ページTOPへ

栃木県小山市 E様邸 屋根施工例

施工前のE様邸 屋根

施工後のE様邸 屋根

E様邸 屋根施工のコメント

今回、棟板金の浮きをはじめ、釘の浮きや外れが目立ち、雨樋も歪み、屋根材の塗装も剥がれて苔(コケ)やカビが繁殖していたので、棟板金の交換と塗装を行わせて頂きました。

塗装は、見た目としての改善はもちろんですが屋根材の保護といった意味合いが強く、塗装を行わなければいけない時期を過ぎても放置してしまうと、塗装を行った時と比較して早く寿命が来てしまいます。

本来ならば30年持つはずだったスレート屋根が20年も経たないうちに葺き替えや重ね葺き(カバー工法)による屋根の取替え工事が要されてしまうため、定期的なメンテナンスはとても大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です