ページTOPへ

「あなたは知っていますか?!」屋根雨漏りの原因

 

今回は、屋根の雨漏りについて説明していきます。

まず、始めになぜ雨漏りというのが起こるのかその詳細について、話していきます。

主な、雨漏り原因としては以下の3つになります。

・屋根の劣化が原因(20%)
・板金の劣化が原因(75%)
・手抜き工事・施行不良(5%)

この3つが主な原因となっています。そして、見ての通り一番の原因が板金の劣化となります。

 

雨漏り原因の詳細について・・・

経年劣化による雨漏り

誰もが、分かる通り屋根材には寿命があります。

また、古い日本瓦は、年月が経ってしまうと割れやすくなってしまいます。金属屋根になってくると、雨や雪の影響で錆が生じてしまい穴があき始めます。

このような、寿命が過ぎた屋根材というのは、雨漏りリスクが高まってしまいます。

 

雨仕舞場板金

次は、雨仕舞板金の雨漏りです。

これは、板金の経年劣化が進んでしまい板金が錆びてしまったり、へこんだりしてしまう事で穴が空いて雨漏りが生じます。昔の戸建て住宅は、サビやすいトタンが使われているのです。

なので、最近では耐久性の高いガルバリウム鋼板が使われるようになっています。どちらかというと、屋根本体よりも板金の劣化が原因となる雨漏りの方が多いのです。

 

ルーフィングからの雨漏り

ルーフィングというのは屋根本体や板金の下に敷きこむ防水シートの事です。

昔は、屋根瓦というのは薄い木に板が使われていましたが、現在はアスファルトが主成分の化学製品が主に、使われているのです。ルーフィングは、屋根材や板金から漏れた雨を防いでくれるのです。ルーフィングというのは、すごく重要なものであり板金が劣化して穴が空いているのに雨が濡れないのは、ルーフィングが機能しているからなのです。屋根材や板金は、ルーフィングシートを保護する役割としての側面の方が強いのです。

ただ、ルーフィングを張り替えるには、屋根をすべて剥がさなければならいので気をつけてください。

 

施行不良による雨漏り

屋根工事業者の手抜きや施行不良によって雨漏りする事も可能性としては、低いもののあり得ます。

 

主に、こちらの2つとなっています。

・屋根と外壁部の収まり
・コロニアルの縁切り

原因について、説明していきます。

 

屋根と外壁部の収まり・・・原因としては、屋根と外壁は異なる職人さんが行うからです。それにより、各職人さんのコミュニケーション不足が起こってしまうのです。

そうなってくると、屋根と外壁の取り合い部の連続性の施行がおろそかになってしまうのです。このような、結果屋根と外壁の部分から雨が漏れてしまうのです。

コロニアルの縁切り・・・屋根瓦と屋根瓦の隙間は、屋根の内部に入り込んだ雨水を出すための役割があるのです。ですが、職人さんが誤ってその隙間を雨漏りの原因と勘違いをしてしまいシーリングなどで埋めてしまう事もあるのです。これは、大きな過ちとなってきます。

 

特に、塗装後の対処は気を付けましょう。残念な事に、縁切り作業を行わない塗装業者さんもいるのです。これは、塗装職人さんの手抜き工事です。

 

雨漏り発生部位

 

雨漏りにも、発生しやすい部位がありますのでランキング形式で紹介していきます。

 

1位:谷とい板金・・・一番目が谷とい板金からの雨漏りです。ちなみに、谷とい板金とは屋根と屋根の取り合い部に用いられる板金です。

 

2位:屋根本体の経年劣化・・・2番目が屋根本体の経年劣化です。雨や紫外線によりダメージを受け続けることで、屋根の防水機能が損われ最終的に雨漏りが発生してしまうのです。

 

3位以降3位以降としては、下屋根と外壁との取り合い板金、パラペット板金などがあります。屋根は、板金からの雨漏りが群を抜いて多いのです。

 

雨漏り修理方法

雨漏りの修理方法としては、大きく分けると2つあります。

・無料の目視調査のみ
・有料の特別な調査も行う

1つ目の無料の目視調査であれば、かかる費用は雨漏りの修理費のみになります。

2つ目の特別な調査を行う場合は、修理費用に調査を行う場合は修理費用に調査費用が加わり、施行費用は多少ですが高くなってしまいます。

このように、安い費用か高い費用の2通りになります。安いにこした事はないかと思いますが出来れば高い費用を選ぶべきです。

有料にする意味・・・雨漏りの原因を特定せずに修理を行った場合、根本的な原因が直さない為に、何度も修理費が発生する可能性があります。

何度も修理をするのではなく、一度の修理だけで直す事が出来ますので結果的に費用はこちらの方が安く済むのです。

なので、将来的な修理費用にかなり差が出るようになるので、私達は原因が特定出来る有料の特別な調査も実施する事をオススメします。

 

業者を選ぶ際

業者を選ぶ際は、優良業者を探すのが当たり前な事だと思います。

ですが、日本というのは雨や台風も多く、雨漏りのお悩みを抱える方がほとんどなので、技術のない業者でも雨漏りの修理業者と名乗ってる少なくない業界なのです。なので、皆さん気を付けましょう。

また、業者は、しっかり選び安易に屋根の雨漏り修理業者を選ぶようにしましょう。

例え、雨漏りの修理が初めての方でも、きちんと優良業者を見極めるようにしましょう。そして、必ず沢山の情報を集めましょう。

 

優良業者って?

雨漏りの原因を解決する為には、高い技術と経験が必要となってきます。

なので、ちょっとした雨漏りに関しての知識があるだけの雨漏り業者修理業者に頼んでしまうと、直らなくなってしまいます。また、無駄に修理費用が高くなってしまいます。

なので、雨漏り修理をする場合は確実に優良業者にお願いする必要があります。

ですが、初めて雨漏り業者に修理を依頼する時は分からない事が沢山あり、どんな特徴をもっているのか分からないと思います。なので、業者に修理を依頼する際は確実な情報を聞くだけではなく、自分でも少し依頼する前に知識を身に付けとくようにしましょう。

そうする事で、確実に、優良業者を選ぶ事が出来るでしょう。

 

まとめ

今回、屋根の雨漏りについて紹介したのですがいかがだったでしょうか?

日本という国は、雨が多い国ですので、雨漏りを体験した人がほとんどだと思います。

雨漏りというのは、仕方ない事かもしれませんが必ず先程もお伝えした通り業者だけは、しっかり選ぶようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このページを見た方はこちらのページも見ています。