ページTOPへ

「プロ解説!」屋根の高圧洗浄で知っておくべきこと

 

こんにちは。今回は「屋根の高圧洗浄」について話していきたいと思います。

外壁や屋根の汚れを強力な水圧で洗い落とす「高圧洗浄」は、外壁塗装工事では絶対に欠かせない作業の一つです。

しかし、「汚れを落として外壁や屋根をきれいにするためだけなら高圧洗浄は省いてしまっても良いのではないか」と思う人も多いかもしれません。

水しぶきがたくさん飛びますし、周辺もずぶ濡れ、時には近所の家にも飛ぶこともあるでしょう(飛散防止シートをしますが)。

そこまでして高圧洗浄をする必要はあるのでしょうか?と思う方もいるかと思います。

もちろん高圧洗浄した方がいい理由があります。

 

なぜ高圧洗浄が必要なのか?

外壁や屋根の表面に塗装してできた塗膜は、毎日屋外で紫外線、雨風、排気ガスなどにさらされているので、年月とともに耐久性が劣化していきます。

劣化した場合は、そのままボロっと丸ごととれるわけではなく、少しずつ粉化していくのです。これを塗料の「チョーキング現象(白亜化現象)」といい、外壁の表面を手で触ると塗装と同じ色の粉が手につくようになりますので、自宅の外壁にチョーキング現象が起こっているかどうかはすぐに見つけることができます。

チョーキング現象が起こっている外壁にそのまま塗料を塗っても、チョーキングが起きているような劣化した塗膜には粘着力がなくなっていますので、一緒に新しく塗った塗料まで剥がれてしまいます。

そうすると、塗装から年数が経過していなくても本来の耐用年数を迎える前に外壁は修復が必要な状況になってしまうのです。

実際、外壁塗装駆け込み寺にいただくお問い合わせの中にも、「塗装から1年しか経っていないのに塗装がすぐに剥がれてしまった」というご相談がよく寄せられます。

つまり、外壁塗装における高圧洗浄作業は、せっかく塗装した塗料がたった数年で剥がれてしまわないように、外壁の表面にある古い塗膜を取り除くために行われているのです。

もちろん古い塗膜以外にも、カビ、藻、コケ、汚れ、チョーキングの粉など外壁表面の様々な汚れをまとめて落とすことも高圧洗浄の目的です。

よって、外壁塗装における高圧洗浄作業は「汚れを洗い落とすため」というよりも、「旧塗膜などをまとめて削り落とすため」といった方が作業の目的を表すうえでは正しい表現といえるでしょう。

 

高圧洗浄を使用する時に注意するポイント

屋根の耐久性が劣化する

高圧洗浄による屋根の洗浄は削り落とすことで、汚れや塗料を取り除きます。

ですが、反対に中の基材が露出するまで削り落とされた屋根は当然、ダメージを受けています。

結果、屋根本体の耐久性も劣化いたします。

 

清掃中に屋根を破損する恐れがある

経年劣化した屋根は高圧洗浄中に割ってしまうことがあります。

屋根は人が乗っただけでも割れることがあるため、高圧洗浄による強力な水圧でも割れることがあります。もし、塗装屋さんや屋根屋さんが高圧洗浄後に屋根が割れていたと報告した時は注意してください。

割った犯人が職人さんである可能性はかなり高いです。

ただし、経年劣化が激しい場合や、一部流通している品質の悪い屋根は高圧洗浄でバキバキ割れてしまうので、必ずしも職人さんが悪いとは言い切れません。

瓦棒も同様です。

経年劣化が激しい場合、高圧洗浄中に穴を空けてしまうことがあります。

 

雨漏りの原因にもなる可能性がある

屋根を水圧で割ると同時に下葺き材のルーフィングシートを破ってしまうと、雨が漏れます。業務用の高圧洗浄機は大量の水を使用するため、大きな事故になる可能性があります。つまり雨漏りです。

高圧洗浄の作業中に大量の水が屋根との隙間に浸水し、雨漏りが発生することもあります。以前、他社の塗装店で高圧洗浄中に大きな雨漏りを発生してしまい、当社で屋根瓦を全面葺き替えさせていただく事例がありました。

また、屋根塗装工事後、1年後に屋根から雨漏りが起きる事例もあります。

これは塗装の塗膜により雨水の排出路が塞がれてしまい、屋根材の下部に水が溜まり、漏水するケースです。

 

絶対に人に向けてはいけない

高圧洗浄の水圧は皆様がご想像しているよりか遥かに強力なパワーがあります。

先ほども話したように、表面を水圧を削り取って屋根を綺麗にしていきます。

もし、人に向けて水を放った場合には体に簡単に穴を開けてしまいます。

実際に死亡事故が発生したり、人に向けて発射して傷害罪で逮捕されたりするほど危険な威力を持つ機械です。

 

高圧洗浄の費用の相場

外壁塗装における高圧洗浄の単価相場は、屋根でも外壁でも1㎡あたり100~300円です。洗い方も特に関係なく、後述するバイオ洗浄だとしてもこの相場内に収まるべきです。

洗浄する外壁の面積が一般的な住宅の100~120㎡だと仮定すると、一つの工事あたりの高圧洗浄の総費用は安くても10,000円、高くても36,000円ぐらいに収まると考えられます。

高圧洗浄は外壁塗装に欠かせない工程であり、さらに高額な機械を導入して家一棟を洗浄する手間を考えればもう少し費用が高くなるように感じてしまうかもしれません。

しかし、もし100~300円/㎡という相場を上回るような高額な高圧洗浄費用の見積もりを作る業者がいた場合は、ぼったくり業者や悪徳業者の可能性を視野に入れなくてはなりません。

高すぎる場合はもちろん、高圧洗浄費用は無料などと言う業者にも十分に注意しましょう。

 

高圧洗浄で使った水道代は家主負担

結論から言えば高圧洗浄の水道代は家主負担です。

しかし、外壁塗装費用全体を見ても、高圧洗浄にかかる水道代はそこまで高いものではありません。

 高圧洗浄にかかる水道代を、具体的に計算してみましょう。

業務用高圧洗浄機の吐出水量(出す水の量)を毎時600リットルとします。

高圧洗浄は1日かかります。

仮に、朝から夕方まで10時間ぐらいかけて高圧洗浄作業を行ったとすると、使用した水道量は、1時間で600リットルですので10時間で6,000リットルとなります。

一見すると非常に大量の水が高圧洗浄で使われたかのように感じてしまいますが、意外にも水道代自体はそこまで高額になりません。

もし1リットル100円のペットボトルを買った場合は合計6万円になりますので、家主が6万円も負担するという困った事態になるのですが、水道代はペットボトルの水に比べると非常に安いものです。

 

まとめ

屋根の高圧洗浄は、必要な場合とそうでない場合があります。

あなたの場合は本当に必要ですか?

しっかりと考えてから決めましょう。

信頼できる業者に一度相談してみることをオススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページを見た方はこちらのページも見ています。