ページTOPへ

蓄電池

蓄電池とは

蓄電池とは、電気を貯めたり使ったりすることのできる装置の名称です。充放電を繰り返し行うことができるため、安い深夜電力を蓄えて、非常時や昼間の高い電気料金時に生活に必要な電力として使用することができます。
また、屋根に設置する太陽光発電と併用することもできるので、光熱費を大幅に削減できる装置としても注目を浴びています。

蓄電池とは

私たちにとってとても身近な存在である乾電池や充電池のようなものですが、乾電池とは違い一度放電しても再度電気を蓄えて繰り返し利用できます。乾電池は一次電池と呼ばれ、蓄電池(充電池)は二次電池と呼ばれています。

蓄電池のメリット

太陽光発電と組み合わせることで光熱費を大幅削減

蓄電池は太陽光発電と組み合わせて光熱費削減可能

蓄電池は太陽光発電と相性が良く、太陽光で発電した電気を蓄電池へ蓄えて売ることができるだけでなく、夜間などの太陽光で発電が行えない時間帯の電力をカバーすることができます。そのため、光熱費は大幅に削減できます。

災害時や停電時でも電力の供給が可能

災害時や停電が発生した際の非常用電源として使用できるので、時間帯に関係なく電気が供給することができます。
また、停電が長引いている際にも太陽光で発電ができれば蓄電することができるので、万が一の災害時にもとても安心です。

蓄電池とオール電化の組み合わせは火元にも困りません

蓄電池とオール電化の組み合わせは火元も困らない

災害時に火元が断たれてお湯が沸かせないといった問題は真っ先に起こります。
そんな時でも、蓄電池に貯めた電力を利用してお湯を沸かせたり料理を作ることができるオール電化なら、災害時にもほとんど困ることなく生活ができます。

災害は起こってからでなければ実感がわかないため、なかなか踏み出そうという方はいませんでしたが、 近年頻発する地震の影響で災害に備えたオール電化をご検討される方がとても増えています。オール電化のメリットとしては何と言っても安全であることです。


蓄電池を用いることで電気代を削減できるだけでなく、省エネルギーの実現や災害時の備えとしても欠かせない設備となります。
光熱費の削減と地球環境問題改善へ大きく役立つ蓄電池は、今後さらに拡大してゆくと思われます。

地球温暖化でペンギンのヒナが凍死する

地球温暖化は温度が上がることなのに、なぜペンギンのヒナが凍死するのか不思議に思いませんか?
地球の温度が上がることで南極の氷が溶けてエサが減り、雨の日が増えて泥だらけになり震えながら生活しているペンギンのヒナの記事がメディアで取り上げられました。

地球温暖化により苦しむペンギン南極で泥まみれになりながら震えるペンギンのヒナ

もともと南極全域は雨は降らず、雪のみが降る地域でしたが、地球温暖化により日中雨が降り体が濡れます。地面もぬかるみ全身が泥だらけになります。そして、夜になると南極の気温は氷点下まで下がるため、温暖化の影響で雨が何日も降り続けて濡れた体は凍りつきペンギンの赤ちゃんは震えながら凍死してしまうのです。
今、まさにこの瞬間にも地球温暖化の影響でペンギンのヒナはお腹を空かせて震えながら生活しています。

私たち人間が便利に生活している背景で、苦しんでいる生き物がいることを一人でも多くの方へ知って頂きたいとシマジューでは考えています。

「自分の家だけエコに目を向けても何も変わらない」と思うかもしれませんが、日本の二酸化炭素排出量の約15%は家庭からの排出によるものだと言われています。その排出量は年間2億トンを超え、一世帯あたりの二酸化炭素排出量は約50%が電気からと言われているのです。
地球環境問題が年々深刻化する中で「クリーン&エコロジー」の拡大は未来の地球環境改善に大きく貢献できると考えています。