ページTOPへ

「外壁にひび割れ?!」そんな時どうすれば良いのか専門家が解説!!

外壁にひび割れがあると見た目も悪くなりますし、またそこから雨水が入り込んできてしまうなどの悪影響があります。

小さなひび割れでも放置しておくのは危険です。

「外壁にひび割れが...」そんな時、どうすれば良いのか詳しくご紹介していきます。

外壁のひび割れの原因

「なぜひび割れが起きるの?」と疑問に思う方もいますよね。

まずは、外壁のひび割れの原因をご紹介します。

経年劣化

外壁は、お家の一番外側にあります。なので、紫外線や雨風の影響をとても受けやすいのです。

外壁は、一生ものではないので、そのままにしておくと日々劣化してきてしまいます。これは、仕方がないことです。

なので、定期的なメンテナンスが重要になってきます。

施工不良

施工した業者の施工不良によってひび割れが発生してしまうこともあります。

業者が、手抜き工事や、誤った方法で作業してしまった可能性もあるのです。

外装の塗り替え工事の目安は、基本的には10年程度と言われています。お家を建てて数年、または塗装工事をしてから数年でひび割れが発生してしまった場合は、業者の施工不良の可能性が高いです。

地震

地震により外壁にひび割れが発生してしまう事も少なくありません。

地震が起こった場合は、外壁にひび割れが発生していないか確認してみたほうが良いでしょう。

 

外壁のひび割れの種類

外壁のひび割れには、いくつかの種類があります。

ヘアークラック

ヘアークラックとは、塗膜に細く短い小さなひび割れのことです。

乾燥クラック

乾燥クラックとは、乾燥により表面上にできるひび割れのことです。

構造クラック

構造クラックとは、構造的なダメージ、外部の凍結・融解が繰り返された時に起こる、長く、幅も広いひび割れのことです。

縁切れクラック

縁切れクラックとは、塗り継により、後に塗られた所と前に塗った所の継ぎ目にできるひび割れのことです。

 

ひび割れは放置しないように!

「大したひび割れじゃないし大丈夫!」「小さいから気にならない!」などとお考えのあなた!

外壁に発生するひび割れは、小さなひび割れから始まることが多いのです。

放置していると、ひび割れが大きくなってしまい、お家自体に影響を及ぼしてしまうかもしれません。

ひび割れが大きくなってきてしまうと...

 

雨漏りが起こる

ひび割れを放置していると、そのひび割れから雨水が入り込み雨漏りしてしまう可能性があります。

そして、雨漏りしてしまうと、シロアリなどの害虫が発生してしまう可能性も高くなってしまいます。また、建物の構造にダメージを与えてしまいそこも修理が必要となると、膨大な修理費がかかってきてしまうので早めの処置を!

 

建物内部が腐食する

建物の内部が腐食してきてしまうと、建物自体の耐久性が落ちいてきてしまいます。

そうなってからでは遅いので注意しましょう。

 

外壁が剥がれる

外壁が剥がれてしまうと、見た目がさらに悪くなりますし、補修する範囲が大きくなってしまいます。

また、剥がれた周辺はまた剥がれやすいので早めの対処が必要です。

 

などのトラブルが起きてしまいます。

小さくても放置はしないでください!一度業者に見てもらいましょう。

 

ひび割れの発生しやすいところを知っておこう!

定期的にひび割れが発生していないか点検することが大切になってきますね。点検する際に、ひび割れしやすいところを知っておくと効率が良いでしょう。

ひび割れが発生しやすいところは...

・コーキング箇所
・窓付近
・建物のつなぎ目
・壁の中心

このようなところがひび割れしやすいポイントなので知っておくと良いでしょう。

DIYでひび割れ補修できるの?

幅0.3mm深さ0.5mm以下のひび割れであれば、自分で補修することも可能です。

しかし、それなりの知識がなければいけなく、なおかつしっかり補修できるかは難しいため不安な方は業者に依頼することをお勧めします。

コストは安くすみますが、手間がかかる上にしっかり補修できていないとまた補修しなくてはならなくなってしまいます。

何回もやり直すと時間・費用がさらにかかってきてしまいます。

補修工事を業者に依頼

しっかりとした補修を行いたければ、やはり業者に依頼することが一番です。

費用について

ひび割れの幅や深さ、下地の種類などにより費用は異なってきます。

ひび割れの部分補修であれば、約1.500円〜2,500円/㎡程度です。

また、補修箇所が高い場合は足場や高所作業車が必要となりその費用もプラスされます。

一般的な二階建ての住宅で全面の塗装工事をするのならば60万円〜200万円程度かかってくるでしょう。

費用は、状況や工事の種類により変わってきますので業者に見積もりしてもらいましょう。

信頼できる業者を見つけよう!

どの工事でも共通して大切なポイントは、「業者選び」です。

業者の中には、悪徳業者や手抜き工事をする業者が潜んでいる可能性があります。

せっかく業者に頼み時間をかけ、工事してもらったのに施工不備があり、やり直しになったら面倒ですよね。

また、施工したあとすぐに行方を消す業者もいるのです。高いお金を払って工事を行うのでこのような業者に依頼してしまわないように注意しましょう。

業者の下調べ

現在では、スマホ1つで業者のホームページなどを検索し見ることができます。施工事例口コミなどを参考にすると良いでしょう!

相見積もり

見積もりは、1つの業者ではなく複数の業者に相見積もりしてもらうことをお勧めします。

同じ条件なのに業者により価格が異なってくる場合があります。

 

外壁のひび割れが発生した場合は、やはり業者に依頼することがお勧めです。ひび割れがありましたら、まずは業者に見てもらいましょう。

 

火災保険は使えるの?!

外壁の塗り替えに火災保険が使えることがあります。

適応条件が満たされているのか、素人からしたらわからない事もあると思うので、一度業者に相談してみると良いでしょう。

 

まとめ

今回は、外壁のひび割れについてご紹介してきました。

小さなひび割れといってもそこからだんだん大きく広がってしまいます。放置はしないで、業者に見てもらいましょう。

また、外壁は定期的なメンテナンスをするようにし、外壁の劣化をいち早く見つけるということが一番のコストを安く済ませるコツでしょう。

ぜひ満足のいく工事を!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページを見た方はこちらのページも見ています。