ページTOPへ

屋根・雨漏り修理

このような屋根は既に雨漏りが始まっています

笠木の外れ

上記、写真のようにスレート屋根の頂上にある棟板金(むねばんきん)が強風や台風の影響で外れる事があります。スレート屋根は頂上がくっついていなく、貫板(ぬきいた)という木の板に釘で打ちつけてあります。強風により釘が浮く、または完全に外れてしまい中の貫板に雨水が浸みます。雨水に触れると貫板は木の板なので腐ってしまい、家の中まで水が浸みてきてしまいますので、早急な対処が必要となります。

また、瓦屋根の場合は漆喰(しっくい)と呼ばれる部分が剥がれて水が建物に浸みる場合が多いです。漆喰が剥がれると、中に入っている葺き土(ふきつち)が雨水で流れ出てきてしまうため、瓦が屋根から落ちてくる危険性も非常に高く、近隣の家や車、人などへ飛んで重大な過失・損害を与えてしまうものですので、定期的な屋根点検が望まれます。 5~10年屋根のメンテナンスを行っていない場合、知らない間に被災しているケースがほとんどです。 シマジューでは定期点検はもちろん、無料で屋根の点検を承っていますのでお気軽にご相談下さい。

雨漏りについて

シマジューでは、雨漏りなどをはじめ屋根に関する修理なら何でも行っています。雨漏りとはそもそも、雨水が意図しないところから建物内へ浸入することを言います。
一般的なイメージなどもあり、天井のシミなどから異常を感じる方がほとんどですが、天井のシミや壁のカビなどが発生した時点で、すでに二次被害へと進行しています。

雨漏りは、家を劣化させてしまい、原因となる箇所以外の場所まで腐らせてしまうので、早急な発見と対策が必要となります。 早い段階で雨漏りが発覚して修理すれば費用もかなり安く済みますが、本来ならば修理しなくても良いはずの壁や天井、柱などにまで影響が出ると修理費用はもちろん大幅に膨れ上がります。

雨漏りによる二次被害

まず、「屋根の雨漏り」という言葉には馴染みがあると思いますが、ここで言う雨漏りの二次被害とは湿気や水分が原因で患部以外の正常な部分までダメージが広がってしまい、木造の家ですと特に木が腐るといったことでどんどん状況が悪化します。

雨漏り修理は、雨漏りの原因となる屋根の破損箇所を修復して雨水が家の中に浸入することを防ぐものです。
天井にシミや壁にカビが確認された時点で、雨漏り修理以外の工事が必要となり、屋根だけでなく天井や壁などの工事費用がかかるということになります。

さらに、雨漏りによる湿気が原因で電化製品や住宅に張り巡らされている配線関連にまで被害が発生する三次被害までいくとさらに修理費用が積み重なってきます。

要するに雨漏りとは、放置すればするほど無駄なお金がかかってしまうのです。
しかし、長く住む家だからこそ日々のチェックや、修理が必要な時は早期発見と対応が求められます。
雨漏りの二次被害が取り返しのつかないほど進行する前に、雨漏りが怪しいと思われた方や心配な方は是非、一度シマジューの雨漏り診断を受けられてみてはいかがでしょうか?

雨漏りを放置することによるリスク

雨漏りから発生した二次被害を修理された方からは、もっと早く修理しておけば良かったという声をよく聞きます。それもそのはず、雨漏りを放置してしまい二次被害、三次被害と進行してしまうと修理費用が10倍以上かかるケースも珍しくないからです。 雨漏りしたからといって、必ずしも修理しなければいけないという決まりはありません。ただ、そのまま放置することで状況は悪化して、確実に修理費用は膨れ上がるので、日頃からのチェックやメンテナンスがとても重要になります。

シマジューでも雨漏りの診断を行っていますので、少しでも雨漏りの心あたりがある方や、心配だからチェックだけでもして欲しいなどという方はお気軽にご相談ください。