住宅リフォーム・太陽光発電・蓄電池・中古住宅ドクターの
株式会社シマジュー

中古住宅ドクター株式会社シマジュー

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845
無料調査・見積り依頼はこちら お問い合わせ

MENU

シマジューブログ

毎日使うからこそこだわりたい!「トイレ」リフォームについて

リフォーム・リノベーション失敗しないリフォーム

毎日使うからこそこだわりたい「トイレ」リフォームについて

 

トイレのリフォームで気になることは屋狩り「価格・予算はいくら?」「工事期間はどの程度?」ということですよね。

今回はトイレの壁紙・床を含めた内装工事費込みの丸ごとリフォームの値段や、和式から様式に変える際のリフォームなどの費用相場を解説します。

 

トイレリフォーム4つのタイプ

トイレリフォームは大きく4つに分けられます。それぞれの注意点と特徴をみていきましょう。

 

1.便座交換のリフォーム

ウォシュレットに交換する、シンプルなリフォーム

リフォームでこんなに生まれ変わる

便座を交換するだけで、心地よさは格段に上がります。

座った時の気持ちのいい洗浄感はもちろんのこと、最近は使うたびに除菌を行ってくれるタイプや自動で水が流れるタイプなど、うれしい機能が盛りだくさん。ご家族の生活スタイルに合わせて選んでください。

 

注意点

事前にコンセントの有無を調べましょう。

 

2.トイレ交換のリフォーム

トイレ本体を丸ごと交換するリフォーム

リフォームでこんなに生まれ変わる

 

最新トイレに交換すれば、掃除の負担が減る上にとても経済的です

毎日普通に使っているだけで大きな節水効果があるタイプや、掃除のしやすい形状などの機能がたくさんあります。

さらにタンクレスにすることで部屋が広く感じることができます。

 

注意点

古いトイレと最新のトイレでは大きさが異なるので、古いトイレでは痕が残ってしまう場合もタンクレスの場合、手を洗う場所を検討しなければなりません。

 

3.内装まで含めたリフォーム

トイレ設備の交換と一緒に、床や壁も一新するリフォーム

リフォームでこんなに生まれ変わる

 

トイレ設備に交換と一緒に、床や壁も一新するリフォーム

トイレ設備の交換により快適になるのはもちろんですが、床や壁の素材とデザインを好きなものに変更できるため、空間全体を美しく仕上げられます。まるでカフェのトイレのようなおしゃれな空間や、リビングのテイストと調和する上質な空間も思いのままに作り上げることができます。

 

注意点

トイレ交換のリフォームと比べて工期が長くなります。また、床材を今とは違う素材に変更する場合、段差が出ることもあります。

 

4.機能性を高めるリフォーム

お年寄りやお子様に優しいバリアフリーリフォーム

リフォームでこんなに生まれ変わる

 

手すりを設置したり、廊下との段差を解消したり、車椅子が入れるようにドアを交換したりすることによって、お年寄りや小さなお子様が安心して使えるトイレに。さらに、収納棚を設ければ、ごちゃごちゃせずすっきりと美しい空間に。

 

注意点

内装までのリフォームと比べて工期が長くなります。また、壁下地を入れる工事、配管工事(給水・排水)、床下地の組み換え工事が発生します。構造上、実施できるかどうか、事前にリフォーム店に確認しましょう。

 

トイレリフォームの価格相場と工事期間

 

トイレのリフォーム事例は10万円未満から100万円超えまで、幅広くあります。
最初に、リフォーム工事の価格帯・費用の分布について見てみましょう。

 

トイレリフォームのへ近工事費用・価格帯

以下は、当サービス『リショップナビ』におけるトイレリフォーム事例の価格をグラフ化したものです。
(※2019年9月~2021年9月集計データ)

特に人気のある工事プランは、便器、壁材、天井材、床材もすべて一新するリフォームです。

様式のトイレ交換でも、和式から様式に変える場合であっても、15~50万円程度の予算を見込んでおくとよいでしょう。

【内容別】トイレリフォームの価格相場・所要時間

トイレリフォームの工事内容ごとの費用について、全体工事や部分改修における、料金・工事期間の目安は以下の通りになります。

ちなみにですが、タンクありのトイレに比べると、タンクトイレのほうが3~5万円ほど高い傾向にあります。

また、「フタの自動開閉」や「自動洗浄」などの機能が多いトイレは値段が高くなります。

 

壁紙クロスや床材を交換するときは、量産品などを選べば2~6万円以内で施工可能になっています。

ただしタイル材や、珪藻土、消臭効果のあるものを使用する場合は+数万円アップします。

なお床材だけの張り替えを考えている場合、一度便器を外す工事が発生することがあるため、リフォーム会社に工期や費用を確認しておきましょう。

どのような工事であっても、最終的に業者に現地調査をしてもらい、見積りの確認をしてください。

 

工事中のトイレや、和式からリフォームするときの注意点

リフォーム期間中のトイレはどうするの?

