ページTOPへ

「プロ解説!」あなたは、屋根のリフォームについて知っている?

今回は、屋根のリフォームについて説明していきます。

皆さんも知っての通り屋根というのは自分の家を守るのに、とても大切なものであり台風や大雨、紫外線から守ってくれるものです。

しかし、私たちは屋根というのはどのような状況になっているのか、どのようになっているかなど知らない事が沢山あり、また屋根を補修する時どのくらい費用が掛かってしまうのか不安になる方もいらっしゃると思いますのでその辺についても説明していきますので、参考までにしてください。

工事方法として

 

まず始めに、紹介するのが屋根全体をリフォームする際に代表的な工事方法として3つ程上がっていますので紹介していきたいと思います。

屋根塗装工事

屋根塗装工事というのは、屋根材傷みが少ない場合に屋根を洗浄しそして、屋根材にあった塗料を選び、塗装する工事であり屋根材にあった塗装工事には、塗料の種類がありそこで、費用が変わり費用の相場としては25万~40万円とされています。

屋根塗装工事には、メリット、デメリットがあります。

メリットとしては、塗料の主要成分の違いにより塗料費用が変わるため工事費用を抑える事が可能であり、また工期を短期間に工事を行う事が可能です。

デメリットとしては、費用だけで塗料を決定すると1回の工事費用は、もちろん安く抑える事が出来ますが、しかしながら塗り替えの頻度が増加してしまい結果としては、高くなってしまうのです。

また、それだけではなく屋根材の上に塗装を行う為、下地である屋根材の痛みがひどくなり大きな補修が必要な場合、塗装が不可能になる場合があります。

屋根重ね葺き(カバー工法)

屋根重ね葺き工事(カバー工法)というのは、今付けている屋根はその状態にしておき新しい屋根材を上から被せる工事の事であり葺き替え工事に比べて出費も抑える事が出来、更に比較的大規模な修繕を行う事が出来るのです。

ですが、採用出来る屋根材が限られておりスレート、金属屋根、アスファルトシングなどとなっております。こちらの費用相場としては、50万~120万円と言われています。

こちらにも、メリットとデメリットがありメリットとしては、屋根葺き替え工事と比べて既存の屋根を解体しない為解体費用および廃材処理費が不要となってきますのでその分、費用が抑える事が可能となってきます。

また、職人さんの方の費用も抑える事が出来、さらに屋根材が二重になっている為断熱性、遮音性も高まります。

デメリットとしては、屋根下に湿気が溜まることがないように換気口をつけ外気を取り込む事が必要となってきますので屋根リフォーム重ね葺き工事に加えて換気のための工事費用も掛かってきてしまうのです。

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事というのは、既存の屋根を取り外してそこから、新しい屋根を設置するという工事方法であり、屋根材の種類としましては、ストレート瓦ガルバリウム鋼板日本瓦があり費用としては70万~140万円程と先程紹介したものよりもお値段が高くなってきます。

メリットとしては、葺き替え工事を行う事によって屋根だけではなくその下にある防水シートも交換するので屋根材も長く保たれる他、軽く性能が優れた屋根材を選ぶ事によってもし、地震が発生したとしても倒壊の危険性を減少させる事が出来るのです。

デメリットとしては、先程にも説明しましたが屋根全体の工事としては一番費用が高く廃材処理費が発生してしまうのです。

屋根材ごとの特徴と費用について

 

次に、話すのが屋根リフォーム工事にて新しく使用する屋根材の種類について説明していきます。

ストレート瓦

ストレート瓦とは薄い板状の屋根材の事であり、種類としては天然ストレート石綿ストレート無石綿ストレートセメントストレートなどといったものがあります。

現在では、無石綿ストレートに切り替わっていますが昔は、石綿ストレートが多く使用されていたのです。

費用としては、ストレートの中では天然石を使用した天然ストレートが一番高価な屋根材となっております。

耐久年数としては、20年~25年程です。

メリットとしては、他の屋根材に比べても費用が安く更に、最大で24色以上から選択出来る為色合いがものすごく豊富であり、また、ストレート自体の重さが軽量な為耐久性も高くなっています。

デメリットとしては、着色が落ちやすい為10年1度は塗装が必要でありまた、厚みが薄い為割れやすく、耐久性が低いのがデメリットです。

ガルバリウム鋼鉄

ガルバリウム鋼鉄とはアルミニウム亜鉛シリコンからなっているアルミ亜鉛合金メッキ鋼板の事です。

耐久年数としては、50年以上です。

メリットは、亜鉛鉄板の耐久性とアルミニウムの長期耐久性を持ち合わせていますので熱反射率にとても優れています。

それに加え、加工しやすい為デザインが豊富であり重さとしても軽量であり、耐久性も優れています。

デメリットとしては、板自体が薄い為衝撃に弱いといった特徴があります。

また、普及率が低い為ガルバリウム鋼板に慣れた施工業者が多くはない為、もしガルバリウム鋼板にするならば工事経験の施工業者を選んでいくようにしましょう。

日本瓦

日本瓦は表面の処理方法によりガラス質の釉薬をかけて焼き上げた釉薬瓦、釉薬を使用しない無釉薬瓦、製造の最終段階でいぶし、炭素の皮膜を形成したいぶしのこの3種類があります。

耐久年数としては50年以上です。

メリットとしては、防水性に優れている為50年~100年以上の耐久性が保たれるのです。

また、高温で焼成する事によって強度が高くなり、和風の住宅によくあいます。

デメリットとしては、葺き替えを行う場合だと費用が高くなってしまい瓦を支えている漆喰の定期的の補修が必要となってきてしまいます。また、他の瓦と比べると重い為耐久性が低くなってしまいます。

まとめ

今回、屋根リフォームについて説明しましたがまず、やる事としてはリフォーム一択ではなく屋根全体をほしゅうするのかそれとも部分工事で大丈夫なのかを判断するようにしていきましょう。

そうするためにも、現場調査をしっかり行い、工事範囲をきちんと説明できる業者を選んでいく事が大切となってきますのでしっかり考えてから行うようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページを見た方はこちらのページも見ています。