住宅リフォーム・太陽光発電・蓄電池・中古住宅ドクターの
株式会社シマジュー

中古住宅ドクター株式会社シマジュー

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845
無料調査・見積り依頼はこちら お問い合わせ

MENU

シマジューブログ

3種類の工法を徹底比較! お得な外壁リフォームについての紹介です(^▽^)/

外壁・屋根塗装・サイディング

お住まいを購入してある程度の時間が経過すると、必要になってくるのがリフォームです。

お住まいの劣化具合や家族構成の変化など、リフォームの要因は様々あります。今回はお住まいの中でも特に劣化の激しい外壁について解説していきます。

 

外壁のリフォームは

1.外壁塗装

2.外壁カバー工法

3.外壁の張り替え

と大きく分けて3つあります。

これらのうち、どれを選べばよいか判断するのは難しいかと思います。

あなたのお住まいの最適な工法を、外壁の素材別に紹介していきたいと思います。

 

それぞれの工事について

 

ここでは、外壁のメンテナンス工事について基本的な事項を押さえておきましょう。

1.外壁塗装

外壁塗装では、文字通り外壁を塗装します。

主に行われるのは、劣化部分の補修と新たな塗料の塗装です。

主な目的としては、外壁の保護機能の改善をするためです。

 

2.外壁カバー工法

外壁カバー工法では、既存の外壁の上に新しい外壁を貼り付けます。

 

3.外壁の張り替え

外壁の塗り替えでは、これまでの外壁を取り外し、新しいサイディングなどに取り替えます。

 

これだけではどの工事を選べばよいのかよくわかりませんよね。

しかし、できればコストパフォーマンスが高いものを選びたいと思います。

 

おすすめとして

・築30年程度まで:外壁塗装

・築35年程度から:外壁カバー工法か外壁の張り替え

を検討して頂いております。

 

ほかにも、この先「どれくらい住むのか」などによっても選ぶべき工事は変わってきます。ですが、外壁リフォームはメンテナンスが命です。定期的なメンテナンスで耐用年数を伸ばすことが、家の寿命を延ばすことに繋がります。

現在、外壁塗装として最も普及しているのは窯業系サイディングです。耐用年数は30~40年と言われていますが、この数字は外壁塗装などのメンテナンスをきちんと行った場合です。

このメンテナンスを怠ってしまうと寿命は20年程度に縮まってしまいます。

 

また、メンテナンスだけでなく台風や地震などの自然災害による影響も考慮しなければなりません。

台風での飛来物で外壁が傷ついたり、地震でヒビが入ってしまう場合もあります。

環境・立地などその他の条件も考慮してメンテナンスを行うことがメーカー想定の耐用年数を生み出します。

あなたのお住まいの築年数や環境をもとに、それらを考慮しながら外壁リフォームの最適解を見つけていきましょう。

 

【チャートで診断】あなたのお住まいに最適なリフォームは?

・窯業系サイディングの最適リフォームは?

お住まいの外壁の劣化具合によって、工事の緊急性やそれに伴うご提案は変わってきます。チョーキングが発生している、外壁の反りが発生しているなど、外壁について気になる点がございましたらいつでもご相談ください。

 

・モルタル外壁の最適リフォームは?

・金属サイディングの最適リフォームは?

お住まいの外壁の劣化具合によって、工事の緊急性やそれに伴うご提案は変わってきます。チョーキングが発生している、外壁の反りが発生しているなど、外壁について気になる点がございましたらいつでもご相談ください。

 

それぞれの工事の費用・耐用年数・工期を比較

費用を抑えたいのであれば、一番安いのは外壁塗装です。

一般的な戸建て住宅(総2階25坪)にてシリコン塗料を用いた場合にかかる費用は60万円程度になります。また、耐用年数が20年を超える無機塗料を用いた場合でもかかる費用は80万円程度になります。

それに対して、同じ規模の住宅でも外壁カバー工法では150万円程度、外壁張り替えでは180万円程度の費用がかかってしまいます。これは、外壁塗装の2~3倍の金額に相当します。

もちろん外壁カバー工法、外壁張り替えともに定期的なメンテナンスが必要となります。

これらの工事は、現在の壁紙が耐用年数を超えている場合や、反り・クラック・割れなどの外壁の寿命を大きく縮める不具合が発生した場合に行います。定期的メンテナンスを行えば、窯業系サイディング、金属サイディングともに30年以上の耐用年数があると言われている。定期的なメンテナンスを欠かさずに、費用の負担が最小限に済むように心がけましょう。

 

それぞれの工事の特徴は?

