ページTOPへ

これが外壁塗装工事のすべて!【プロ解説】


皆さん、長年自分の家に住んでいてこんな体験をした事はありませんか?

 

長年、自分の家に住んでいるともちろんお家というのは古くなってきてガタがでてきたり、外壁にヒビ割れがでたりしてお家というのは長年住んでいると悪くなってきます。

ですが、どのくらいのタイミングで外壁工事を行っていいのかわからない方は結構いらっしゃるかとおもいます。外壁工事の場合、どのくらいの料金がかかるのか業者はどこに依頼するべきなのかと色んな不安が募ると思います。そんな外壁工事について説明していきたいと思います。


外装工事種類について

 

まず始めに、外装工事の種類について話していきたいと思います。

主に、外装工事には外壁全体の色を変える「塗装工事」、外壁そのものの素材を変える「張り替え・重ね張り工事」3種類があります。


塗装工事

既存の外壁の上に塗料を塗る工事のことを塗装工事といいます。
塗装工事を怠ってしまうと雨や紫外線の影響によって劣化してしまうのです。せっかく買った自分の家が劣化するのは絶対に避けたいですよね。
それを避けるためにも塗装工事は必ず行う必要があります。


張り替え工事

既存の外壁を全て撤去し、新しい外壁を張り付ける工事のことを張り替え工事といいます。
例えば、外壁に雨水が浸入し、脆くなってしまった場合や建物内に雨漏りが発生しまった場合には外壁自体を新しいものに交換する必要があります。
そのため、張り替え工事が行われます。その他にも、モルタル外壁というのもあり、モルタル外壁をタイル張りにするなど、変更も可能です。

モルタル外壁とは?

モルタル外壁とは、セメントと砂を混ぜた材料に水を練り込んで作られるもので、

・壁表面が熱くなりにくい
・コーキングの補修が不要である

などのメリットがありますが、一方で

・ひび割れしやすい
・防水性が弱い

などのデメリットが挙げられます。


風合いを替えたいという方にはかなりおすすめな工事方法です。


重ね張り替え工事

名前の通り、今ある外壁の上に新しい外壁を張り付ける工事のことを、重ね張り替えといいます。
先程、紹介した張り替え工事とは違い外壁を撤去せずに工事を行えるため張り替え工事より安く工事が出来ます。
しかし、外壁材が限られるというデメリットもあります。



塗装工事、張り替え工事、重ね張り替え工事はとても大事な工事な為、劣化してきたら必ず行いましょう。
また張り替え工事、重ね張り替え工事はどちらかを行えばいいので、安く済ませたい方には重ね張り替え工事がお勧めです。
しかし、雨漏りが進行している場合などは張り替え工事が必要になってしまいます。

この辺りはプロの業者さんと相談しつつ、最適な方法を探しましょう。


外装塗装工事について

 

次に、外装塗装の年数、メリット、デメリット、費用について説明していきたいと思います。

まず、塗装の時期につきましては1015年と言われています。
その期間に定期的に塗装する事により、建物を長持ちさせる事が出来ます。また、塗装にも種類がありますので紹介させて頂きます。

ウレタン

耐久は、約5~7年ぐらいです。
ウレタンは、シリコン塗料が主流となるまでよく使用されている塗料です。
売りとしましては、安価に施行でき、施行しやすいです。
しかし、耐久年数が低いため、今は雨どいなどの付属部に利用される事が多くなりました。

シリコン

耐久年数は、約7~10年ぐらいです。
シリコンは現在最もスタンダードな塗料としてよく外壁の塗装に使用されている塗料です。
値段に対しての耐用年数のバランスがよく、コストパフォーマンスが高い塗料です。
そこまで、塗料にこだわっていない方にはシリコン塗料がおすすめです。

フッ素

耐久年数は、15年以上とされています。
シリコン塗料をしのぐ高い耐久性を発揮する塗料です。
また汚れにくさにも優れているため、長持ちし、かつ長期間美しく保ちたいという方にはおすすめの塗料となっています。
とてもいい塗料なのですが、高額になってしまうのがデメリットとなっております。

無機

先程紹介した塗料の中でも最も高い耐候性を発揮するのが無機塗料です。
ガラス成分が主成分な為、耐久性は抜群であり全く問題ありません。
長期間メンテナンスをしなくて良いようにしたい、という方にはかなりおすすめです。

 

外装塗装料金について

 

外装塗装料金についてお話していきます。
もちろん、塗料の種類にも料金が変わってくるのですが一般の料金について今回は説明させて頂きます。


30坪ぐらいの家が一般的だといわれていますが、外装塗装だけでも60万~90万ぐらいかかります。
また、外装と屋根を一緒に塗装するとなると120万ぐらいが一般的にかかる費用となっております。


一般的な金額だといっても、業者によっては費用を出すための単価がそれぞれ違い、合計の金額も業者によっては異なってきますので、不正がなく適正な金額で見積書を出してくれる業者を見つけられるのがカギとなっております。


料金についてももちろん大事なのですが、業者選びもすごく大切です。
場合によっては、悪徳業者もいますので皆さん気を付けましょう。
悪徳業者の手口は、色々あるのですが主に大幅値下げをしてくるのが悪徳業者の特徴となっております。
もし、悪徳業者と契約してしまった場合通常の1.52倍の高い費用となってしまいますし、手抜き工事の可能性もありますのでお気をつけてください。

 

まとめ

 

今回、解説した外壁塗装については、自分のお家を守るのに最も大切な工事なので積極的に行いましょう。


外壁塗装は料金がかかってしまいますし、悪徳業者に騙されたら莫大な料金がかかってしまうと考え、外装塗装を怠る方はいらっしゃると思いますが自分のお家を守る為に外装塗装は大切です。
悪徳業者に騙されないように自分自身で調べるなど対策を取りましょう。

外壁塗料の流れを詳細に頭に入れておく必要はありませんが、塗料の種類については頭に入れておくべきです。
その理由は、塗料の種類について知っておかないと、料金についても問題が出てきますし、自分の家にその塗料があっているのかもわからないので種類については知っていた方が自分にとって得です。

また、種類についても知っておくべきなのですが外装塗装の流れもしっておくべきです。
なぜなら、少しでも流れを知っておけば、工事がしっかりと行われているのかを判断することができるからです。

塗装の流れを知っているおくことで、安心して自身の家を任せられ塗装工事が見守ることが出来ます。
また、それでも不安な方は、工事工程表を入手しておくのがおすすめです。それを行うといつ・どの工程の工事をするのかも把握出来ます。

これらの事をまとめて業者さんに依頼するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページを見た方はこちらのページも見ています。