ページTOPへ

あなたは知っている?!「エコキュートの寿命」

 

エコキュートは、2001年に発売され、地球環境に悪影響を及ぼす二酸化炭素を減らす効果もあり、またエコキュートを使う事により、省エネライフにも繋がる為一石二鳥であり、最近では、多くのご家庭で導入されています。

そこで、皆さんが気になってくるのがエコキュートの耐用年数や耐久年数いわゆる「寿命」だと思われますので、今回は、そんなエコキュートの寿命について紹介していきたいと思います。

 

寿命について

エコキュートそのものの寿命といのは、約10年~15年だと言われております。

ですが、機械に使われている部品によって早く交換する部品もあったりと異なってきますので、注意するようにしましょう。

また、エコキュートの寿命は製品の耐用年数だけではなく、日頃の使い使い方やお手入れの仕方によって変わってくるのです。なので、定期的にでも、お手入れをしていなければ、寿命は短くなってしまいます。

エコキュートは、通常のガス給湯器よりも構造が複雑になっておりますので、寿命は短くなっています。

まず、エコキュートの部品別寿命について2つ程紹介していきます。

 

ヒートポンプの寿命・・・

空気交換機などが、搭載されたエコキュートのヒートポンプの寿命は、約5年~10年とされています。ヒートポンプというのは、大気中の熱をエネルギーに変える部分であり、最もエコキュートの機器の中でも特に重要な役割を果たしているのです。

 

貯水タンクの寿命

貯水タンクの寿命としては、10年~15年と言われています。

この、貯水タンクの目的は、お風呂や給湯器などにお湯を供給するエコキュートには水を溜めておくのが貯水タンクの役目となっております。

 

エコキュートの修理・交換工事の費用

 

これから、エコキュートの修理・交換工事の費用について説明していきますがもちろん部位によって料金は異なってきますので、主な工事費用の相場について紹介していきます。

 

部分修理・部分交換:約1~6万円
ヒートポンプユニットの修理:約15万円
機器全体の交換:約20~70万円
部分的な修理・交換:約1~6万円
電子回路などの部品交換:約15万円前後
エコキュート本体の買い替え:約20万円~70万円 ※工事費も含めて

(エコキュートのサイズや種類・機能などにもよりますが、平均で約30~50万円前後で済む例がほとんどです。)

 

また、交換の工事には別途費用がかかるケースもありますので理解しておくようにしましょう。

例に上げると、フルオートタイプへの買い替えでは、配管を増やす工事費がプラスになる可能性があります。

更に、既存のエコキュートの撤去費用を別途請求される場合があります。

 

10年は買い替えの時期

冒頭でも、お伝えした通りエコキュートの平均寿命は10年から15年程度とお伝えしましたが、違った使い方をしないように注意をし、常日頃からメンテナンスをする事により、若干ではありますが、寿命を延ばすことは可能です。

ただ、10年以上経ってしまうと、メーカー側に交換費用の部品の在庫がない可能性があります。そうなってしまうと、修理や交換が出来なくなってしまいますので早めに対策を取るようにしましょう。

また、保証期間が過ぎてしまい古くなってしまったエコキュートは、次から次へと不調が出てくるリスクがあります。故障のたびに業者に依頼していると、出張費などが重なってきます。

その為、寿命を迎えたエコキュートをそのまま使い続けるのではなく、思い切って買い替えた方が、安く済む場合がほとんどです。

機器を使い始めてから10年以上経過した時には、そろそろ買い替えを検討してみましょう。

 

症状について

エコキュートの故障でよく見られる症状について紹介していきます。

 

お湯がとまらなくなる

エコキュートからお湯が止まらなくなる場合、その原因としては、湯量の管理を行う「水位センサー」が故障している可能性がほとんどです。そのセンサーが故障してしまうと、正確な湯量が計測できなくなる為、いつまでもお湯を出し続けてしまうわけです。

この場合、速やかに修理する必要があります。

 

水しか出なくなる

お湯が出なくなる故障もあります。ほとんどが、温度管理面における電子部品の故障が多いです。初期不良でもよく見られる故障ですが、経年劣化や偶発故障も考えられるので、速やかに修理を依頼しましょう。

 

水漏れがみられる

これに関しては、上述した摩耗故障の代表的症状です。パッキンや弁が摩耗してしまい、水漏れが起きているのです。

定期的にメンテナンスを行っていれば、こういった経年劣化しやすい部分はきちんと交換してくれるのですが、メンテナンスを怠った場合には故障が多くなってしまいます。

 

エコキュートが故障してしまうと、上記のような症状が出てしまいます。

ただ、ヒートポンプから水が漏れている場合やお湯が出ない場合は、エコキュートの故障の原因ではないかもしれませんので、注意するようにしましょう。

なぜ、このような事が起きてしまうのかは、ヒートポンプや貯水タンクは、結露した水滴が水漏れのかのように見えてしまう事から、水漏れだと勘違いする方が多いのです。

また、エコキュートというのは、断水状態になってしまうとお湯が出なくなってしまうのです。

なので、自分の住んでいる地域が断水しているのかも確認し、故障かどうか判断するようにしていきましょう。

 

自然災害による故障

 

寿命だけではなく、台風や豪雨による洪水などの自然災害でエコキュートが故障してしまう可能性もあります。

その場合、修理出来ないエコキュートがほとんどです。なぜなら、様々な部品が組み合わさった精密機器でもありますし、見た目では判断が付きにくい内部まで浸透した汚水によって、壊されていくパターンも多くありますので、修理は不可能に近いです。

なので、自然災害の場合修理をするのではなく買い替えるのがお勧めです。

 

まとめ

 

今回は、エコキュートの寿命について紹介させて頂いたのですがいかがだったでしょうか?

最初に、お伝えした通りエコキュートの寿命は10年~15年とされており、その後使い続けてしまうと必ずどこから不具合がでしまうので、もう10年以上使っている場合修理をするのではなく、買い替えるようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページを見た方はこちらのページも見ています。