住宅リフォーム・太陽光発電・蓄電池・中古住宅ドクターの
株式会社シマジュー

中古住宅ドクター株式会社シマジュー

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845
無料調査・見積り依頼はこちら お問い合わせ

MENU

シマジューブログ

スレート屋根を長持ちさせるためのメンテナンス 10年に一度メンテナンスを行いましょう(^▽^)/

外壁・屋根塗装・サイディング

スレート屋根(コロニアル・カラーベスト)の家にお住まいの方であれば「スレート屋根はどれくらい保つの?」や「メンテナンスは何をしたらいいの?」など一度は考えたことがあるかと思います。

屋根は見えにくい場所なのでどんな状態になっているののかわからないので、放っておいてしまったり、メンテナンスについて悩むことも多いかと思います。

万が一、スレート屋根の劣化によって雨漏りが発生してしまうと大変です。

基材の腐食やカビやシミの原因になってしまいます。

そこで今回は戸建て住宅に多く使用されている、平板スレートにポイントをあてて「耐久性はどのくらいか」「どのような劣化が起こってしまうのか」「耐久性を上げるためにはどのようにすればよいのか」について解説していきます。

 

・スレート屋根の耐久性はどのくらい?

1.スレートの耐久性は10~20年

スレート屋根は厚さが4.5㎜で内容成分の85%がセメント、15%が石綿で形成されてます。

主成分がセメントであるからスレート屋根自体に防水性はなく、塗装で守ってあげることが必要な屋根材になります。

そのスレート屋根の耐久性は、メーカーによるはっきりした公表はありませんが、20年ぐらいが一般的な耐久年数と考えるといいでしょう。

もちろん、家が建っている気象条件、環境によっての劣化の進行具合は変化するので一概に20年とは言えません。

スレート屋根の劣化は塗膜が劣化し、防水性が失われてしまうと同時に、一気に進んでしまいます。

そのため、条件によっては10年しか持たない場合もありますし、30年以上持つスレート屋根もあります。

厚さが4.5㎜と薄いので強度はあまりありませんが、2004年以前のものにはアスベスト(石綿)が15%も含まれており、スレート屋根自体の強度を高くするために重要な役割を果たしていました。

アスベストは非常に細い繊維で構成されているため、セメントと一緒に混ぜ合わせることで高い耐久性を

発揮していました。

ですが、スレート屋根に使用されているアスベストは瓦自体が欠けたりすることがない限り、周囲に飛散することはなく人体に悪影響はありませんが、定期的に塗装を行って、瓦が割れないようにすることが重要です

 

※人体に悪影響をおよぼしてしまうものとして2004年10月にアスベストが禁止されて、その時期以降のスレート屋根にアスベストは含まれていません。

 

2.他の屋根材の耐久性

スレート屋根以外の屋根材の耐久性を見ていきたいと思います。

ここでは日本瓦屋根とガルバリウム鋼板と比較した場合のメリット・デメリットをお伝えします。

それでは以下の屋根材の比較を詳しく説明していきます。

 

スレート屋根のメリット

①日本瓦屋根は約165㎏/坪の重さがあり、約68㎏/坪のスレート屋根の5倍もあるので、軽いスレート屋根の方が耐震性が高くなります。

 

②日本瓦屋根は一般に塗装ができないため、色の選択肢がありません。一方でスレート屋根はカラーバリエーションが20色以上あるので、選択肢が豊富です。

 

③日本瓦屋根より構造が簡易で、修理に手間がかからず、修繕費用も安く収まります。

 

 

スレート屋根のデメリット

①日本瓦屋根は素材自体をガラス質の釉薬というもので覆われた陶器であるため、塗装によるメンテナンスは不要で50~100年は保つとい   われていますが、スレート屋根は定期的に塗装を行わなければ劣化してしまいます。

 

②以前の日本建築で主流であった日本瓦は厚さが10㎜~20㎜程ありますが、スレート屋根は5㎜と薄いため、強度が高くありません。

 

③断熱性が悪い。

 

④台風などの強風に弱い。

 

ガルバリウム鋼板

続いてガルバリウム鋼板とスレート屋根の比較をしていきます。

鋼板に亜鉛メッキで塗装されたガルバリウム鋼板屋根は、30~50年間はメンテナンスが不要です。

ただ、金属屋根の一つであるため、沿岸部などに家がある場合は錆びによって耐久性が落ちてしまう可能性があります。

 

スレート屋根のメリット

①薄い金属の鋼板であるガルバリウム鋼板は衝撃に弱く凹みやすいですが、スレート屋根は凹むことはありません。

 

②ガルバリウム鋼板の色は数種類と限られていますが、スレート屋根は20色以上と、選択肢が豊富です。

 

スレート屋根のデメリット

①雪下ろしが出来ないため、寒冷地ではほとんど使用されておらず、北海道では一棟も使用されていません。

 

