ページTOPへ

外壁の塗り直しと張り替えはどちらがお得!?

今回は、外壁の塗り直しと張り替えについて説明していきたいと思います。築年数がある程度経過したお家の場合、外壁のリフォームが必要となってきます。リフォームする最初の選択肢にあるのが、外壁塗装です。ただ、あまりに築年数が経っているお家ですと外壁塗装だけだと賄いきれない部分があります。ですので、その場合外壁の張りも視野に入れるようにしましょう。



外壁の種類

 

外壁には、いくつか種類がありますので紹介していきます。


窯業系サイディング

 

セメントを主原料に繊維質原料を加えたものです。また、デザインやパターンやカラーラインナップが豊富です。

シンプルな柄からタイルやレンガ、石材調のものまであります。

新築から10年置きに外壁塗装を行い、美観や機能性を保つ事が出来ます。

それ以降は、外壁塗装では持たなくなってしまう為、外壁の張り替えが必要です。

 

モルタル外壁

 

モルタルは、砂とセメントと水を混ぜて作られた半固形の材料です。コテで塗りつけて外壁を作っていきます。壁にさまさまざまな模様を描けるのでお洒落で個性的なお家にする事も可能です。ただ、モルタルだけでは防水性がないので外壁塗装で保たなくてはなりません。

そして、年数に関しては先程同様10年置きに外壁塗装を行いましょう。

モルタル外壁はお手入れをし続ける限り、半永久的に持つという人もいますが、隙間を埋めるだけでは美観的に問題があるので、その度に模様付けと塗装をしなくてはなりません。

 

金属サイディング


金属サイディングとは、金属製の外壁パネルの事です。先程、紹介した窯業サイディングの次に普及している外壁材です。金属には、ガルバリウム鋼板と呼ばれる素材がよく使われています。軽さと、丈夫さを活かして、古い外壁の上に重ねて張る外壁カバー工法がよく使われています。その為、金属サイディングは外壁リフォーム分野で選択される事が多い外壁材です。しかし、近年はデザイン性とコストパフォーマンスの高さから、新築のシェアも急伸しています。

 


外壁塗装・外壁カバー工法・外壁の張り替えについて

 

次に、外壁塗装・外壁カバー工法・外壁の張り替えの費用、耐用年数、工期比較の詳細について説明していきます。

 

 

ここで、紹介した通り一番安く外壁をリフォーム出来るのが、外壁塗装となっております。

また、外壁カバー工法や外壁の張り替えは現在の外壁の寿命が近付いてきた場合や反りやクラック、割れなどの致命的な不具合が発生した場合に行うものです。定期的にメンテナンスを行った場合、窯業系サイディングでは30年以上、金属サイディングでは30年以上の耐用年数以上があると言われています。

 



メリット・デメリット

 

各種工事のメリット・デメリットについて説明していきます。



メリット

 

外壁塗装

・施行費用が安い

・使用する塗料によっては、20年以上の耐用年数も期待できる

 

外壁カバー工法

・外壁の張り替えに較べると施行費用が安い

・外壁の張り替えと同程度の耐用年数が期待できる

 

外壁の張り替え

・外壁を丸ごと張り替えるので長く安心して暮らす事が出来る

・内部の防水紙などもメンテナンスすることができるので、外壁からの雨漏りも完全に止めることが出来る



デメリット

 

外壁塗装

・外壁に補修不可能な不具合がある場合は施行出来ない

・外壁に不具合が生じており、強度が不足している場合は施行出来ない

・施行費用が高い

・モルタルの外壁には施行できない

上記のように、メリット・デメリットがありますので出来るだけ把握するようにしましょう。


メンテナンスについて

 

外壁のメンテナンスというと外壁塗装がほとんどなのですが、他にも先程紹介した外壁をそのままにその上で新しい外壁を貼り付ける外壁カバー工法、これまでの外壁を取り外し、新しいものへと張り替える外壁の張り替えがあります。

 

ここで、どちらかを選択するかは自信のお好み次第だと思いますが、コストパフォーマンスが高いものを選ぶと思います。外壁塗装のお薦めは築30年度までは外壁塗装、外壁の耐用年数である築35年になったので、外壁カバー工法か外壁の張り替えを検討すべきです。

もちろん、どの工事が最適なのか現在のお家の状況とこれから先も、後何年住むのかによって変わってきますが外壁リフォームでは、定期的メンテナンスを行い、耐用年数を出来るだけ延ばす事が最も重要な事である事を覚えておく必要があります。

 



知っておくべき事

 

重要な外壁の塗り替えと張り替え、外壁カバー工法をまとめていきます。

 

・外壁リフォームには外壁塗装、外壁カバー工法、外壁の張り替えがあり、外壁カバー工法と外壁の張り替えはかなり高額である

 

・窯業系サイディングと金属系サイディングは外壁カバー工法も外壁の張り替えも施行可能、モルタル外壁は外壁カバー工法は可能ですが、外壁の張り替えは出来ません。

 

・外壁の張り替えは、外壁材の内側の防水紙などもメンテナンスできるので長期に渡って安心

 

・「どれだけ住むか」を考えた外壁リフォームをする事が大事

 

・定期的なメンテナンスを行い、不具合には早期対応する事で外壁の耐用年数を延ばし、長寿命化する事が可能です。

 

今、紹介したものは出来る限り覚えておくようにしましょう。

 

特徴

 

現在、お家の主流となっている窯業系サイディングや最近、シェアを伸ばしてきている金属系サイディングの張り替えは可能ですが、モルタル外壁は塗り壁であり、パネルやボードではないので、張り替えは不可能です。モルタル外壁を解体・撤去してから、窯業サイディングや金属サイディングで張り替える事になります。

また、外壁の上に新しい外壁を重ね張りする外壁カバー工法はモルタル外壁にも可能です。

 

外壁によっては、出来ないのもありますので気を付けましょう。



まとめ

いかがだったでしょうか?外壁をリフォームといっても冒頭でも説明した、塗装や張り替えがあります。お家の年数があまりたっていないお家ちかですと、塗装で大丈夫なのですが、あまり古い家とかですと塗装でなく、張り替えやカバー工法にするようにしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページを見た方はこちらのページも見ています。