ページTOPへ

【失敗しないリフォーム】階段リフォーム

皆さんのお宅の階段は、傾斜がきつくないですか?

家の中でも、滑ったり転んだりしてケガをする恐れのある場所と言ってもいいのではないでしょうか?
今は良くても、年を取ってからだと昇り降りがきつく感じるかも知れませんし💦

出来れば、多少のコストが掛かってしまうとしても、できるだけ安全な場所にしたいものです。

階段は建築基準法での階段のサイズは決まっています。

  • 横幅・・・750mm以上
  • 蹴り上げ・・・230mm以下(一段の高さ)
  • 踏み面・・・150mm以上(足を乗せる部分の奥行)

*手すりの設置の義務付け。手すりのない側は、側壁その他これに代わるものとすること。

階段のタイプは?

4タイプあります!!

  1. 直階段(一直線の階段)
  2. かね折り階段(上から見るとL字型に見える)
  3. 折り返し階段(上から見るとU字型に折れている)
  4. らせん階段(ステップがらせん状になっている)

どんな素材がいいのか?

階段で滑っても困るので、踏み面の部分には木製や滑りにくい素材のもの使用。
安全面を重視するなら、木、コルク、カーペットがオススメです。

その他の注意点は?

足元を照らす照明器具の設置。

つまずいたり、踏み外したりしたら大変です💦
足元を照らす照明があれば、夜トイレ等に起きたとしても、安心して行くことができます。

できるだけ足元を照らし、ケガの無いようにしたいです。

採光のための窓の設置。

小さな窓でも良いのですが、少しでも明り取りになるようなものがあると良いです。
もちろん、空気の入れ替えもできますし。

*階段自体を明るい色の素材にするだけでも違います。

階段リフォームの価格は?

LIXIL

  • 14段上り切り直階段(プランNB-01)・・・151,300円
    これは、今までの階段の上から重ね張りする方法。工事も1~2日で終わります。
  • 手すりの取り付け・・・約15万~約25万円
  • 勾配を緩やかにする・・・約25万円~
  • 階段の床材重ね張り・・・約20万~約30万円
  • 階段下のデットスペースを収納に・・・約40万~約50万円
  • 階段の再設置および勾配変更・・・約100万~約150万円

まとめ

思ったよりも結構お金がかかりますね💦
手すりの取り付けは自分たちでも設置は可能ですが、なかなか危ないので階段をリフォームするのなら一緒にお願いするといいかもしれません。

毎日のように昇り降りする場所です。
できるだけ安全に使用するための階段リフォーム。

考えてみる価値はあるかと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です