ページTOPへ

「専門家が解説!」リノベーションとは?リフォームとの違いについて

みなさんは「リノベーション」という言葉を知っていますか?

今じゃテレビや雑誌のメディアでリノベーションという言葉が見かける事が多くなってきました。言葉は知っていてもリノベーションに対するイメージは人様々です。

「リノベーションとリフォーム何が違うの」って思うはずです。

どちらも古くなった住まいに手を加えることを指しますが、この二つにはどんな違いが存在するのでしょうか。

今回は、「リノベーションとリフォームの違い」を初め、リノベーションを検討する上で知っておきたい基礎知識をご紹介します。

 

リノベーションとリフォームは明確な定義がない。

実は、リノベーションとリフォームとともに国で定められた明確な定義ではありません。

メディアや、リフォーム会社、リノベーション会社がそれぞれの解釈で使い分けているだけなのが現状です。どちらの言葉も間違いではないのですが、住まいに手を加える時の意図や目的で使い分けられています。

リフォームは「元に戻す」

原状回復のための修繕、営繕、不具合箇所の部分的な対処のことを「リフォーム」と一般的に言います。

リフォームは、時間を経て汚れて古びた内装を新築の状態に近づけるための改修です。例えば、剥がれた壁紙を貼り替える、古くなったキッチンを新しいものに取り換える、等が挙げられます部分的・表層的な改修工事で、古くなった住まいを新築当時の状態に原状回復するためにおこなわれます。

リノベーションは「作り変える」

機能、価値の再生のための改修、その家で暮らし全体に対処した包括的な改修のことを「リノベーション」と一般的に言います。

間取りから内装・配管などすべてを一からから考え直し、これから住む人たちの暮らしに合わせてつくり替えることで機能を刷新し、新しい価値を生み出す改修「リノベーション」と言います。

例えば、仕切り壁を取り払い光と風が通る広々としたリビングをつくる、ファミリー用のお部屋をひとり暮らしに適した間取りや機能に刷新する、等が挙げられます。マンションの間取りは、ファミリーを想定した画一的な間取りになっているケースがほとんどになってきます。

また、個室が細かく区切られ、これから住む人のライフスタイルに合わない部分が多くあります。住む人によって「心地いい間取りやデザイン」は異なります。住む人の暮らしにあわせて刷新するのがリノベーションです。

例えば、築30年の中古マンションの一室をリノベーションする場合。ファミリー向けの3LDKの間取りをひとり暮らしに適した1LDKにし、IoT照明を取り付け、天井にスピーカーを埋め込む、など自由で大幅な改修も行われます。

既存の内装をどのように改修するかではなく、住む人の暮らしやすさに合わせて間取りや機能を刷新し、価値を向上するのがリノベーションです。中古マンションの室内をすべて解体してリノベーションする場合、配線や配管のインフラ部分を刷新できることも住宅の価値向上に寄与しています。おしゃれな見た目の裏にある大切な要素です。

 

※内装を一度すべて解体した状態を「スケルトン」「フルスケルトン」といいます。

スケルトンにしてからリノベーションを行うことは「フルリノベーション」「スケルトンリノベーション」と呼ばれることもあります。

時代と共に、家族構成もライフスタイルも変化しています。

中古住宅は、その建物が新築された当時の暮らしに最適化された間取りや内装になっています。それをどう変更するかという発想で考えるのではなく、現在の暮らし、住む人のライフスタイルに合わせる家づくりをするのがリノベーションです。

 

リノベーションとリフォームのメリットデメリット

 

リフォームのメリット

工事費用を安く抑えられる

工事範囲が部分的・表面的なので、工事費用は比較的に安価に抑えられます。

工事期間が短い

工事範囲が限定されているので、短期間での工事で終える事ができます。

期間は一般的に半日から一ヶ月程度。物件購入後にリフォーム工事する場合は、工事期間が短いため新居に早く引っ越しする事ができます。

賃貸住宅に住んでいる場合は工事期間中に物の住まいの家賃と購入した物件のローン返済が並行して発生するのでその期間を短くする事ができるのです。

完成後の住まいをイメージしやすい

新築の時の状態に戻すことを主な目的とし、大幅な間取り変更や機能変更を行わないため、基本的に購入した築浅物件の姿が大き変わることはありません。

 

リフォームのデメリット

自由な間取りができない

表上は内装の修繕工事や設備機能の取り付け工事がメインになるため、住人にとっての快適な導線設計や採光・採風などの機能改善は行われません。

住宅の強度・劣化などの状態確認は行う事がきない

一部分のみの改修になるため、住まい全体の強度や配管・柱など住宅内部劣化状態をチェックする事が出来ない為注意が必要になる。

 

リノベーションのメリット

自由に設計ができる

内装デザインや設計機器交換、水廻りの位置を変更したり、間取りを変更したり、自分好みで作る事が出来ます。「生活スタイルに合わせて住まいを変える事ができる」のがリノベーションです。

資産性が高い

日本ではマンションの資産価値は築年数の経過とともに下がっていきます。

約20年で建物の価値が下がり、土地の価値に近づいていきます。築20年を超えたところで、中古マンションの資産価値にほぼ横ばいなってきます。

物件の選択肢が増える

希望するエリアで、希望通りの物件を探すのは意外と難しいのです。特に、駅近や人気エリアなどの好立地に新しい物件が建つことは稀になります。

そのため、流通している新築や築浅の物件は少なく、あったとしても高額になってきます。

築古物件は利便性が良い人気エリアでも物件数が多く選択肢が多くあります。

 

リノベーションのデメリット

工事費用が高くなりがち

フルリノベーションの場合、建物を支える柱・内張・間取りや内装を一から作り替えるため、工事は広範囲に渡るので、費用は高額になってきます。物件購入費用と工事費用のバランスを取りながら総額の検討する必要があります。

工事期間が長い

解体工事も含めて工事はほとんどが大規模・広範囲になるため、約2〜3ヶ月かかります。

物件購入してから引渡までの間に、現場調査・設計・工事・点検等が行われます。

そのため、入居までに時間がかかります。

解体した時の想定外のこともある

解体して構造躯体に戻した状態から工事をはじめるリノベーション。

購入時には気づかなかった問題点が、解体したことで発覚することがあります。例えば、表面から見ると状態が良く見えたのに、解体したら柱や配管が劣化していたことが発覚…ということがあります。他にも、当初予定していた水回りの配置変更が、解体後の構造状況によって難しくなる…ということが起きることも。

プラン変更や追加の補修費用など、想定外に対する備えが必要です。

間取りの変更ができない物件もあるので注意

構造形式によって一部間取り変更ができない建物があります。マンションの構造には、建物を構造壁で支える「壁式構造」と、建物を柱で支える「ラーメン構造」があり、「壁式構造」では室内の壁を取り払う間取り変更できない場合があるので注意が必要です。

まとめ

このようにリフォームとリノベーションでは、メリット・デメリットが多く存在します。

これら記事を参考してリフォームかリノベーションにするかじっくり考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページを見た方はこちらのページも見ています。