住宅リフォーム・太陽光発電・蓄電池・中古住宅ドクターの
株式会社シマジュー

中古住宅ドクター株式会社シマジュー

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845
無料調査・見積り依頼はこちら お問い合わせ

MENU

シマジューブログ

和室から洋室へのリフォームについて解説しました(^▽^)/

リフォーム・リノベーション失敗しないリフォーム

使いにくくなった和室を洋室にリフォームしたいという方は年々増えつつあります。

畳はカビやダニが発生しやすく、アレルギー体質の方にとっても悩みの種になりがちです。

また、畳・障子・襖(ふすま)は、表替えや張り替えなどのメンテナンスが大変なことや、車椅子で生活している方にとっては全面フローリングのほうが過ごしやすいといった理由から、和室を洋室へ変更するケースも多く見られます。

そこで今回は、和室から洋室にリフォームする際の価格・値段や注意点、一戸建て/マンションのリフォームについて解説していきます。

 

【施工内容別】和室を洋室にリフォームする際の費用・価格帯

和室を洋室にリフォームする際には、どこまでの範囲を洋室へ変更するのかをまず検討する必要があります。

畳をフローリングに張り替えるだけのリフォームを行うご家庭もあれば、布団を使わなくなったため押し入れをクローゼットにリフォームする例や、襖(ふすま)のみを洋風の建具に変更する例などもあり、いろいろな施工パターンがあります。

畳からフローリング/クッションフロアにリフォームする際の費用・注意点

一般的な6~8畳の和室の畳をフローリングに変更する際の費用は、9~35万円前後になることが多いです。

価格を安く抑えたい/掃除しやすい床材にしたい場合には、クッションフロアもおすすめです。

畳からクッションフロアに張り替える際にかかる費用は8~18万円(6~8畳)が目安になっています。

床材の変更工事では、畳を撤去してフローリング材を張るだけではなく、下地材の設置作業も行います。

たいていの畳の厚さが約40~50㎜であることに対して、フローリングは12mm程度の厚みしかありません。

そのため、床を剥がした後に下地木処理を行い、隣り合う部屋との段差を調整するのです。

また床の下地には、根太(ねだ)という横木がありますが、畳の場合は、根太は455mmの間隔で広めに組んであります。

しかし、畳よりも強度が弱いフローリングに張り替える場合、根太の間隔を303mm程度にまで配置し直す工事も発生します。

さらに築年数が経っている住宅の和室では、畳の下に断熱材が入っていないケースもあります。

畳よりも冷えやすいフローリング材の強度や性能によって、フローリングの材料費が10万円前後変動するので、機能と予算のバランスを考えながらフローリング材を選びましょう。

 

マンションの場合は、防音性に注意

基本的にフローリングは、畳よりも防音・遮音性があります。

マンションの和室の床をフローリング材へ変更する際は、防音性を確保するため、必ず管理規約を確認しましょう。

たいていの集合住宅では「防音規定」やフローリングの「遮音等級」が定められています。

フローリング材には、遮音性を表す「L値(エルチ)」が定められており、数値が小さいほど遮音性が高いフローリング材になります。

ちなみに最近のマンションでは、L-45以下のフローリング材が主流になっています。

なお、2008年以降は、「⊿L(デルタエル)等級」という最新の防音基準も示され、こちらの場合は数値が大きいほどの防音性が高いので、混同しないように気を付けましょう。

ただ一般的な「合板フローリングは、様々なメーカーから防音基準を満たす商品が販売されているので、条件をクリアできる場合がほとんどになっています。

しかし、人気のある自然素材である「無垢なフローリング」は、防音性が認められていないので、遮音性能のある下地材を別に敷く必要があり、その分費用や施工時間もかかってしまいます。

採用したいフローリング材によっては合計費用が2倍になってしまうこともあるので、事前にリフォーム会社とよく相談したうえで、工事内容を決定すると良いでしょう。

 

壁と天井のクロスをリフォームする際の費用・注意点

和室の壁と天井を、洋室仕様の壁紙クロスにリフォームする場合、6~8畳間の和室であれば費用は10~20万円程度が相場になっています。

壁や天井クロスのリフォームでは「m(メートル)単位」あるいは「㎡(平方メートル)単位」で料金が変わるので、施工会社からの見積書をしっかりとチェックしておきましょう。

天井と壁、および壁と床のつなぎ目には、巾木(はばき)や廻り縁(まわりぶち)で仕上げる工事も行われます。

巾木は見た目をよくするほか、掃除機や家具をぶつけにくくする役割を果たしています。

なお、畳をフローリングへ張り替えると同時に、壁・天井にも洋室のようにリフォームする場合には、床の工事とセット価格でリフォームしてもらえることも多いため、全体にかかる費用は16~35万円(6~8畳の和室の場合)が相場と言えます。

