住宅リフォーム・太陽光発電・蓄電池・中古住宅ドクターの
株式会社シマジュー

中古住宅ドクター株式会社シマジュー

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845
無料調査・見積り依頼はこちら お問い合わせ

MENU

シマジューブログ

キッチンのリフォーム費用はいくらから?知っておきたいキッチンリフォームの費用相場や失敗しないリフォームについて

リフォーム・リノベーション失敗しないリフォーム

キッチン・台所リフォームの費用相場や工事期間                                                

一戸建てでもマンションでも、キッチンのリフォームの際に、どれくらいの費用がかかるのか、工事期間や日数はそのくらいなのかといった不安がありますよね。また、何年くらいでリフォームしている家が多いのかという疑問がある方もいますので

 

予算・目的別 キッチンリフォームの平均費用・価格相場

キッチンリフォームの費用分布

上記の円グラフを見てわかる通り、50万円~150万円で実施されたケースが多いです。

「50万円未満」で可能な工事や「50~150万円」「150万円以上」のリフォーム内容の大まかな違いについて確認してみましょう。

 

50万円未満でできるキッチンリフォーム

50万円未満で実施できるのは、基本的に部分的な工事になります。

コンロ・レンジフード(換気扇)・食洗器の交換や設置といった内容の工事であれば、30万円以内に収まることが多いです。

またワンルームの部屋にあるような、コンパクトなミニキッチンの交換であれば、50万円未満で工事可能な場合があります。

 

50~150万円でできるキッチンリフォーム

キッチンのリフォームで最も多い「キッチン全体を交換する工事」は、おおむね50~150万円で施工することができます。

新たに導入するシステムキッチンのサイズ・性能・グレードや、壁紙・床材も張り替える必要があるかどうか、キッチンの位置変更があるかないかによって、費用が変動します。

レイアウト別:キッチンのリフォームの価格帯の違い(壁付けI型/アイランド型)

キッチンの位置を変更せずに、似た形の機種へ変更する場合は、100万円未満で施工できるパターンが多いです。

一方、壁付けタイプである「I型」や「L型」のキッチンの向きを変えて、対面式の「ペニンシュラ型」あるいは「アイランド型」にする場合などは、100万円前後かかる場合が多くなっています。

対面型キッチンから壁付けタイプのキッチンへ変更する場合も同等の価格帯で施工することが可能です。

ちなみに、オーダーメイド・オリジナルの造作キッチンの場合でも、部材のアップグレードなどを抑えれば同様の価格で設置することができます。

 

150万円以上のキッチンリフォーム

キッチンの位置移動などで、大規模な配管工事(水道・ガス・電気)が必要になると、150万円を超える可能性があります。

特に、キッチンを一階から二階に移動する場合には、200~250万円以上の予算を見込んでおくと良いでしょう。

また、特注品・高級品を採用する際や、広範囲で内装補修が必要な時、構造部の補強も必要な場合は、300万円以上の値段になる場合もあります。

最終的にかかるコストは、必ずリフォーム会社に確認しましょう。

 

キッチンの移動

先ほど出てきた移設を伴うキッチンリフォームを実施するにあたって、「今使っているキッチンをそのまま使うことができるの?」と疑問に思う方も多いと思います。

実際、既存のキッチンがそのまま用いられるケースもあり、その場合、使い慣れたキッチンをそのまま使い続けるだけでなく、リフォーム工事の負担を軽減できるというメリットがあります。

しかし、製品の種類やグレードなどにもよりますが、キッチンの移動リフォームにおいて、既存のキッチンを使用することは、一般的にはあまり推奨されていません。

・流用が推奨されていない理由としては、

・本体を交換しても、費用はそれほど変わらない。

・新しいキッチンスペースにサイズやデザイン、機能などが適さないことがある。

・移設してからそれほど時間を置かずに、交換が必要になってしまう可能性がある。

(※システムキッチンの寿命目安:15~20年程度)