②ガルバリム鋼板の屋根は30~50年ほどメンテナンス不要で保つことができますが、スレート屋根自体は10~15年ごとの塗装が必要です。

 

3.スレート屋根の劣化事例

スレート屋根に施されている塗装の状態にもよりますが、スレート屋根の塗装の劣化により以下のような劣化症状が起こる可能性があります。

・変色

塗装が劣化し、防水性が失われているため、水分を吸収しやすくなっているため、凍害を引き起こす原因となる。

 

・藻や苔の発生

スレート屋根自体に水分が滞留し湿気が高くなるため、藻や苔が発生してしまっている。

 

・凍害

塗膜の防水性が失われ、水分が瓦に吸収され冬場や夜間に凍結、水分の感想を繰り返し瓦自体にヒビが入ってしまい、欠損が誘発してしまう可能性がある。

 

・滑落

滑落をそのままにしておくことでヒビが大きくなってしまい、瓦が割れてしまう。

割れた瓦が落ちてしまうと大事故に繋がるので注意が必要。

 

・反り

水分の浸透と感想を繰り返して起こる。

放置しておくと反りが大きくなってしまい雨漏りの原因になる。

※反りは塗装で直らないので、早めのメンテナンスをおすすめします。

以下のような劣化症状により雨水が野地板を腐食し、雨漏りが発生してしまう恐れがあります。

要に、カビやシミによってシックハウス症候群などの健康障害を引き起こしてしまうこともあります。

そのような状態になってしまう前に定期的なメンテナンスが必要になります。

 

・スレート屋根を長持ちさせる方法は?

1.スレート屋根は塗装で長持ちさせる

前の項目でも述べましたが、スレート屋根の主成分はセメントであり、スレート屋根自体に防水性はありません。

そのため、塗膜で守らずそのままにしておくと雨水や夜露を吸収してしまい、スレート屋根の強度が一気に低下してしまいます。

そのため、塗装を施すことによってスレート屋根の耐久性を上げることができます。塗装を定期的に行うことで30~50年は保つといわれています。塗装をしないと劣化が進行してしまい、手遅れになってしまうことで、葺き替えを行うしかなくなってしまいます。

できるだけ長くスレート屋根を保たせるために定期的に塗装することをおすすめします。

 

2.塗装費用の相場

スレート屋根を塗装する場合、洗浄、ケレンなどの下地処理、下塗り、中塗り、上塗りといった工程が必要になります。

塗装代や業者ごとの施工費によって価格に違いはありますが、大まかに30~40万円程が相場となります。

高価な塗料ほど、耐久性も高くなります、下の表を参考にしてください。

塗装代(㎡あたり)の相場は以下の通りです。

※上記はあくまで目安です。塗料やメーカーによって価格は異なります。

 

・劣化が進みすぎた場合の対処方法は?

1.葺き替え・カバー工法(重ね葺き)

スレート屋根の劣化が著しく塗装ができない場合、葺き替え・カバー工法でメンテナンスする方法があります。

 

費用は屋根面積(広いほど割安・狭いほど割高)、工事方法、工事範囲(雨漏りの有無)、足場組立の有無に関係しています。

 

葺き替え

既存のスレート屋根を取り外し、新しい屋根に取り替える工法です。

スレート屋根は野地板・ルーフィングシート(防水シート)・スレート瓦の3層で形成されていますが、屋根の劣化具合によっては野地板まで取り替える場合があります。

そのような状態まで劣化してしまうとさらに費用がかさんでしまいます。

 

2.メンテナンス費用の相場

葺き替え

業者ごとの施工費等によって価格に違いはありますが、大まかに70~140万円が相場となります。

既存の屋根の撤去費、廃材処理費がかかってしまうため、カバー工法(重ね葺き)より費用は高くなります。

なお、アスベストが含まれている屋根の場合、廃材処理が高額になります。

事前に業者と打ち合わせを行い、どのくらいの費用がかかるのか確認しておきましょう。

 

カバー工法(重ね葺き)

業者ごとの施工費によって価格に違いはありますが、大まかに50~120万円程が相場となります。

既存の屋根を解体せず、廃材処理も不要のため、葺き替えよりも費用を抑えての施工が可能です。

 

まとめ

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

屋根の点検を怠ってしまうと、大変なことになってしまいますので10年に一度はメンテナンスをしましょう(^▽^)/

株式会社シマジューでは、ご相談、診断、お見積り無料となっていますので、下記電話番号、LINE @から気軽にお問い合わせください!

0120-905-435

他店との相見積もり大歓迎! お家のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

お家のお悩みやご相談、工事のお見積もりは無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。
LINEからも簡単にお問い合わせをいただくことができます。

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845

営業時間 / 平日9:00~18:00 定休日 / 年中無休

お家のお悩み丁寧にお答え致します
お問い合わせフォーム
LINEでお問い合わせ