住宅リフォーム・太陽光発電・蓄電池・中古住宅ドクターの
株式会社シマジュー

中古住宅ドクター株式会社シマジュー

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845
無料調査・見積り依頼はこちら お問い合わせ

MENU

シマジューブログ

外壁塗装はどっちが正解? ローラー塗りと吹き付け塗装について解説しました(^▽^)/

外壁・屋根塗装・サイディング

外壁塗装を行う上で、ローラーによる塗り替え、機会を使った吹き付け塗装、そして刷毛を使った塗装があることはご存じだと思います。

これらのうち、「どれが最も適しているのか」、「一番長持ちする塗り替え方法はどれなのか」という疑問を持つ方も多いと思います。

『塗料を厚く塗れるローラー塗装の方が外壁塗装が長持ちしますよ』という業者もいれば、『均一に塗ることができる吹き付け塗装が安心ですよ』という業者もいます。

両方とももっともらしい言い分なので、実際どちらが本当なのか判断がつきません。

実はそれぞれメリット・デメリットがあります。

正しい施工方法で行えば差はほとんどありませんが、それぞれに得意分野があり、外壁材やご自身が望む意匠性や模様などが変われば塗装方法も変わっていきます。

 

現在の外壁塗装はローラーを使用した塗り替えがメイン

 

これまで外壁塗装を行ったことがなく、検討している方も数度くらいは塗装工事の現場を見たことがあると思います。

ご近所で戸建ての塗り替えを見たことがある方もいれば、街中で比較的大規模なビルなどの建物の塗装工事を見たことがあるという方もいるでしょう。

 

外壁塗装の施工方法は主にローラーに塗料を含ませて塗る「ローラー塗り」、機械を使って塗装を粒子状にして飛ばし、外壁に吹き付ける吹き付け塗装、そして手の入りにくい細かい部分を塗る刷毛を塗る刷毛塗りがあります。

これらのうち、現在の外壁塗装では多くがローラー塗りで行われています。

次に行われているのが吹き付け塗装です。

刷毛塗りはローラーや吹き付けで塗ることが難しい部分を塗るために行われるもので、ローラーや吹き付けと併用されることがほとんどになっています。

 

まずはローラーと吹き付けの塗装方法の違いとその特徴、メリット・デメリットなどを知っておきましょう。

 

外壁塗装は使用する道具によって塗り替えは3つに分けられる

外壁塗装に限らず、塗装の方法はローラー、機械による吹き付け、刷毛と使う道具によって3つに分けられます。

一概にどの塗装方法が優れているというわけではなく、外壁材や建物の立地や環境、塗る部分に応じて使用する道具を選択し、適材適所で仕上げていきます。

 

・ローラーを使用した塗装とその特徴

毛やスポンジ状のローラーに塗料を含ませ、塗っていく方式です。吹き付け塗装とは違い、塗料の飛散がしにくく、近隣の距離が近い現在の住宅事情とマッチしているため、普及したとも言われています。

ローラー塗りと刷毛塗りは吹き付け塗装とは違い、道具を使用して直接塗っていたため、手塗りとも呼ばれています。

ローラー塗りは面積が広い外壁や屋根を塗る場合でも比較的、スピーディーに塗装できることも特徴になっています。

 

ローラー塗りの特徴とメリット

1.風の影響で塗料が飛散することが少なくなっており、塗料を無駄にすることが少ない。

2.ローラーなどの道具が扱いやすく塗りやすい

3.(他の塗料に比べて)厚く塗りやすい

 

ローラー塗りのデメリット

1.塗装する場所や部材によって様々なローラーが必要

2.吹き付け塗装よりも作業時間がかかる

3.塗りやすいといってもある程度の技術は必要

 

・吹き付け(機械)による塗装とその特徴

機械によって空気の力を利用したり、塗料を直接加圧して、粒子状にして塗る部分に吹き付ける方法です。

現在のようにローラー塗りが主流になる一昔前は吹き付け塗装が一般的でした。

最大のメリットは外壁に様々な模様が付けられることと、その作業スピードにあります。

ローラー塗りの数倍早く塗装できると言われており、今でも大規模な建物の塗り替えでは、吹き付け塗装が選ばれることもあります。

 

吹き付け塗装のメリット

1.外壁に様々な模様が付けられる

2.作業スピードが圧倒的に早い

 

吹き付け塗装のデメリット

1.塗料を粒子にして飛ばすため、飛び散りやすく、それだけ無駄も多くなり20%程度の無駄出るともいわれている

2.風に流されやすく、天候によって作業できる日が限られており、建物が密集している地域では使いにくい、養生の手間もそれだけ多くなってしまう。

3.塗装時に機械の騒音が問題になってしまうこともある

 

