ページTOPへ

エコキュートの設置について「プロが解説します!」

 

今回は、エコキュート設置について説明していきたいと思います。

エコキュートというのは節電効果が高く、災害時などにはタンクのお湯を非常用として利用できるなど魅力的な要素が多い給湯器となっております。また、環境にも優しい仕組みを持つと言われ導入が進められています。

その際におすすめしたいのですが、設置工事の流れをあらかじめ知っておく必要がありますので、紹介していきます。

 

設置場所について

エコキュートの設置工事の際、始めに行わなければならない事は設置場所の確認です。

エコキュートは、室外機の設置に一定のスペースを空けていなければ工事を行う事は出来ないのです。なので、エコキュートを設置する際は必ずスペースを確保するようにしましょう。

必要なスペースの大きさは製品によっては異なってきますが、一般的には貯湯タンクユニットが幅900mm前後、奥行き3000mm前後でヒートポンプユニットが幅550~650mm、奥行き600~750mm程となっております。

また、スペースがあればよいという訳でもなく、夜に機会が作動する関係上、寝室の側などは避けるなどといった配慮が求められます。

同時に、エコキュートを動かす為の電気設備の有無や電気容量についても確認するようにしましょう。

 

新聞紙で確認?

 

エコキュートの貯湯タンクユニットとヒートポンプの設置場所は、稼働音や高さなどをあらかじめ考慮して決める必要があるのです。

新聞紙を広げてみるとどのくらいのスペースが必要なのか、イメージが湧きやすいので、かなりお勧めです。

 

流れについて・・・

 

エコキュート導入工事の流れについて細かく説明していきます。

 

1:旧設備の撤去

元々の給油設備を撤去します。残った古い配管に関しては撤去または改良し、新たな配管として利用していきます。

 

2:土台の準備

コンクリートを流し込む、砂利を敷くなどの手順を踏み、土台を作ります。

万が一の転倒を防止する為の機器備え付け用のアンカーも設置します。

 

3:配管:配線工事

浴室に面する壁に配管用の穴を開け、既存の浴室にはアダプターを設置します。

また、屋内にはリモコンの配線工事などを行います。

 

4:エコキュートの設置

エコキュートを土台の上に設置します。同時にエコキュートから給水、給油、風呂、排水などの配管工事を行います。

 

5:ヒートポンプユニットの設置

ヒートポンプユニットを設置します。エコキュートと配線で繋ぎ、それぞれに転倒防止器具を取り付けます。

 

6:設置完了

配管、動作状況をチェックし完了となっております。

このような、形になっております。

 

メリットについて

エコキュートを設置すると、様々なメリットがあります。

主なメリットとしては、光熱費の軽減です。

 

・エコキュートでは、ガスや灯油などの燃料を使用しない為ガス代や灯油代を払う必要がなくなってくるのです。

使用する電気量は、増えてくるものの、エコキュートを使用する前のガス代や電気代を比較してみると合計した金額より安い傾向になっております。

エコキュートには、設置されている家庭の状況に合わせて、電気代を調整する機能が備わっています。

 

・更に、エコキュートを導入する事により、電気の料金プランが変わってきます。

変更されるプランというのは、深夜に使用する分の料金が約4分の1に安くなり、昼間に使用する分の料金が割り増しになるプランです。電気料金が安い時間帯に電気を多く消費する家事を済ますようにすれば、電気料金を抑える事が出来ます。

そのような事から、使用する電気量が増えたとしても、電気料金が高額になる事はほとんどありません。また、機種によっては給湯量の表示がされるものもあります。

表示されると、お湯の使用量や電気量の目安がつけやすいので、判断材料になると思います。そうする事で、必要以上の電気を使用しないように心がけると思われます。それにより、エコ活動にも繋がってきます。

 

・また、エコキュートは使い方がとても簡単です。お湯を出す際にも給湯ボタンや電源スイッチを押さなくても使用する事が出来ます。

余熱の必要もない為、余熱が完了するまで待つ事もありません。エコキュートを初めて利用する方でも、すぐに使い方が理解できるのが大きな魅力となっております。

作動させている時の音が静かなのも、エコキュートの大きなメリットです。エコキュートの騒音レベルというのは、38dBとされており、その音というのは図書室の中にいるのと同じくらいとされています。

なので、例え夜遅くお風呂が入る場合があったとしても、室外機の騒音はあまり気になりません。

更に、エコキュートでは燃料を補充しなくても使用を続けられ、自分で残量の確認や購入をしなくてもすみます。

 

設置の工事費用

 

給湯器からエコキュートに変更するとなると工事費用はおよそ10万円~20万円程度とされております。もちろん、実際の費用がその上限になるか、それとも下限になるかは、工事の条件に変わってきます。

まず、工事費用が安くなる条件としては「基礎工事にエコベースを採用」「既存の給湯器の配線が再利用可能」などが挙げられています。

逆に「基礎工事に現場打ち採用」「配管を新規取り換え」「業者が工事を下請けに外注している」などといった場合は工事費用が高くなってしまいます。

それ以外にも、標準工事の基準を超えてくるとなると追加工事扱いとなってしまいますので、別途料金が発生してしまいます。

また、追加工事の基準や具体的な料金は業者さんによって異なってきますので、必ず最初に工事費用の内訳を確認するようにしましょう。

 

エコキュートの寿命・交換時期

 

エコキュートの耐用年数について説明します。

エコキュートの本体というのは、お湯を沸かす「ヒートポンプユニット」と、作ったお湯を溜めておく「貯湯タンク」に分かれています。

 

「ヒートポンプユニット」は長く使い続けると電子回路に故障が出る事が多く、一般的に寿命は5~15年とされています。一方、「貯湯タンク」はそれよりも少し長く、寿命は10~15年となっております。

 

まとめ

 

エコキュートはガスや灯油を使用しない為、とても環境に優しい給湯設備として人気が高くなってきています。

また、使い方も非常に簡単であり、節約も出来ますのでまだ、エコキュートを導入されてない方は、検討してみてはいかがでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です