したがって、特に使いある程度の使用年数が経過している場合であれば、新しいものと交換するケースが多いと言えます。

ただし、状況にもよるので、既存のキッチンを流用するべきか否かについては、キッチンの施工に精通したリフォーム会社に相談してみることをおすすめします。

キッチンの位置をずらす/向きを変えるメリット

キッチンの移動リフォームを行う方の中には、位置を少しだけずらす、向きだけを変えるといった施工を選択する方もいます。

それぞれどのようなメリットがあるのか、注意点を含めてご説明します。

 

動線が大幅に改善されることも

キッチンの位置を少しずらすだけで、家事の動線が大きく改善されることがあります。

毎日使用するキッチンを使い勝手の良い空間にすることは、快適な住まいを実現するうえでも重要になります。

ただし若干位置をずらすといった程度のリフォームでも、キッチンの場所移動にはそれなりの費用がかかってしまいます。

費用面に不安を感じている場合は、希望のリフォームが予算内で可能であるかどうか、リフォーム会社に相談してみましょう。

 

キッチンスペースの模様替えが可能

キッチンの向きを変更するだけで、キッチンの空間や印象や使い勝手が大幅に変わることもあります。

キッチンの移動リフォームは、リビングにいる家族との会話がしやすくなったり、ダイニングとの行き来が容易になったりなどといったメリットがあります。

現在のキッチンの雰囲気や利便性に不満を感じている場合は、大幅な間取り変更は行わなくても、向きの変更によって解消されるケースもあります。

また、キッチンのリフォームでは、壁や床といった、内装にかかわる部分の施工も行われる場合が多いです。

使う材料などによっては、テイストを大幅に変更することも可能なので、キッチン空間の雰囲気を一新したい方はぜひ検討してみると良いでしょう。

 

キッチンのレイアウトを変更する場合には広さに注意

キッチンの位置変更を行う際に、壁付型からアイランド型やペニンシュラ型などに変更するという選択肢もあります。

キッチンからリビングが見渡せる形になるので、お子さん様子を見ながら料理ができたり、会話を楽しむことができたりといった魅力があります。

 

ただし、アイランド型やペニンシュラ型は壁付型よりもスペースが必要です。

そのため、キッチン本体のサイズが一緒であっても、津売りの幅が狭くなってしまったり、キッチンにスペースを取られてリビングが狭くなってしまうケースもあるので注意が必要です。

リフォーム後「いざ使ってみたら不便だった」というようなこと内容に、事前にリフォーム会社にシミュレーションをしてもらうと良いでしょう。

 

別フロアへのキッチン移動をしたい場合のポイント

一戸建てでキッチンのリフォームをお考えの方の中には、一階から二階などの別フロアへの移動を検討している方もいるのではないでしょうか。

ここでは、ほかの階にキッチンを移動する際に気を付けておきたいポイントついてご説明します。

 

違う階への移動費用は高額

フロアの変更では、給排水管や配線、ダクトなどの移動や延長が必要になるので、ほとんどのケースで追加費用が発生します。

また、新しくキッチン設置するスペースを確保するために、壁の取り壊しなどの作業が加わることもあり、施工費用が高額となる場合があります。

 

真上/真下へのキッチン移動であれば金額を抑えられる

少しでも工事費用を抑えたいと考えているのであれば、キッチンをもとの位置の真上や真下に配置すると良いでしょう。

配管やダクトの移設などでは、移動距離が近いほど作業を安易に行うことができます。

もともとキッチンが設置されていた場所のすぐ上か下に新しいキッチンを移動できると、工事の規模を小さくすることができ、リフォームの費用を抑えることができます。

 

キッチンの工事費用は、素材・オプション選びなどで抑えられる

キッチンのリフォーム費用は、もちろん工事規模によって大幅に変動するものですが、収納扉などの部材の選び方で、料金をある程度は抑えることができます。

キッチンの交換工事費用は、基本的に以下の内容で構成されています。

・システムキッチン本体の料金

・既存キッチンの解体工事費・処分量

・配管工事費

・台所の床材や、コンロ周辺の壁(パネル・タイル)、台所周辺の壁紙クロスの補修、張り替え工事費

このうち、費用の大部分を占めているのはシステムキッチン本体の料金です。

つまり、キッチンの各パーツの素材や、追加するオプション機能の選び方を工夫するだけで、低予算でリフォームを行うことができるのです。

 

