住宅リフォーム・太陽光発電・蓄電池・中古住宅ドクターの
株式会社シマジュー

中古住宅ドクター株式会社シマジュー

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845
無料調査・見積り依頼はこちら お問い合わせ

MENU

シマジューブログ

都市ガスとプロパンガスはどっちがお得?何が違うの?

スタッフのつぶやき

普段の生活に使っているガス、都市ガスとプロパンガスではどちらが高いのか知っていますか? 

また双方を比べた場合そんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。 

都市ガスとプロパンガス双方の料金の比較を中心に、それぞれのメリット・デメリットをご紹介していきます。 

さらに光熱費をよりリーズナブルにしたいと思っている人のヒントになるように、お得なガスの選び方についても説明していきます。 

 

都市ガスとプロパンガスって何が違うの? 

都市ガスとプロパンガスとではその性質、契約するガス会社、ガスの供給方法、ガス料金、使える地域、発熱量などに違いがあります。 

ガス導管かボンベか 

都市ガスは広域に設置されている地下ガス導管を通じて供給されます。 

ガス会社がガスタンクを設置、液化天然ガスを貯留、ガスタンクから接続されているガス導管を通じて各戸にガスが届けられている。 

2017年から、ガスの小売りが自由化されましたが、ガス導管には各小売事業者が供給源から乗り換えて接続、ガスを供給するとしています。 

そのため利用者は今まで通りの導管を使用したまま、小売り業者を選ぶことができるのです。 

これに対してプロパンガスはガスボンベを契約している各戸まで届けています。 

ガスボンベに 簡易な装置を付け、各戸の利用するガス機器へと配管します。 

ボンベは空になる前に定期的に補充されています。 

プロパンガスのボンベは戸外に設置されていますが、マイコンメーターや警報器、ヒューズコックといった安全機器の取り付けが徹底されています。 

安全性の面では、都市ガスとプロパンガスでは変わりはあまりません。 

 

発熱量の違い(火力の違い) 

プロパンガスの主成分であるプロパンやメタンは、成分の性質上とても熱量が高く、火力が強く効率の良いエネルギー源です。 

しかし、都市ガスは主成分であるメタンは、プロパンやブタンに比べると熱量が低く、火力が弱い性質があります。 

都市ガスとプロパンガスを1立方メートル当たりの熱量で比較すると次の通りになります。 

 

・都市ガス11,000kcal/㎥ 

・プロパンガス24,000kcal/㎥  

 

このように火力が2倍以上も違いますので、同じ作業をする、例えばお湯を沸かすとき、プロパンガスなら都市ガスに比べて 

2分の1未満の利用料で済みます。ただし、都市ガス用のコンロのガス穴はプロパンガス用コンロよりもガスが多く出るようになっています。 

そのため、火力など実際に使用する場面での違いに関しては、都市ガスとプロパンガスでは差を感じることはありません。 

都市ガスの地域からプロパンガスの地域に引っ越す場合、または、逆にプロパンガスから都市ガスの地域に引っ越す場合は、器具を変えずに使い続けることはできない点に注意しておきましょう。 

 

成分と供給方法の違い 

都市ガスはメタンを主成分とする天然ガス、プロパンガスはブタンやプロパンを主成分とする液化石油ガスです。 

前者の供給にはガス管が必要なのに対して、後者は常温でも8気圧と比較的低い気圧で液化するのでボンベでの運搬が可能だという違いがあり、その結果、ガス管の整備された都市部には前者、設備が行き届いていない 

郊外や、地方都市では後者が多い傾向にあります。 

ちなみに日本は近年液化天然ガスの輸入をオーストラリアに大きく頼っています。 

プロパンガスは、産油国であるUAEやサウジアラビアからの輸入が多かったのですが、現在はシェールガスの輸入が多くなっています。 

最大の輸入元は、シェールガスを多く産出する米国です。 

空気より重いか軽いか 

都市ガスの特徴の一つが、空気よりも軽いことです。 

空気のおよそ半分の重さで、比重は約0.5です。 

そのため、ガス漏れ警報器の取り付け位置はキッチンの上部などが、検知しやすい位置とされています。 

万が一、漏れてしまった場合には、天井部にたまるので、窓を開けて換気をすることによって大気中に放出します。 

一方、プロパンガスは空気に対して1.5~2.0と重いので、室内に漏れた場合は足元にたまります。 

そのため、プロパンガスのためのガス漏れ警報器の取り付け位置は、床のすぐ上のあたりの低い位置に取り付けます。 

万が一漏れてしまった場合、屋外にほうきで掃き出すことが室内の事故を防ぐために有効です。 

このように空気より軽いか重いかによって、ガス漏れ警報器の位置や万が一漏れてしまった場合の対応に違いがあります。 

 

利用できるガス機器の違い 

都市ガスとプロパンガスでは使えるガス機器も変わります。 

両者による違いはもちろんですが、加えて注意しなければいけないのは、プロパンガスは全国どこへ行ってもガスの成分がほぼ同じなので「LPガス用」の機器ならどこでも使用することができますが、都市ガスは取扱い会社によってガスの原料や発熱量が異なるため、それぞれのガス種に対応した専用のガス機器を使わなければいけないのです。 

引越しなどでガスの種類が変わってしまった場合には、機器の調整や買い替えが必要になります。 

 

供給会社の違い 

都市ガスを供給しているのは全国に約200社ある都市ガス事業者です。 

消費者との直接契約に基づいてガスを供給しています。 

2015年現在ではこのガス料金は公共料金なので、事業者が勝手に値上げすることはできません。 

これに対してLPガス事業者は全国に数万社もあり、こちらは自由料金なので金額は事業者ごとに決めることが可能です。 

契約の仕方や販売店によってガス料金が変わってくるという特徴があります。 

 

