ページTOPへ

【失敗しないリフォーム】子ども部屋リフォーム

子ども部屋のリフォーム、どうしてますか?

うちには三人の子どもがいますが、子ども部屋は二つしかありません。
その二つですが、壁はなく、真ん中をカーテンで仕切って分けています。

一つは長男(高1)、一つは長女と次女(中1、小4)となっています。

そろそろ、個々に部屋を作ってあげたいとは思っているのですが、なかなか実行に移せていないのが現実です💦
あまりお金をかけずに、リフォームできないかと思い調査しました。

そもそも子ども部屋は必要?

子供の成長にも個人部屋は必要です!

部屋の大きさは関係ありません。

子ども部屋は勉強するスペースだけではなく、遊び場でもあります。
色々なものの整理整頓を覚えたり、一人でじっくり考えたり・・・。

子どもが成長していくために必要なスペースだと思っています。

子どもの成長にあったスペースの確保とは?

子どもが二人以上いる場合は、みんな個々に部屋を貰えているとは限らない。
色々と工夫をして、部屋を増やしたりしているので、例をいくつかあげたいと思います。

間仕切り家具

間仕切り家具の設置

部屋のサイズに合わせて家具を造作してもらう。デットスペースもなくなり、収納も確保できる。
可動式の間仕切り家具なら、模様替えもスムーズ。

カーテンで仕切る

部屋の真ん中にカーテンやパネルドア等をつける。

低予算で済む。
子どもが独立したりして、また元の空間に戻すということになった場合、再リフォーム費用が少なくて済む。

壁を作る

完壁を作る。
この場合、完全に仕切ってしまう事になり、急に圧迫感が出たり、部屋が狭くなった感じになることも。

その他

ロフトベッドの活用

ベッドをロフトタイプにすることによって、下のスペースにチェストや机が配置できる。

チェストの活用

現在使用しているチェストを使って壁を作る。充分、目隠しにもなります。

費用はどれくらい?

サイズや素材にもよりますが、大体の値段を。

  • 間仕切り家具・・・約20万円
  • アコーディオンカーテン・・・約5千円~約6万円
  • パネルドア・・・約1万円~約40万円
  • 壁製作・・・・約10万円~約25万円
  • ロフトベッド・・・約2万円~約8万円

まとめ

子どもの成長によって必要ではありますが、限られたスペースを上手く活用したいと思います。
子どもが自立後、その部屋はどうするのか?

再リフォームするとしたら、どんな風に?など、今後のことも考慮しつつ、子ども部屋のことを考えた方がいいと思った。
我が家も、まずは断捨離をし、それから部屋をどんな感じにするか話をしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です