ページTOPへ

実費0円で雨漏り・屋根交換ができる! 実費0円で雨漏り・屋根交換ができる!

火災保険で行える屋根修理

知らないと
絶対損!!
火災保険に加入していると、
下記のような状況なら
保険会社から見舞金がおりる
対象となります

棟板金の外れ
棟板金の釘浮き
スレートの割れ
雨樋の歪み
漆喰の剥がれ
カーポートの倒壊
カーポートの屋根破損
風によるアンテナ破損

上記写真のような方は、家の中に雨水が浸みていなくても、確実に雨漏りが始まっています。
この状況を放っておくと貫板や野地板が腐り、修理費用が膨大に膨れ上がりますので、そうなる前に点検・補修を行う必要があります。

築10年以上経っている建物は知らない間に被災していることが非常に多く、10年以上メンテナンスを行っていない建物はほとんどが火災保険が適応されます。一度ご自宅の屋根を確認してみましょう。
少しでも気になる方や自分の家の屋根を見てもよくわからないという方は無料で診断・点検させて頂きます

火災保険でどうして屋根が修理できるの?

実は、あまり知られていませんが火災保険には
下記のような内容も対象となります。

火災
落雷
衝突
破裂・爆発
水災・雪災
風災
破損
盗難

現在、ご加入されている火災保険の証書をご確認頂くと、火災以外にどの被災が保険の対象となるか明記されていますので、お手元の保険証書をご確認ください。

屋根が破損・被災すると最も緊急性が高く、建物の外部だけではなく内部も劣化させてしまうため注意が必要となります。 特に雨漏りにより建物内へ雨水が侵入すると、屋根材の下にある野地板や貫板が腐ります。 その後、天井や柱などへ雨水が伝ってゆき住んでいる方も違和感を感じ始めるのです。

そう、雨漏りは建物内で違和感を感じた時点で既に二次被害まで進行しているので、野地板や貫板が既に腐っているケースも多いです。修理費用を安く済ませるためには、普段からの屋根のメンテナンス・点検などが必要不可欠です。

また、シマジューでは住んでいる方の修理負担を軽くしたり、自己負担を完全に0円にするため、火災保険に適応できるものは正しく申請を行い修理を行います。

あまり知られていない
火災保険でできる
自己負担0円の修理

実は、火災保険と屋根の破損はとても深い関係があります。
「家が燃えないと保険が適応されないのでは?」と思われている方は全国の9割以上にものぼり、破損してもそのまま放置してしまうか、自己負担で修理されてしまう方が非常に多いのです。
屋根は、建物の中で最も過酷な状況にあります。そのため、破損する可能性が一番高い部分であるにも関わらず、屋根が破損すると建物全体の劣化を速めてしまうのです。

火災保険を適応した施工事例

H様邸 120万円の屋根重ね葺き工事自己負担0

スレート屋根の棟板金が強風の影響で外れてしまっていました。点検の際にすぐに風災だと判断し、現場保存のため写真を撮影して保険会社へ申請するための資料を作成。
後日、鑑定人が来て完全なる風災と判断し保険が適応されてすべての修理が自己負担0円で行えた事例です。

T様邸 52万円の瓦屋根漆喰補修工事自己負担0

お客様のご要望により、既存の漆喰より強度が高いシリコン材での漆喰補修を行いました。
瓦屋根の漆喰が強風と雨の影響でひび割れを起こしていました。また、雨どいが雪の影響で歪んでいたので、点検時にすぐに被災していると気づき火災保険の適応を行いました。実際に保険会社からは工事の見積額が満額おりたので、当初予定していた漆喰の補修をはじめ、雨どいをすべて交換することができた事例です。

無料屋根点検ご依頼フォーム