ページTOPへ

【徹底解説】屋根塗装のタイミングとおすすめ方法!


みなさんは自分の家の屋根を気にしたことはありますか?

日常生活では、あまり気にしたことはないでしょう。
しかし、見えないところに大きな落とし穴があるものです。

令和元年台風15号の時に関東周辺の人々は忘れられない経験をしたと思います。その時に隣の家の屋根が自分の家に飛んできたり、逆に自分の家の屋根が台風によって被害が出てしまった所も少なからずあったと思います。

「こんなことになるなら台風対策すればよかったな」と思いますよね。

もう二度とこんなことにはなりたくないと思う人に向けて屋根の塗装について紹介して行きます!

屋根塗装の最適な季節


屋根塗装は春夏秋冬いつでもおすすめというわけではありません。

気温が5度以下の時、湿度が85%の時は塗料の乾燥が不十分になってしまうのです。
塗装する時期によって仕上がりの早さも決まってしまうため、地域によって塗装しやすい時期が決まっているのです。


寒い地域(北日本など)では平均気温が5度以下になりやすいため、冬場の塗装は難しいといえます。
しかし、まったく塗装ができないというわけでなく塗料が乾燥しずらいということなので、時間を伸ばして最適な乾燥時間を見極めれば可能な場合もあります。

夏場なら安心ということでもなく、塗料が揮発しやすく乾燥時間が早まるため、こちらも塗料の調整と最適な乾燥時間の見極めが最も大切になります。

 

また、早朝の露や霜が降りる時期も、一度乾燥しないと塗装をする事ができません。

 

では、塗装をしやすい最も最適な時期は?


雨が少なく、気温もある程度高く、さらに乾燥に必要な日照時間が多く確保できる、4月5月あたりが最適だと言えます。

また、塗装中に雨が降ってしまうとすぐ中止しなくてはなりません。
塗装面が濡れた状態で塗り替えしても、塗料がうまく乗らず、乾燥しないというデメリットしか生まれません。

 

家の塗装する際には業者さんと期間はどれくらい掛るか、詳しく見積りを出してもらう事が最適でしょう。

 

業者さんと打ち合わせるべき内容はこちらをご覧ください。

リフォームトラブルは未然に防げ! 事前に打ち合わせるべき内容

 

 

屋根塗装の時期


屋根塗装をした方がいい場合、屋根自体にどんな症状が出ているのか確認する必要があります。
塗装しなくはいけない症状について解説します。

 

雨漏りがする


雨漏がある場合はほとんどの場合において塗装をおすすめします。
また、雨漏が原因で家が腐食する可能性があります。最悪の場合、屋根全体をリフォームする必要があります。

屋根(瓦、コロニアルなど)が割れている


屋根材自体に劣化が生じてひび割れを起こしている。その場合屋根材の交換も必要になる。(瓦が落ちてくる可能性あり)

屋根にコケ、カビ、落とせない汚れなど


屋根の防水機能が意味を成していない状態、塗料の効果を失っている状態

屋根に色のばらつきがあり、色あせが目立つ状態


屋根の防水機能や長期にわたる劣化により色のばらつき、色あせが目立つ場合。

金属部分の腐食が多く見られる


とたん屋根など防水機能や塗料の効果が切れているため金属の腐食が進行している状態

 

屋根塗装の耐用年数について


屋根塗装は塗り替えた方が良い時期が決まっており、選ぶ屋根材によって耐用年数が大きく異なっています。
その中で主な屋根材の種類をご紹介します。

 


・スレート系 (カラーベスト、コロニアル)耐年数7〜8年

・セメント系瓦:耐年数10〜15年

・粘土系瓦:耐年数20〜30年

・金属系(とたん屋根):耐年数5〜8年

・金属系(ガルバリウム銅板):耐年数20〜30年

 

粘土系瓦はとても高品質で、塗装する必要がなく色落ちもほとんどありません。

しかし、瓦自体に問題はないのですが、瓦を支える部分の補強が必要になるためメンテナス時期が示されます。

 

屋根塗装の費用

 

屋根塗装をする際に一番気になるであろう費用のお話です。

やはり、大事な家族を守るマイハウスなので、長持ちし、頑丈な塗装したいと思う人がほとんどだと思います。
しかし屋根材や家の塗装範囲で金額が大きく変わってしまうため、慎重に選ぶ必要がありますね。

屋根塗装と言っても屋根材や塗料の種類が多くあるため、正確な費用を表すことはとても難しいです。
但し、全ての金額がわからない訳ではなので、大雑把な金額を出すことは可能になります。

費用、価格を知っている人と知らない人では悪徳な業者に騙されてしまう可能性もあります。そんな悪徳業者に騙されないためにも、大体の相場を知っている事がとても大切になってきます。

 

一般的な2階建ての住宅の場合、屋根の塗装費用は40〜60万円が平均


(塗り面積が60〜80m2、約20坪、スレート屋根)

使用する塗料にもよりますが、スレート屋根のほとんどの場合は60万円以下で塗装が可能になります。
あくまで一般的な相場価格なので実際の費用は屋根の広さや劣化状況、使用する屋根材の種類によって金額が大きく変わります。

平均価格より安くなる事もあれば高くなることもあり得ます。


屋根塗装にかかる費用は、塗料代、工事代(人件費)、足場代、業者の利益で構成されていることを知っておきましょう。

 

業者の選び方


みなさんはどうやって業者を選ぼうと思っていますか?

安くすませたいって人も言えば、高くても良いから実績が多い業者が良いなど様々な理由があると思います。そんな時どう業者を極めれば良いか簡単にご紹介します。

 

業者の屋根塗装実績を見る


ホームページに記載されている実績をしっかりと見てみましょう。更新が止まっている業者や、実績を載せていない業者は今までどんな工事をしてきたかが分かりません。

できればそのような業者は避け、実績から信頼のおける業者を選びましょう。

お家に来てもらいわからないことは全て聞く


大体の屋根の種類を決め、サンプルを持ってきてもらい、どういうメリットがあるかどんなデメリットがあるかわからないことはひたすら聞きましょう。丁寧に受け答えしてくれる業者は優良業者ですね。

まるで当たり前なことに聞こえますがそのあまり前なことが大切なのです。

 

業者と打ち合わせるべき内容に関してはこちらをご覧ください。

リフォームトラブルは未然に防げ! 事前に打ち合わせるべき内容

 

同じ条件で色んな業者に見積もりを出してもらう


業者によって金額が違う事が多いです。スピーディーな仕事を売りにしてる業者もあれば、じっくり時間をかけ高級感に仕上げる業者もあります。様々な業者に見積りを出し、自分なりに比較をしてみましょう。

 

弊社へのお問い合わせはこちらから

無料相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページを見た方はこちらのページも見ています。