工事が2日以上かかる場合、家のトイレが使えないので不安になる方もいると思います。

ご家庭によって対策方法は異なり、ご近所のコンビニなどを利用される場合もあれば高齢や小さい子がお澄ましの場合などには、介護用のポータブルトイレや、災害用の簡易トイレなどを用意するケースもあります。

 

また、リフォーム会社が仮設トイレを設置してくれることもありますが、別途レンタル費用が掛かるのが一般的になっています。

予算がどの程度かなど業者と相談しながら対処法を決めるのが良いでしょう。

 

和式から洋式にリフォームする時の値段・節約は?

トイレを和式から洋式にリフォームする際、もともとの和式トイレが「水洗式」ではなく「汲み取り式」の場合には、工事費用が高くなります。

完成時の仕上がりや、新しい様式トイレのグレードによっても料金が変動します。

また、段差の有無もポイントで、和式トイレは主に「廊下とほぼ同様の高さの床の上」に設置されているタイプと「20㎝くらい高い段差の上」に設置されているタイプがあります。

段差がないトイレの場合、和式トイレの撤去後に海水感の移動、もしくは延長、そして補修工事を行います。

一方、床に段差のないトイレの場合、和式トイレの撤去後、床の段差部分を解体したうえで、下地補修工事が必要になるのでさらに費用が掛かります。

なお、トイレのスペースが0.3坪(半畳程度)位と狭い場合、通常の大きさのタンク洋式トイレを設けることはできません。

その場合は、コーナー設置タイプ(コンパクトリフォームモデル)の便器を選ぶことになります。

どのような工事がご自宅に適しているのか、知フォーム業者にガン地調査をしてもらい、提案してもらうのが良いでしょう。

 

トイレリフォームを格安・激安で行うコツ

製品のグレードは落とす

まずトイレ本体の選び方で、リフォームに必要な費用は相当変わってきます。

オプションにこだわるほど価格は高額になっていくので、必要最低限の機能を備えた製品を選択しましょう。

トイレは進化しているので、安い機種であっても機能・デザインともに良質な物が購入できます

タンクレストイレでも安いものであれば20万円ほどで入手が可能です。

 

床材にクッションフロアを採用する

トイレの床材も交換したいときは、クッションフロアを取り入れるのが最適です。

材料費も施工費も安く、耐水性が高く、汚れにも強いため、トイレの床材に適しています。

 

ウォシュレットの設置だけ行う

リフォームの目的がウォシュレットを付けたいだけであれば、まるごと交換するより、ウォシュレットだけを取り付ける部分的なリフォームでコストを抑えることができます

本体価格は安いものは1万円ほどで、高ければ15万くらいするものもあります。

相場は3~5万円ほどです。

本体価格と設置費用が掛かりますが、設置費用は1~2万円が相場になっています。

ただし、ウォシュレットを取り付けるには、対応しているトイレが限られているので、あらかじめ確認が必要です。

 

節水・バリアフリー工事は助成金を利用する

節水工事では「節水型トイレ設置費補助金」を利用できる場合があります。

2021年の東京都足立区を例に出して説明しますと、部材の購入費および工事費の3分の1に相当する額が補助対象となっており、上限は3万円に定めています。

 

ただし、「令和4年2月28日までに工事を完了し、令和4年3月31日までに完了報告を行えること」のような条件が複数あり、それらを全て満たしている方のみが対象です。

 

バリアフリー工事では「介護保険」を利用することができ、要支援・要介護と自治体から認定された方が居住する住宅で、バリアフリー工事【手すりを取り付ける、和式トイレから洋式トイレへ変更】などを行う際、上限を20万円とし、工事費用の7~9割の金額が補助されます。

 

いずれも事前申請が必要のため、リフォーム前に各自治体の助成金制度を確認しておくとよいでしょう。

 

自社施工している業者に依頼する

見積もりを依頼する際には、自社施工している会社に任せることも大切です。

ほかの下請け会社に外注することがない会社であれば、仲介料などのコストが発生せず無駄を省くことができます。

特に、トイレなどは故障などのトラブルが多いので、アフターサービスの充実度も一緒にチェックしておきましょう。

 

トイレリフォームに強い会社を選ぶ

本体価格をさらに抑えるためには、トイレのリフォームに特化している会社に依頼するのも良いでしょう。

トイレ本体機器の大量仕入れや、水栓器具などの細かい部品の調達にかかる費用が安い可能性が高く、同じ製品に交換する場合でも、リフォーム会社によって値段が異なるパターンは多いです。

 

複数の業者の見積もり内容を比較する

似たような工事内容であっても、会社によって提示する見積もり金額が異なります。

そこで、トイレリフォームに慣れている複数の業者に見積もりを依頼し、合計金額を比較してみることをおすすめします。

 

基本的に、現地調査や見積もり作成は無料なので相談してから決めましょう。

まとめ

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

今は最新のトイレが数多くありますよね、私は自動でフタが開閉するトイレを見てびっくりしたことがあります(^▽^)/

株式会社シマジューではリフォーム工事も承っておりますので是非、下記電話番号、LINE @のほうにお問い合わせいただければと思います!

0120-905-435

他店との相見積もり大歓迎! お家のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

お家のお悩みやご相談、工事のお見積もりは無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。
LINEからも簡単にお問い合わせをいただくことができます。

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845

営業時間 / 平日9:00~18:00 定休日 / 年中無休

お家のお悩み丁寧にお答え致します
お問い合わせフォーム
LINEでお問い合わせ