ページTOPへ

蓄電池 設置されていますか?

皆さんのお宅では、太陽光発電はされていますか?

最近建てたお宅では、設置されているのを時々目にしますが、普及率はどうなんでしょう???

個人的な見解ですが、太陽光発電はだいぶ普及してきているように思います。ですが、蓄電池を設置しているお宅はまだまだ少ないように思います (;´・ω・) 

近所のお宅でも太陽光発電を設置しているお宅はありますが、蓄電池も設置しているお宅は未だ一軒しか知りません💦 そんな我が家も蓄電池は設置していませんが、現段階ではいつ設置するのかも未定です (;´・ω・)

蓄電池とは?

蓄電とは、太陽光発電で発電した電気を電池内に溜めて置く事。

電気を溜めておくことで、好きな時にいつでも電気を使うことができるものです。緊急性にも優れているので、停電時や災害時でも活躍できると思うのですが、実際には「ちゃんと使う事が出来た」のか「使う事が出来なかった」のかは未確認です。すみません💦

太陽光発電で余った電力は売電し、夜間の割安な電力を蓄電できます。溜めた電力は発電量が少ない時間帯(主に、朝晩)に使用できる為、割高な電力の購入を抑える事もできます。蓄電池への充電を優先的にし、蓄電池残量が少ない場合や非常時に備える。充電完了後には待機状態となり、24時間経過すると経済性モード(自動)に移行します(メーカーによって多少異なるので、確認を。)

蓄電池のメリット、デメリットは?

以前の記事でも書かせていただきましたが、確認の意味でももう一度。

●メリット

・太陽光発電と一緒に使用することで売電量アップ!! そして、購入電力をダウン!! それぞれのライフスタイルや目的に合わせて太陽光の売電量をアップ出来ます。そして、太陽光発電で賄えない時間帯の電気をカバーする事もできます。

・パワコン一体型の蓄電池の場合は省スペースで、太陽光発電を設置済みのお宅ではパワコン買い替えも兼ねられるので売電量がアップする場合あります。 

・停電時や災害時でも安心して電気が使える。(非常用の電源の確保)停電の場合にも、時間に関係なく安心して溜めた電気を使う事が出来る。

●デメリット

・容量により、溜める事が出来る電気量及び、使う事ができる電気量が変わる。メーカー製品によって蓄電容量が異なり、無限に電気を貯めらるのではない。「溜める」と「使う」を上手にコントロールしていくことがポイント!!

・設置するスペースの確保が必要。低温や高温の差が激しくなく、できるだけ結露しない場所がベスト。

・のちには交換が必要。リチウムイオン蓄電池は寿命がある為、充放電を繰り返していると、蓄電容量が段々と減ってくる。何年というような事は言えないがいずれ交換が必要。

気になる価格は?

一番にと言ってもいいくらい、気になる所ではないでしょうか? 

いくら蓄電池が設置すると良いという事があるとは言え、価格が高かったら設置は悩みますよね💦 ローンがやっと払い終わった~となった頃に交換時期がやってくるとしたら、なんだか嫌ですし (;´・ω・)

メーカーによって価格や容量が違いがあるものの、約45万円~約160万円位でしょうか。各メーカーで特徴があり、サイズ等も様々です。自宅の太陽光発電との相性もあるかと思いますので、検討の際には3ヶ所くらいの見積もりを取り、比較をしてから設置することをオススメします。

まとめ

我が家が2年半前に太陽光発電を設置した際に、一緒に蓄電池も・・・と考える機会もありましたが、正直予算もあり、その時は設置はしませんでした。太陽光発電と蓄電池をセットで考えると良いかも知れませんが、その方がお得なのか⁉未だに分かりません (;´・ω・)

前回の時も思ったのですが、太陽光発電では売電が出来るので、ローンを組んだとしても問題がないのですが、蓄電池では売電はできないので儲ける事はできません。そうなるとやっぱり設置には悩みます。ですが、停電時や震災等で活躍するという事を考えると、かなりの魅力があります。

購入に関しては、業者さんと自分達が納得いくまで話を聞き、本当に必要かを判断しましょう。太陽光発電を設置した際に、必ず一緒に購入しないとダメと言う事でもありませんし。もちろん、後からでも設置は可能ですので、焦らずに良く考えて検討したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です