ページTOPへ

「プロ解説!」トイレリフォームする際に知っておきたいこと

「トイレをリフォームしたい!」という時やはり気になるのは「どのくらいの費用がかかるの?」「工事の期間はどのくらい?」ですよね。今回は、トイレをリフォームする時に知っておきたいことについて詳しく紹介していきます。

トイレのリフォーム価格相場

トイレのリフォーム価格は、20万円で収まってしまう非常に低コストのものから100万円を超えるものまで幅広くあります。それぞれの価格帯でどのようなリフォームができるのかご紹介していきます。

10万円未満のリフォーム

便座のみの交換、手すりを設置など部分的なリフォーム、つまり小規模工事ですと10万円以内での工事が可能になってきます。

ウォシュレットを設置する場合は、10万円前後、リモコン付きのタイプですと2万円〜3万円程度高くなります。

トイレ室内にコンセント工事をしなくてはならない場合は、約1〜3万円程度の費用がかかります。

10〜20万円のリフォーム

トイレの本体の交換や壁、床などの内装込みのリフォームでも使用機器や工事の規模によっては20万円以内で実施できる場合もございます。

手洗い器を増設するのも機器によっては10万〜20万円で施工できます。

20〜50万円のリフォーム

トイレ全体をリフォームする工事の平均価格は20万円〜50万円となっています。

スタンダードタイプの商品で、和式から洋式へ交換する場合は30万円以下、洋式から洋式へ交換する場合は40万円以下で実施できた例が多いです。

50万円以上のリフォーム

トイレ自体の位置を移動したり、増床工事を行う場合や変更箇所が多い場合は50万円を超える場合が出てきます。中には、こだわった内装にし50万円を超える工事もあります。

 

トイレのリフォームの価格相場をご紹介しました。がやはり選んだ部材や状況により記載してある価格より安くなる場合や高くなる場合がありますので信頼できるプロの業者に相談し見積もりを出してもらいましょう。

トイレのリフォーム工事期間

トイレのリフォームをするにあたってやはり工事期間が気になりますよね?

工事期間の目安をご紹介いたします。

便座交換やウォシュレット設置

1〜2時間程度です。しかしコンセントがない場合には電気工事が必要になり1〜2時間追加されます。

手すりの設置

1時間〜半日程度です。

トイレ交換(洋式から洋式)

半日〜1日程度です。

トイレ交換(和式から洋式)

2日〜3日程度です。

トイレ交換と内装リフォーム

1日〜2日程度です。

内装リフォームのみ

1日〜2日程度です。

手洗い器の設置

1日〜3日程度です。

トイレの移動・新設

3日〜6日程度です。

 

だいたいこのくらいです。トイレをリフォームしている時はトイレが使えない場合がほぼなので知っておきましょう。

トイレの種類

トイレにはタンク式やタンクレス、一体型などいくつかの種類があります。トイレの種類別にメリット・デメリットをご紹介していきます。

タンク式トイレ

タンク式トイレは、未だに多くの住宅で使用されています。このトイレは断水時や停電時にも使用できます地震が多い日本には最も向いているトイレと言えるかもしれません。

タンクレストイレ

タンクレストイレは、その名の通りにタンクがありません。

タンクがないので狭い室内にも設置可能や見た目がスッキリします。

しかし、手洗い場が他に必要になってしまいます。

一体型トイレ

一体型トイレは、便器・便座・タンク全てが一体型になっています。

他のトイレに比べてとても一体感のあるデザインが特徴です。

しかし、便座本体が故障してしまうとトイレ丸ごと交換しなくてはいけません...

そのため、費用が高額になってしまう可能性が高いです。

システムトイレ

システムトイレは、収納が一体となっています。

トイレ用品を収納しておくことができます。

しかし、システムトイレを設置するには広いスペースを必要とします。そしてシステムトイレは費用が高額になります。

リフォーム期間はトイレはどうするか

「リフォーム中はトイレはどうするの?」これは気になりますよね。ご近所にコンビニなどがあればそこを利用される方が多いでしょう。また業者が仮設トイレを設置してくれることもありますが、レンタル費用が別途かかる場合があります。

ご家庭により対処法が異なってきますので工事前に業者に相談してみましょう。

ショールームを見に行ってみよう!

トイレのリフォームをご検討されている方は是非一度ショールームへ行くことをお勧めいたします。トイレのリフォームを満足する工事にしたいのであれば、各メーカー機器の使い勝手などを実際に見て触れて感じてみましょう。

そうした方がより良いリフォームとなることでしょう!

トイレのリフォームで補助金・減税制度は使えるのか?

介護の目的でトイレをリフォームする際は、介護保険が適用されるケースが多いです。

対象の工事は、

・手すりの設置

・和式から洋式へ

・出入口の段差解消

・開き戸から引き戸へ

などです。

また、省エネやバリアフリー目的の工事ならば介護保険の他に、リフォーム補助金リフォーム減税制度を活用することもできるでしょう。

補助金や減税制度のことも業に相談してみると良いでしょう。

業者によりますが、補助金申請などもサポートしてくれることもあります。

良い業者選び

全ての工事に共通して大事なのが業者選びです!

しかし、結構気にしないで工事を頼んでしまう方がとても多いのです。

業者によって設置費用なども多少変動しますし、業者の中には悪徳業者も混ざっているのです。せっかく高いお金をかけるのですから良い工事をしたいですよね?

現在では、HPなどでその業者の施工事例や口コミなどが記載されているところが多いです。スマホ一つで調べて参考にできるのです。

あとは、一つの業者ではなくいくつかの業者に相見積もりしてみることもお勧めいたします。

まとめ

今回は、トイレのリフォームについてご紹介してきました。

リフォームするにも気をつけなければならない点がありましたね。いくら安価だからと言って工事を頼むと質の悪い施工をされてしまうケースもあるので注意してください。

早めの計画を立ててプロにしっかりと相談をし、是非とも良い工事にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページを見た方はこちらのページも見ています。