ページTOPへ

「あなたは知っている?!」エコキュートのメリット・デメリット

 

今回は「エコキュートのメリット・デメリット」について説明していきたいと思います。

まず初めにエコキュートを知らない人にエコキュートについてざっくり説明してきます。

 

エコキュートとは?

エコキュートとは、ヒートポンプ技術を利用して空気の熱でお湯を沸かす電気給油機です。

エコキュートは基本的に、ガスよりも安い夜間電力を使って夜間のうちにエコキュートように用意されているタンクにお湯を沸かしてためておく事ができます。そのお湯を日中で使うので、お湯が安く使えるのが特徴になっております。

 

エコキュートのメリット

 

ガス代の節約

先ほどにもお話ししたようにエコキュートは電気を使ってお湯を作ります。

エコキュートの最大のメリットは、夜間電力を利用してお湯を作るという事です。

「でもなんで夜間にお湯をためるのか?」と疑問が出てきます。

夜間電力の単価は日中の単価の2分の1など大変割安になっているからです。

エコキュートを最大限お得に使うには、電気代の安い夜間にお湯を貯めておく事です。

また必要な量のお湯を不足や余分がないように用意する事が節約のカギとなってきます。

 

環境に優しい

エコキュートは再生可能エネルギーであるヒートポンプでお湯を沸かしています。

世界的にもそうですが、特に日本のエネルギー事情を考えた時に、再生可能エネルギーの普及は温暖化対策としての側面でけではなくエネルギー自給率の向上という点で非常に重要です。エネルギー自給率をあげるためにはいかに自国でエネルギーを生み出すかいかにエネルギー消費を抑えるか(省エネ)に取り組まなければなりません。

その点エコキュートは再生可能エネルギーであるため、創エネでありながらその機能から省エネでもあるという稀有な商品であると言えます。

 

非常時にタンクにお湯を貯めておく事ができる。

エコキュートは深夜に沸かした熱湯をタンクに貯めて、水で適温に薄めながら利用します。つまり常に貯水タンクにはお湯が貯まっているので、非常事態の断水時にはそのお湯を生活用水として利用することができます。

飲用には適していませんが、災害時に止まって一番困るのは水だといわれていますので、お風呂に水をためておくようにしなくても貯水できるのは、防災面でとても便利です。

非常用取水栓がタンクには標準装備されているため、バケツやポリタンクなどに取りだして利用できます。

 

エコキュートのデメリット

 

ガス給油機よりエコキュート方が高額

エコキュートはガス給湯器よりも設備が多く構造も複雑ですので、比較するとどうしても高額です。

経済的なメリットは間違いなくある商品なのですが、生活スタイルによってその経済メリットが大きくなるご家庭と小さめのご家庭が出てきます。

経済的なメリットが大きいご家庭の方は、回収期間が短くなりますが、メリットが小さいご家庭の方にとってはなかなか回収できず、メリットがあまりない状態になってしまうので注意が必要です。

普段お湯を使う量が多いと経済メリットが大きくなり、少ないと小さくなります。

一般的にはガス代の約8割は給湯代が占めていますのでほぼガス代の多寡で判断できます。

 

使いすぎるとお湯が切れてしまう。

エコキュートならではデメリットがお湯切れです。

安い深夜電力を使用してお湯を夜中に沸かし切り熱湯の状態で貯水タンクに貯めておきますので、そのお湯を使いきってしまうと次に沸かすまでお湯が使えない状態になってしまいます。

お湯切れが起こるのは、通常時より急にお湯の使用量が増えた場合に起こりやすくなります。

例えば、親族が泊まりに来てお風呂の利用者数が増えた場合などです。

最近のエコキュートは優秀で普段のお湯の使用量を学習し、最適なお湯の量を沸かすような機能がどの機種もほぼ実装されています。

ですのでこのお湯切れ問題を回避する為には、前日のうちに満タン湯沸かしをする設定に切り替えておく必要があります。

常時お湯張りが発生してしまうケースは、貯水タンクの容量不足ですので購入時の判断ミスということになります。

 

エコキュート購入の際に注意すべきところ。

エコキュート使用する際にはお湯を貯めておくタンクが必要になってきます。

万が一のために少し大きめのタンクを購入する方がおすすめになっております。

タンクの容量には3種類用意されています。

 

370リットル・・・4~5人家族向け
460リットル・・・5~7人家族向け
550リットル・・・7~8人家族向け

 

多くの場合は、現在の家族構成だけを考えてついついタンク容量を選んでしまいますが、場合によっては後悔することになります。

”これからまだ家族が増える可能性がある”というご家庭や、”子供たちが巣立っていき、人数が減る””お盆やお正月に親戚や孫が帰省してくる”というご家庭は、よく考えて、容量を選択する必要があります。

通常4人家族で370リットルのところに、孫たちが帰省してきて7人になったら、お湯を使う量>お湯を作る量になってしまい、途中でタンクのお湯が切れてしまいます。

年に一度程度なら、銭湯へ行くなどの対処ができますが、こまめに人数が増える時がある場合は、一つ上の容量を選ばれることをおすすめします。

年に1度ならば深く考える必要もありませんが、こまめに帰ってくる場合などは、ひとつ上の容量を選ばれると良いかもしれません。

 

エコキュートのお湯は飲んではいけない

一般的に、エコキュートのお湯は飲まないようにと説明書には必ず記載してあります。タンク内の汚れがお湯に入り込んでいる場合があるからです。お湯そのものに害はありませんが、エコキュートは、一度水を温めているため、カルキが抜けてしまい、安全状態ではないため、飲んではいけないとされています。

しかし、最新のエコキュートには、飲用可となっている商品もあります。どういうしくみかというと、飲用のお湯だけをタンクに貯めることなく、急速に水を沸かしてお湯を作り、蛇口から出すため、安全上も問題なく利用することができます。

 

まとめ

いかがでしょうか?エコキュートには電気代ガス代が安くなる事省エネのことを考えるとエコキュートの購入もいいと思います。

エコキュートも完璧ではないのでキチンんとメンテナンスしてあげないと壊れてしまう原因になってしまいます。メーカーによって故障しやす場所、メンテナンスしづらい所もあるかと思います。

ですので日々のお手入れを忘れないようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページを見た方はこちらのページも見ています。