ページTOPへ

茨城県古河市 H様邸 屋根施工例

施工前のH様邸 屋根

施工後のH様邸 屋根

H様邸 屋根施工のコメント

屋根の棟板金が強風により浮いており、釘も外れて雨樋が歪んでいた事例です。

遠くから見るときれいな屋根に見えがちですが、棟板金部分が特に浮いてしまっており雨漏りのリスクが非常に高いと言えるでしょう。

こちらはカバー工法(重ね葺き)と呼ばれる既存の屋根の上に新たな素材を重ねて工事を行いました。 カバー工法のメリットとして、既存の屋根を剥がす手間と廃材費用が比較的安価で済むことから、近年一般的な技術として用いられています。

ストーンチップが表面に敷き詰められているガルバリウム鋼板なので、非常に軽量で耐久性が高く、断熱効果や雨音に対する防音効果などもとても優れています。 30年はメンテナンス不要で持つと言われていることもあり、人気も高くこの屋根材の家が年々増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です