 

真壁か大壁か

ところで一戸建ての場合は、和室と洋室の「壁」の構造が大きく異なる例が多く見られます。

床の間や欄間(らんま)などがある一戸建ての和室は、「真壁(しんかべ)」と呼ばれる柱を露出させるタイプの壁であることが多いです。

対して、洋室の壁は「大壁(おおかべ)」と呼ばれる、柱を見えなくする使用にするのが一般的になっています。

そのため、一戸建ての和室の壁を洋室風にする際には、耐火ボードを張る/壁の厚みを調整する、といった作業も必要になります。

一方マンションの和室の場合は、洋室と同じ「大壁」であるケースがほとんどのため、一戸建ての和室を洋室へリフォームする時と比べると、工期も費用もかからずに済みます。

 

【真壁を大壁に変更する費用】

真壁を大壁にするリフォームでは、15~25万円ほどのコストがかかります。

「真壁の和室だけど、なるべく安い費用で洋室にしたい」という時にも、まずはリフォーム業者に相談してみましょう。

 

押し入れをクローゼットにリフォームする際の費用・注意点

押し入れをクローゼットにする場合の費用は、6~25万円前後と考えておきましょう。

内容としては、襖(ふすま)を撤去して扉材を取り付け、内側の仕切り材やハンガーパイプなどを設置する工事になります。

襖(ふすま)を残して、中に棚を追加する程度の簡易なクローゼットであれば、2~10万円ほどで施工可能です。

一方、収納スペースが幅広である場合や、ウォークインクローゼット(WIC)にするときには、予算は~50万円くらいを想定しておくと無難でしょう。

可能であれば、扉は手前に引けるタイプの「折れ戸」にしておくと、物の出し入れがしやすく使い勝手が良くなります。

天袋(てんぶくろ)部分のドアを別で設置する場合は、真上に開く「跳ね上げ式」にすると収納しやすくなります。

ちなみに、一間幅の押し入れの奥行きは800~900mmですが、基本的なクローゼットの奥行きは550~600mmであるため、この約300mmの差をしっかり考慮しておきましょう。

高さが異なる2本のハンガーパイプを設置するなどの工夫をするのがおすすめです。

なお、内部が結露してしまう可能性がある場合、断熱材や床材の補強工事も必須になるパターンが多くなります。

リフォームの担当者から、事前に具体的な工事プランについてしっかりと説明を受けておくと良いでしょう。

 

襖(ふすま)を洋風建具・ドア(引き戸/開き戸)に変える際の費用・注意点

和室の襖(ふすま)をリビングにあるような洋風のドアに付け替える場合、リフォーム費用は、1か所あたり3~22万円程度になります。

最も簡単な工事方法は、建具本体と敷居の交換のみの工事で完了する、引き戸への変更工事です。

引き戸に変更したい場合には、隣室やろうかとの段差を埋める工事もプラスして行う必要があります。

建具のグレードによって商品価格が大きく変わるので、開閉のスムーズさや、ストッパー機能の有無なども比較しながら、適切なドアを選択しましょう。

 

和室全体を洋室にリフォームする際の費用・注意点

6~8畳間の和室を全面的に洋室にリフォームする際の費用は、概算で25~100万円前後です。

原則、予算は50万円以上を見込んでおくと良いでしょう。

マンションの和室全体を洋室にリフォームする際には、壁の工事が容易なため、50~60万円程度でリフォームできることも多くなっています。

先述したような、床材・壁紙クロス・天井材の張り替え、収納・建具の変更といったすべての工事を実施します。

障子窓があった個所にカーテンを取り付けたい場合には、カーテンレール設置用の下地を入れておいてもらうと良いでしょう。

工事内容や部材の質、下地などの劣化具合によって費用が高額になってしまうこともあるため、総額がどの程度になるか、現地調査の際にリフォーム会社に確認しておくと安心です。

 

まとめ

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

株式会社シマジューでは屋根・外壁塗装の他、リフォームも承っておりますので、気軽に下記の電話番号・LINE @のほうにお問い合わせください!

0120-905-435

 

 

 

他店との相見積もり大歓迎! お家のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

お家のお悩みやご相談、工事のお見積もりは無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。
LINEからも簡単にお問い合わせをいただくことができます。

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845

営業時間 / 平日9:00~18:00 定休日 / 年中無休

お家のお悩み丁寧にお答え致します
お問い合わせフォーム
LINEでお問い合わせ