・刷毛塗りによる塗装とその特徴

小さな刷毛を使用して塗装してく方法です。

ローラーや吹き付けに比べて小回りがきくので、狭い場所の塗装にむいています。

逆に広い場所の塗装にはむいていません。

またローラーや吹き付けよりも経験と技術に左右される工法なので、仕上がりに差が出やすいと言えます。

昔は刷毛だけで建物を塗装していました。

 

刷毛塗りのメリット

1.狭い場所の塗装に最適

2.タッチアップなどの部分的な補修にもむいている

 

刷毛塗りのデメリット

1.面積の広い部分の塗装にはむいておらず、時間もかかってしまう

2.仕上がりが職人の技術に大きく左右されてしまう

 

ローラー塗装と吹き付け塗装はどちらが優秀?

同じ外壁塗装をするなら、仕上がり綺麗で、なおかつ長持ちする方法で塗ってもらいたいですよね。

世の中には様々な業者がおり、「ロ―ラー塗りの厚い塗膜で耐久性に富んだ外壁塗装を実現」というところもあれば、「吹き付け塗装で均一の塗膜による綺麗な仕上がりで次の塗り替えまでの期間を長く」というところもあります。

結論を言いますと、施工手順をしっかりと守って塗装するならば、ローラーによる塗装でも。吹き付けによる塗装でも差はほぼありません。

 

それよりも、塗料の希釈率を守る、乾燥時間を厳守するなど施工に関しての品質が高い業者選びに注目すべきなのです。

それではその理由を順番に見ていきましょう。

 

・外壁塗装でも、屋根塗装でも、その他の部分の塗装でも、そもそも塗料というのは単位面積あたりの塗布量が決められています。

それより少ないのはもちろんのことですが、多くても問題が発生する可能性があります。

 

塗料を多く塗った場合、その乾燥に不安が残ります。表面は完全に乾いているように見えても、その中は生乾きになっている状態です。

また、重力に耐え切れず垂れたり、流れ出すこともあるでしょう。

このような施工をされますと、後に塗膜が剥がれてくることもあります。

 

・吹き付け塗装で均一に塗れるかどうかは業者の技術次第

DIYでテーブルや椅子などちょっとした家具を塗装した経験がある方もいると思います。

刷毛やローラーで塗ったという方もいれば、スプレーを使用したという方もいるでしょうし、両方を経験したことがあるという方もおられると思います。

スプレーで塗った方はどうしてスプレーを選んだのでしょうか。また、両方を経験した方はどちらの方が綺麗に塗れたでしょうか。

 

おそらく、スプレーを選んだ方はネットやお店の方から「スプレーの方が綺麗に仕上がりますよ」とアドバイスを受けたと思います。

その両方を経験した方もスプレーの方が綺麗に塗れたと思います。

様々な点でスプレー塗装と葺き替え塗装は違いますが、塗料を粒子状にして飛ばすという原理は一緒なので、ここでは同一にお考え下さい。

実はものを均一に塗るなら、その範囲内へほぼ均一に塗料を飛ばせるスプレー塗装屋吹き付け塗装が圧倒的に有利なのです。

均一に塗料を飛ばせる範囲スプレー塗料や吹き付けでも限られています。

テーブルや椅子などは外壁や屋根に比べると面積も少なく、均一に塗料を飛ばせる範囲より大きくても

少しスプレー塗料を移動すれば、ほぼ均一に塗ることができます。

しかし、外壁や屋根の場合、面積も大きく、移動量も大きくなります。一定のスピードで動かさないと塗料の塗りムラができてしまい、均一の塗膜には仕上がらないのです。

ちなみにですが、あるハウスメーカーでは新築時に仕上げ塗りの外壁塗装の1回だけ行うのですが、手元にはメトロノームがセットされ、刻むタイミングに合わせ、吹き付けガン(手で持つ塗料が噴射される装置)を往復させるよう訓練されています。

 

まとめ

最後までお付き合いいただきありがとうございました(^▽^)/

株式会社シマジューではお客様のご要望をしっかり伺い、将来的に後悔のないお住まいメンテナンスをご提案させていただいております。仕上がりの色や施工に関してのお悩み、疑問がございましたら、点検・お見積り無料ですのでお任せください。

気軽に下記の電話番号・LINE @のほうにお問い合わせください!

0120-905-435

 

 

他店との相見積もり大歓迎! お家のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

お家のお悩みやご相談、工事のお見積もりは無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。
LINEからも簡単にお問い合わせをいただくことができます。

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845

営業時間 / 平日9:00~18:00 定休日 / 年中無休

お家のお悩み丁寧にお答え致します
お問い合わせフォーム
LINEでお問い合わせ