3年


施工不良による剥がれは2~3年経った頃に起こるケースが多いです。
塗装直後は施工不良であっても塗料の力でなんとかくっついています。しかし2~3年後に剥がれた箇所を見ても素人には施工不良なのかはわからないでしょう。

塗装から数年後に塗膜が剥がれてしまった場合は施工した業者に相談することはもちろんですが、別の業者などにも相談してみることをお勧めします。

業者が補修に対応しない場合


悪徳業者などに施工を依頼してしまっていたりすると、2~3年後に剥がれが起きてもその会社はすでに施工エリア内から撤退していて連絡すら取れない状態になっている可能性もあります。
もし、業者と連絡が取れなくなってしまった場合や悪徳業者や手抜き業者に補修を断られてしまった場合は消費者センターや、紛争処理センターなどに相談してみましょう。

剥がれが起きた時は、該当箇所を写真に撮っておき、いつ施工して、いつ剥がれ出したのかなどの情報を記録しておき、業者の対応等も記録できるとなお良いでしょう。

なお、一度施工不良をしてしまった業者に再度やり直しを命じたとしても良い塗装をしてくれるとは限りません。いっそのこと返金等を依頼し、他の信用できる業者にやり直しを依頼するという方法も考えてみてください。

良い業者選び

補修は下地処理をしっかりと行う業者に依頼しよう


剥がれが起きている屋根を塗装する場合は、施工不良が起きた箇所全てに手を加える必要があります。
そのため多くの手間や作業が必要になります。しかし手抜き業者の施工不良箇所の補修をまた手抜き業者に依頼しても再びやり直さなくてはならなくなります。剥がれの補修といえど業者選びは慎重に行いましょう。

ネットで調べよう


業者の良し、悪しを見極めるポイントは契約前に調べられるものばかりです。

・許可、資格の有無

「塗装技能士」「建設業許可証」は長年の実績や経験がなければ取得できないため保有している業者であれば信頼度は高いです。

・ホームページの有無

ホームページがあるならば実績や代表者のプロフィールを見ることができ、それが判断材料の一つになります。

・保証や保険の内容

保証や保険は工事後にとても重要になってきます。内容をよく確認し、施工のアフターフォローがしっかりとしている業者を探しましょう。

まとめ


塗膜の剥がれは、意外と業者の施工不良で起こることが多いのです。大事なマイホームのことなので業者選びから慎重に考えて行ってください。信用できる業者であっても契約する前にその業者の実績や保証のことなどを詳しく知っておくことも重要です。是非とも失敗のない工事にしてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です