キッチンの主な素材・オプション機能

参考までに、キッチンの収納棚・ワークトップ(天板)・シンク(流し台)の主な素材や、水栓・レンジフード(換気扇)の種類、コンロや食洗機などのオプション機能について、簡単に説明します。

 

キャビネットなどの扉材・取っ手の素材

キャビネットや吊り棚などの扉材には「天然木/ステンレス/塗装(UV・ウレタン)/メラミン化粧板/オレフィン化粧板」といった種類があります。

天然木は高価格ですが、オレフィン化粧板なら低価格で購入可能です。

機能面もコストも重要視したい方には、メラミン化粧板がおすすめです。

比較的お手頃な価格設定で、汚れが付きにくく耐久性に優れています。

なお、収納の取っ手部分も「木製」や「アイアン」などの素材の種類を選べる場合もあります。

 

ワークトップ(キッチン天板)の素材

まな板やボウルを置くなどの、作業台となる天板部分を「ワークトップ」と呼びます。

ワークトップ素材には「天然石(御影石・クォーツストーンなど)/人工(人造)大理石/ステンレス/タイル/樹脂版」といった種類があり、なかでも天然石が最も高価で樹脂が一番安価です。

 

シンク(流し台)の素材

シンク(流し台・洗い場)の素材は「人工(人造)大理石/カラーステンレス(セラミックコーティング)/ステンレス」が主流です。

メーカーや種類によっても異なりますが、「ステンレス」が最も金額を安く抑えられる傾向があります。

 

水栓・浄水器のグレードの違い

水栓金具は、一般的な物よりもシャワータイプのほうが費用が高くなります。

またオプションとして浄水器を追加する場合、グレードが高くないものであれば数万円、高性能タイプなら30万円程度の費用がかかります。

 

レンジフード(換気扇)の種類の違い

レンジフードは「排気ファン」と、その上にかぶせる「フード」で構成されています。

排気ファンは「プロペラファン」という種類が最も安価になっていますが、最近はレンジフードの主流となっている「シロッコファン」と言われるものは少し価格が高くなっています。

一戸建てかマンションかによっても、合うファンの種類は異なります。

 

コンロ・食洗機・オーブンなどのビルドイン機器

「ビルドイン機器」とは、キッチンの本体に組み込まれている機器のことを言い、具体的には「ガスコンロ/IHクッキングヒーター」「食器洗い乾燥機」「オーブン」などがあります。

ガスコンロではなくIHを選択したり、食洗機やオーブンをオプションとして追加したりすると、その分のコストが数十万単位で上がります。

ちなみに、ガスコンロからIHクッキングヒーターへ変更する場合や、食洗機を新設する場合には、別途で電気工事も行うことが多いです。

 

予算に合わせて満足のいくキッチンにするには、費用と機能性のバランスをしっかりと考え、リフォーム会社からのアドバイスも参考にしながら、上手に組み合わせると良いでしょう。

 

まとめ

新築を建てる際や、リフォームをする際にはキッチンにもこだわりたいですよね。

私もアイランド型のキッチンの家に憧れます(^▽^)/

株式会社シマジューでは、リフォームなども承っておりますので気軽に下記の電話番号・LINE @のほうにお問い合わせください!

0120-905-435

 

他店との相見積もり大歓迎! お家のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

お家のお悩みやご相談、工事のお見積もりは無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。
LINEからも簡単にお問い合わせをいただくことができます。

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845

営業時間 / 平日9:00~18:00 定休日 / 年中無休

お家のお悩み丁寧にお答え致します
お問い合わせフォーム
LINEでお問い合わせ