住宅リフォーム・太陽光発電・蓄電池・中古住宅再生事業の
株式会社シマジュー

株式会社シマジュー

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845
無料調査・見積り依頼はこちら お問い合わせ

MENU

シマジューブログ

【失敗しないリフォーム】屋根の素材は何がある?

失敗しないリフォーム

前回は、屋根の種類を書きましたが、今回は屋根の素材について書きたいと思います!!

我が家の屋根はスレート素材ですが、実家は瓦屋根です。

屋根の素材は?

私は、スレート、瓦しか正直、名前が分かりません でした (;´・ω・)

皆さんはどうですか?

スレート

最も多い屋根材と言われている。(商品名ではコロニアル・カラーベストが有名)

価格・・・ 安価

強度・・・風や地震の影響で非常に割れ易い

耐久性 ・・・約20年~25年でやや劣ってくる

メンテナンス・・・約10年程度で、塗装や棟板金等の交換が必要

デメリット・・・ 頻繁なチェックと定期的なメンテナンスが必要

日本瓦

古くから伝わる伝統的な屋根材。街中ではあまり見られなくなってきたが、田舎ではまだまだ多くの日本瓦の住宅があり。

価格・・・高価

強度・・・厚みがあるがので比較的強いが、陶器や素焼きなので割れることも

耐久性・・・約50年~100年と長い

メンテナンス・・・漆器部分にはメンテナンスが必要だけど、瓦自体には不要

デメリット・・・瓦自体が重いので、屋根が重くなり地震対策には不向き

トタン

比較的古い建物や住宅に多く見られる。(別名、瓦棒ともいう)サビが出やすい屋根材として知られる。

価格・・・スレートの次に安価

強度・・・ サビが出てしまうと、強度が一気に下がってくる

耐久性・・・ 約10年~20年で非常に劣る

メンテナンス ・・・約7年~10年で補修と塗装が必要

デメリット・・・雨音がする。頻繁にメンテナンスが必要

セメント瓦

外見はかなり日本瓦に似ているものが多く、セメント加工できて塗装も可能。日本瓦より軽くて、価格も安く、耐久性もあり。

価格・・・日本瓦の次に高価

強度・・・セメントなので比較的に強度はあり。割れ易い 。

耐久性・・・ 約30年~40年

メンテナンス・・・約15年~20年で塗装が必要

デメリット・・・重くて、地震対策として不向き。塗装が剥げやすい。

石粒付ガルバリウム

ガルバリウム鋼板に石の粒を吹き付けた屋根材。

価格・・・スレートより高価。高機能。

強度・・・金属なので割れない

耐久性・・・ 約 30年~50年でトタンと比較してもかなり良い

メンテナンス・・・基本的にはメンテナンス不要

デメリット・・・ 新しい屋根材なので施工時技術・施工不良の可能性があり。

まとめ

前回、屋根の種類の際にも書きましたが、建売住宅の場合だとあまり関係ないですが、注文住宅だとアレコレ気にしたいですよね~

それぞれの素材によって色々あって、やるとなると悩みます  (-_-;)

屋根は大事な部分ですので、納得できるようにしたいです。

他店との相見積もり大歓迎! お家のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

お家のお悩みやご相談、工事のお見積もりは無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。
LINEからも簡単にお問い合わせをいただくことができます。

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845

営業時間 / 平日9:00~18:00 定休日 / 年中無休

お家のお悩み丁寧にお答え致します
お問い合わせフォーム
LINEでお問い合わせ