ページTOPへ

屋根の葺き替え・重ね葺き

シマジューでは、「葺き替え(ふきかえ)」や「重ね葺き(かさねぶき)」による屋根のリフォームを行っています。特に屋根を得意とする工事部隊がおりますので、最高品質の施工を心掛け対応しています。

屋根の葺き替え(ふきかえ)と重ね葺き(重ね葺き)の違い

屋根のリフォームを行う際に、古くなった屋根材を取り新しい屋根材に変えることを「葺き替え(ふきかえ)」と言います。
「重ね葺き(重ね葺き)」とは、カバー工法と言い古くなった屋根材を取らずに上から新しい屋根材を被せて行うことを言います。

なぜ、このように工法が分かれているかと言うと、コロニアル(スレート瓦・カラーベスト)は新築の戸建て住宅で最も使用されています。理由としては軽量で初期費用が安価なので日本で急速に普及しました。
しかし、コロニアルは色あせしやすいため、10年に1度は塗装工事が望まれる素材なのです。30年経過すると、塗膜の形成が行えず本格的な改修工事が必要となります。

ここで問題となるのが、葺き替え(ふきかえ)工事を行うと剥がす手間賃やアスベスト含有屋根材の処分費用などがかさむため、工事費用が高額になります。
このような背景があり、既存のコロニアルの上に軽量の屋根材を被せるカバー工法が開発されました。
「葺き替え(ふきかえ)」と「重ね葺き(かさねぶき)」は、リフォームをお考えの屋根材によってお選びいただける工法ですので、お気軽にご相談ください。

人気の高い屋根材

Viksen(ヴィクセン)

Viksen(ヴィクセン)は特に人気の高い屋根材です。Viksen(ヴィクセン)は、天然石が付いたガルバリウム鋼板屋根材で、見た目の美しさはもちろんストーンチップ仕上げなので耐久性や断熱性に優れており、メンテナンスが容易なのが特徴です。また、表面のストーンチップは屋根に当たる雨音を小さくする効果があります。最大のメリットとしてメーカー保証が30年あることですので、安心して施工頂ける素材となっています。

さいわいルーフ

さいわいルーフは金属の屋根材で、軽量で耐久性が高く、加工性の良さを兼ね揃えています。新築の屋根はもちろん、リフォームにも適しています。


屋根材の種類はたくさんあり、各素材の中でもグレードがあります。
シマジューではコロニアル、瓦、瓦棒、セキスイかわらU、パーミル、セメント瓦、折半屋根、波型スレート、ガルバリウム鋼板、立平、アスファルトシングル、カラー鋼板など、多種どんな屋根にも対応しています。

屋根リフォームの費用について

屋根材や屋根の形状、寸法によってもお見積り金額は変わってきます。
シマジューでは、工事部隊を抱えているため一般的な屋根リフォームの相場よりも安価で施工が行え、お見積りも無料で行っています。メールや電話での無料相談も行っていますのでお気軽にお問い合わせください。