ページTOPへ

「プロ解説!」キッチンのリフォームするときに知っておこう!

キッチンや台所のリフォームを考えている方達は沢山いらっしゃると思います。

ですが、一戸建てでもマンションでもキッチンのリフォームには、費用はどのくらいかかってしまうのかまた、工事期間・日数はどのくらいなのかそんな不安があるかと思います。

それ以外にも、築何年くらいしたらリフォームをしているお家が多いのかそんな疑問があると思いますので説明していきたいと思います。

料金について

だいたいのお家庭ではキッチンリフォームを行うとなると平均費用が50~150万と言われており稀によっては、150万以上のリフォームをされる方もいると思います。

なので、今からその料金内でできる工事についてお話していきます。

50万円未満でできるリフォームとしては基本的に部分的工事となっており、コンロ・レンジフード(換気扇)・食洗器などの交換・設置といった内容であれば30万以内で収まるケースがほとんどであり、またワンルームの部屋にあるようなコンパクトなミニキッチンであれば50万円未満で工事することが出来ます。

また、キッチンリフォームで最も多いとされているのがキッチン全体を交換する工事であり、料金としては50万~150万程と言われています。

次に、150万以上のキッチンリフォームについて紹介していきたいと思います。

なぜ、150万以上の料金がかかってしまうのかそれはキッチンの位置移動などで大規模な配管工事(水道・ガス・電気)が必要になってくると150万以上の料金がかかってしまい特に、キッチンを一階から2階に移動するとなると200万~250万程かかると言われています。

最終的にかかるコストは、必ずリフォーム会社に確認することが大切となってきます。

素材などについて

ワークトップの素材:まな板やボウルを置くなど、作業台となる天板部分をワークトップと呼び、種類としては人工大理石ステンレスタイル樹脂板などがあります。

値段としては、天然石が最も高価で樹脂が一番安価です。

シンクの素材:人工大理石カラーステンレスステンレスが主流となってきています。ステンレスが最も金額を安くできる傾向があります。

それ以外にも水栓・浄水器のグレードの違いがあります。水栓金具は、一般的なものよりもシャワータイプのほうが高くなってしまいます。

また、レンジフードの種類の違いなどがあり排気ファンとその上にかぶせるフードで構成されているのです。排気ファンは、プロペラファンが最も安価ですが、最近レンジフードの主流になっているのがシロッコファンでありプロペラファンよりは価格が少し高くなっています。

また、一戸建てかマンションによって合うファンの種類が異なってきます。

キッチンの形状について

まず、最初に紹介するのがI型キッチンです。

このI型キッチンは、最もスタンダードな形状でありリフォームの費用的にもリーズナブルなお値段です。ですが、大きなキッチンの場合は使いにくくなってしまう為最大でも270cmにしましょう。

次に、L型キッチンですがL型キッチンは先程紹介したI型よりも大きい為少し大きいスペースが必要となってきます。

その為、設置スペースを多めにとるため食器棚のスペースはあらかじめ考えておく事が必要であり、またコーナー部分はデットスペースにもなりやすい為上手に利用しなければなりません。

最後に、対面型キッチンについてですがこのキッチンは家族とのコミュニケーションがものすごくとりやすいことで、最近ではものすごく人気の高い形状のキッチンとなっております。

一方で、もし他の形状のキッチンから対面型にリフォームする場合については位置の変更が伴う為リフォームのお値段が高くなりがちです。

また、調理スペースが窮屈になりがちですので、多少たりともゆとりを持って配置する必要があるのです。その影響でダイニング部分が少し狭くなってしまいますのでそこは覚えておく必要があります。

失敗しやすいポイント

皆さん、キッチンリフォームをした後に失敗に気が付くことがあるかと思います。不備というよりも使い始めてから想像と違ったと思うケースがあるかと思います。

そのよくある失敗について紹介していきたいと思います。

1つの問題としてリフォームしたのに利用しなかったという失敗例が多々あります。特に多いとされているのが「食洗器」「床下収納」であり便利に思えて取り付ける方が多いのですがご家族の人数が少なかったりすると、食器も手洗いで済ませてしまうのであまり使わなくなってしまうのです。

その為、本当に利用する場合のみ取り付けるようにしましょう。

次の課題としては、リフォーム後のキッチンの見え方です。

例えば、出来上がったのにキッチンを移動させるリフォームの場合は見え方が今までとは異なってきます。特に、対面型のキッチンにした時に起こりやすいので注意が必要となってきます。

最後に、キッチンのレイアウト上の問題としては配置やレイアウト上の問題も、リフォーム後にキッチンにたって気づく場合もございます。

例えば、ゴミ箱を置くスペースを確保していなかったり、冷蔵庫を置きにくかったりという配置の問題もでてきます。

その為、既存のキッチンで利用している食器棚や家具類をリフォーム後にどこにどのように配置するのかを考えたうえでレイアウトを考えるようにした方がいいです。

まとめ

いかがだったでしょうか?キッチンのリフォームにも色々な種類があるのに驚く方がいらっしゃると思います。

また、色々な種類ある中で価格差もありますのでそこは気をつけていきましょう。コストを抑えるには、もちろん工事規模によって大きく変動してくるのですが収納扉などの部材の選び方で、料金をある程度ではありますが抑える事が出来ます。

また、キッチンリフォームの満足度の7割は自分に合ったリフォーム会社を選べるかで決まると言われています。まずは、自分自身でキッチンリフォームの要望を整理して、その後で自分にあったリフォーム会社を探すようにしましょう。

そうすることで、リフォーム会社に出会えれば色々相談にのってもらいリフォームを進めることが出来るようになってくるので信用できる会社を見つける事が大切となってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページを見た方はこちらのページも見ています。