ページTOPへ

「プロ解説!」あなたは知っている?オール電化について

今回は、オール電化について説明していきたいと思います。

皆さんご存じかとは思いますがオール電化は全て電気で出来ているものであり、2000年代からではオール電化住宅というのも流行っており、なので最近ではガスよりもオール電化の方が使っている方が多いです。

そんな、オール電化、オール電化住宅について詳しくお話していきたいと思っています。

 

オール電化住宅とは

 

まず始めに、オール電化住宅とはもちろん文字の通りなのですが家庭の全てのエネルギー源を全て電気でまかなう住宅であり、主に使われているものとしては調理給湯空調などが全て電気でまかなわれています。

その為、前までガスを使用していた住宅はオール電化の為ガスを使用する事がなくなってきます。

また、オール電化整備やオール電化住宅にする事により屋内で高温の燃焼ガスを発生させないことや、火を使わない事から安全だと考えられている為販売が促進されています。

 

オール電化、電化製品について

 

次に、オール電化に使用されている電化製品にはどのような商品があるのかまたどういった特徴があるのかについて説明していきます。

まず始めに、電化製品には主に

①IHクッキングヒーター
②給湯器
③エアコン・床暖房

などがあります。こちらの商品の詳細について説明していきたいと思います。

まず始めに、IHクッキングヒーターについて説明していきます。

オール電化ではガスコンロを使わず主に、IHクッキングヒーターを使用する事になっており内部に配置されているコイルに流れる電流により、電気を使って金属製の調理器具を発熱させることができまた、電化製品の為火を使わずにすむため安心かつ安全に使用する事ができお手入れも簡単ということもありまして小さなお子さんのいる家庭高齢者世帯にはとても人気の商品となっております。

次に、給湯器について説明していきたいと思います。

オール電化では、ガスの湯沸かしに代わりエコキュートや電気温水器を使用することになっております。最初は、熱源にヒーターを使用する電気温水器が主流でしたが現在では熱源にヒートポンプを使うエコキュートの方が熱効率がよいため、オール電化の給湯器といえばエコキュートとなってきています。もちろんどちらともガスを使わず電気でお湯を作る点では全く変わりません。皆さん、エコキュートとお呼びの方がけっこういらっしゃいますが正式名所としては自然冷媒ヒート給湯器という名称となっております。

最後に、エアコン・床暖房について説明していきたいと思います。

こちらも、オール電化にする事により石油やガスを使うストーブに代わって使用するものが電気ストーブ、床暖房、エアコン、蓄熱式電気暖房機を使用する事になっております。オール電化の住宅では基本的にはガス管を引きませんので、ガスファンヒーターなどは使用できなくなっております。現在では、ランニングコストの安いヒートポンプ式温水床暖房がありますので今ではすごく人気の商品となっております。

オール電化を選ぶべきか?

一般的に、オール電化にする事により光熱費が安くなると思いがちですがそんな事はありません。

オール電化住宅には、オール電化用の電気料金プランがありますが夜の電気料金がお安いのは有名な事ですがその分、昼間の電気料金は少し割高となっているのです。その為、日中いつも家に人がいる場合は割り高で電気を使う事になりますのでプラスマイナスがあまり変わらない可能性が出てくるのです。

また、オール電化にしようと考えている方は必ず覚えていてほしいのですがオール電化の場合は初期費用が高額となっているので気をつけましょう。

一方、エコキュートの方がランニングコストが安いのは事実ですがまた、エコキュートやIHやクッキングヒーターはガス機器に比べて高額でもあり、2倍ほど価格差が出てきます。その為、トータルコストは機器を何年使用するかに異なってきますのでどちらか際立ってお得ということには一概には言えないのです。

オール電化はエコなのか

オール電化は、クリーンなイメージをお持ちの方は沢山いらっしゃると思いますがですがCO2の排出の多い火力発電の依存が高まっている現状を考えれば、必ずしも電気を沢山使うオール電化がエコとは言いづらいと思います。

また、電気が高級なエネルギーと言われている理由が「熱→電気→熱」という贅沢な工程を通っているからです。

例えば、パソコンは電気でなければ動かないですが、ガスは熱をそのまま熱として使用するので電気を料理やヒーターに使うことはエコ度は低いということもできます。

ここで、重要なことをいうとIHクッキングヒーターを使う事により、子供がいる家庭ならば火を使う事がない為安心と思う方もいらっしゃれば教育上、火を使わない生活ってどうだろうと思う方も中にはいらっしゃると思います。

また、教育上以外にも火を使った「あぶり」がお好きな方もいらっしゃいますし、土鍋でご飯を炊きたいという方は絶対にいると思います。そのような方々は、火が重要となってきます。

 

まとめ

最近では、オール電化を使っている住宅が増えてきていますがもちろんオール電化にする事は良いことだとは思いますがそれにはメリットだけではなくデメリットもつきものなのをお忘れにならないでください。

なので、もしオール電化導入を考えている人がいましたら家族と相談するのも必要ですがその際は、一度オール電化の施行販売業者に依頼してみたり一括見積サイトを利用して頂き複数のオール電化の施行販売業者さんからお見積りを出してもらうのが大切となってきます。

そのオール電化のメリットをうまく活かしていき、かつデメリットを上手に避けていきながら生活していくようにしましょう。

また、電気代を無駄なく節約するために、生活スタイルの変化と共に定期的に電力会社のプランを見直していくのが重要となってきます。

また、すでにオール電化をご利用の方にもポイントがあり最初にも説明したとおりお湯を作る深夜の時間帯の電気料金が安いという特徴がありますがタイマーを利用して深夜の時間帯に集中的に電化製品を使う事でオール電化向けのプランをフル活動することがオール電化生活のポイントとなってきますので皆さん必ず覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページを見た方はこちらのページも見ています。