都市ガスとプロパンガスの料金システム 

 

都市ガスの料金システム 

都市ガスでは現在自由化されていますが、2017年の全面自由化以前は、都市ガス会社は必ず「統括原価方式」という方法で料金を設定し、国の許可を得ていました。 

統括原価方式とは、都市ガスを安定供給するために費用の総額を計算し、利用者に配分することによって料金の決定する方式です。 

この方式によると、初期費用の回収さえできれば常に黒字になるので、ガス会社の経営状況に関わらず、安定的にエネルギー供給されるメリットがあります。また国の認可を得るため、透明性も高い価格決定方式です。 

しかし、価格を下げるためのコスト削減の努力はなかなかされにくい点で価格に市場原理が働かず、高値で固定してしまう可能性もあります。 

そこで2017年からは、複数の小売り事業者が参入し料金を自由に設定できるようになりました。 

これが「都市ガスの全面小売り自由化」です。 

 

プロパンガスの料金システム 

一方プロパンガスは、ずっと以前から自由化されており市場での自由な競争があります。 

販管費を下げるなどの努力においてもコストを下げることが可能で、消費者も自由により安いプロパンガス会社を選ぶことができます。 

その結果、同じ地域においても2倍の価格の差が出るようなケースは珍しくありません。 

ただし、集合住宅や賃貸住宅の場合、管理組合や大家さんの意向でガス会社が決められているため、どのガス会社も自由に選べるとは限りません。 

 

都市ガスとプロパンガスのメリット・デメリット 

都市ガスとプロパンガスを選べるなら、どちらを選んだ方がお得なのか、それぞれのメリット・デメリットを検討してみました。 

プロパンガスは都市ガスの1.8倍高い 

都市ガスもプロパンガスも、現在は各家庭が自由にガス会社を選ぶことができます。 

また地域ごとにも異なっています。 

都市ガスは多くの利用者でコストを薄く広く負担することができます。 

一方プロパンガスは人口密度の低い地域に一軒一軒配達するので、配達費や人件費の原価が大きくなります。 

両者を比較した調査では、平均価格はプロパンガスの方が都市ガスよりも1.8倍~2倍にもなるとの結果が出ています。 

ただし、地域によって都市ガスの価格には大きく差が出てしまう傾向にあります。 

1000万世帯と利用者のおおいとうきょい地区のガス代に対して、地方に行くと、1万世帯程度の利用者というガス会社もあり、後者の方が高価格です。 

資源エネルギー庁の調べによると、関東の都市ガスの平均単価が150円に対して、九州では約230円と割高です。また、都市ガスの方が一般的にはプロパンガスより安いものの、LPガスの方が安いという地域も少数ですが存在しています。 

 

都市ガスのメリット・デメリット 

都市ガスのメリットは、プロパンガスに比べて料金が安いことと、環境負荷が低いことです。 

天然ガスはメタンが主成分なので、燃焼後のCO₂の排出量がプロパン・ブタンを主成分とするプロパンガスよりも少ないと言われています。 

都市ガスのCO₂の排出量を1とした場合に、プロパンガスは約1.16との調査結果があります。 

また、硫黄酸化物(NOx)や煤塵(ばいじん)を発生させないクリーンエネルギーです。 

デメリットは、対応エリアが地下の導管が敷設されている地域に限られていること、災害の復旧時間に時間がかかることがあげられます。東日本大震災の際には復旧に2カ月もかかった地域があり、大きな災害時にガスの復旧までの時間を短縮することが重要課題とされています。 

ただし、復旧までの時間は、年々短くなる傾向があります。 

熊本・大阪北部地震の際には被害の大きかった地域でも、2週間ほど~10日前後など、より早い復旧ができるようになりました。 

プロパンガスから切り替える際には、初期費用がかかることもデメリットです。 

一戸建て住宅の場合、引き込み工事は10~15万円が目安とされ、利用者が支払うこととされています。 

 

プロパンガスのメリット・デメリット 

プロパンガスのメリットは災害時の復旧が早いことです。 

先にもご紹介した通り、都市ガスはガス管が破損すると復旧に時間がかかりますが、プロパンガスは替えのボンベ・設備、破損等があった部品の交換などが行われれば利用を再開することができます。 

そのため、災害時のバックアップ用のライフラインとして、都市ガスのほかに備蓄する公共施設やビル・集合住宅などもあります。 

また、プロパンガスは全国どこでも場所を選ばず利用することが可能です。 

輸送さえできれば、災害の被災地・仮設住宅への設置、発電機の燃料にも使えて、プロパンガスがライフラインを支える役割を担っています。 

初期費用の安さもプロパンガスのメリットです。 

地下導管から引き込むことは必要ありませんので、引越しなどの時に大きな出費をする必要もありません。 

デメリットは、前に見たように都市ガスに比べて料金が高いことがあげられます。 

料金は都市ガスの1.80~2倍程度です。 

 

まとめ

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

地域にもよりますが、引越しなどの前にはあらかじめ自分で調べておき、お得な方を選びましょう(^▽^)/

 

他店との相見積もり大歓迎! お家のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

お家のお悩みやご相談、工事のお見積もりは無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。
LINEからも簡単にお問い合わせをいただくことができます。

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845

営業時間 / 平日9:00~18:00 定休日 / 年中無休

お家のお悩み丁寧にお答え致します
お問い合わせフォーム
LINEでお問い合わせ