・リーズナブルで手の届きやすい外壁塗装

外壁塗装は外壁の劣化が軽度な場合に有効なメンテナンス方法です。外壁塗装を施すことで、本来の防水性を取り戻します。

クラックなどが発生している場合は補修し、その上から塗装を行います。

塗り替えの目安は塗料の種類や耐用年数によって変わってきますが、標準的なシリコン塗料では約10年、無機塗料の場合は20~25年と言われています。

外壁塗装は、外壁カバー工法や外壁の張り替えに比べて工事費を抑えることができ工期も短縮できる工法になっています。

 

・バランス型の外壁カバー工法

外壁カバー工法とは、既存の外壁をそのままにして上から新しい外壁を重ねて貼る施工方法のことです。

「今のところは問題ないが寿命が近づいているタイミング」で行う工事であり、解体や廃棄物処理を伴わないため、その分のコストがカットされます。したがって、外壁の張り替えよりも費用を安く抑えることができるのです。また、外壁が二重になるため、遮音性・断熱性などが向上するというメリットもあります。

 

・内側からメンテナンスできる外壁の張り替え

外壁の張り替えは、外壁に補修が不可能な箇所がある、明らかに寿命を過ぎている場合に行う工事です。

文字通り、既存の外壁を撤去し、新しいものと取り替えます。

いったん壁を取り外すため、外壁の下に隠れていた防水紙や断熱材などのメンテナンスを同時に行うことができます。

また、外壁の素材や色を工夫すれば、お住まいの外観を一新することも可能になっています。

 

それぞれの工事のメリット・デメリット

メリット

 

外壁塗装

・施工費用を安く抑えられる

・塗料によっては20年以上の耐用年数も

 

外壁カバー工法

・張り替えに比べ施工費用が安い

・張り替えと同程度の耐用年数

 

外壁の張り替え

・外壁を丸ごと交換するため、安心して長く住むことができる

・内部のメンテンナスもできるので、外壁からの雨漏りも完全に止めることが可能

 

デメリット

外壁塗装

・外壁の損傷が大きい場合は施工できない

 

外壁カバー工法

・外壁の強度が不足している場合はできない

 

外壁の張り替え

・解体や廃棄物処理によるコストがかさむため、費用が高額

・モルタルの外壁には施工できない

 

主流の外壁とその特徴

張り替えが可能な外壁として挙げられるのは、サイディングです。

サイディングは、モルタルやタイル仕上げに比べ、新築時の施工が容易で工期も短縮できます。

そのため、現在では主流の外壁材として多くの在宅に使用されています。

モルタル外壁では張り替えができないため、劣化し始めてからの対処が難しくなってしまいます。

 

外壁カバー工法であれば既存の外壁の重ね張りするため、現状がモルタル外壁でも下地処理をすることで施工できます。

 

・素材別の外壁リフォーム対応表

・張り替えできない!モルタル外壁の特徴

モルタルとは、セメントに砂を混ぜて練った建材です。

柔らかいモルタルを壁に塗り付けて、時間の経過によって固めることで外壁を造ります。

窯業や金属のサイディングのようにパネルやボードを下地に張り付けるわけではないので、一度剥がして新しく張り付けるのは現実的ではありません。

現状がモルタル外壁の場合は、その上に下地処理をしてサイディングを貼る外壁カバー工法が有効的です。

 

・すべて可能!窯業系サイディング

窯業系サイディングは、セメントに繊維を混ぜて成形されています。

柄・模様が多くのデザインのバリエーションも多いので、人気のある外壁材です。

この窯業系サイディングの上から、外壁カバー工法をすることは可能です。

その場合は同質の窯業系サイディングを使用することはあまりないです。

外壁は軽量であるほうが耐震性の面で優れるため、金属サイディングが好まれます。

 

・すべて可能!金属サイディング

金属サイディングの特徴は、まず軽さです。現状の構造に負荷をかけ過ぎない外壁材として、リフォームの時に重宝されます。

また、プリント・塗装などの技術によりデザイン性にも富んだサイディングとして注目を集めています。

 

 

まとめ

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

外壁塗装を検討中の方は、ご相談、診断、お見積り無料となっていますので、下記電話番号、LINE @から気軽にお問い合わせください!

0120-905-435

他店との相見積もり大歓迎! お家のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

お家のお悩みやご相談、工事のお見積もりは無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。
LINEからも簡単にお問い合わせをいただくことができます。

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845

営業時間 / 平日9:00~18:00 定休日 / 年中無休

お家のお悩み丁寧にお答え致します
お問い合わせフォーム
LINEでお問い合わせ