住宅リフォーム・太陽光発電・蓄電池・中古住宅ドクターの
株式会社シマジュー

中古住宅ドクター株式会社シマジュー

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845
無料調査・見積り依頼はこちら お問い合わせ

MENU

シマジューブログ

あなたの家は大丈夫? 外壁の劣化や施工不良について点検しておきましょう(^▽^)/

外壁・屋根塗装・サイディング

外壁の一部分を見ると膨れている、もしそんな状況に遭遇してしまったら不安になりますよね。

「お金をかけて塗装をしたばかりなのにめくれてしまった」という場合は、がっかりするでしょう。

外壁の浮きや膨れは何が原因で起こっているのでしょうか。

浮きや膨れは古くなった塗装が剝がれてきてしまっただけでなく、塗装をしてから年数が経っていない場合にも発生します。

その多くは施工不良です。

もしこれから塗装を行う場合は、施工不良を防ぐために注意点を知っておくとよいでしょう。

また、残念ながら浮きや膨れがすでに発生してしまっている場合には、「そのまま放置してしまって大丈夫なのか」「何か補修を施した方がいいのか」など、気になるところだと思います。

今回は、その対処方法についても詳しく解説していきます。

 

浮きや膨れとは

外壁の一部分が水膨れのように膨れてしまったり、表面にボコボコと気泡のようなものが出来てしまったりすることがあります。

これは、外壁材の表面に塗られた塗装の膜が、しっかり密着できずに間に空気が入り込んでしまって浮き上がってしまっている状態です。

外壁には、防水性能を持たせるために、通常は塗装が施されています。

下塗り、中塗り、上塗りと、それぞれ機能の異なる塗装を重ねて塗ることで、しっかりと知った塗膜を形成します。

中でも下塗り材は、表面を整えて、上から塗る塗料を密着させる役割があります。

下塗り材が何らか原因で適切に働かないと、塗膜が膨れたり浮いたりしてしまうことがあるのです。

また、外壁材に不具合があり水分を含んでしまっている場合には、日光で温められた湿気が膨張してしまい、内部から塗膜を押し上げて膨れを起こす場合もあります。

浮いている部分は、触ると簡単に剝がれてしまう状態です。

塗膜の本来の目的である、防水と紫外線から守るという機能がなくなってしまっているので早急に対処しなければなりません。

 

浮きや膨れが起こる原因

浮きと膨れの原因としては、大きく分けて経年劣化と施工不良があります。

塗装直後から数年程度で起きる場合は、施工不良の可能性が高くなります。

 

経年劣化

外壁に施されている塗装は、雨や紫外線の影響を日々受けて少しずつすり減っていき変質していきます。

塗料の種類もよりますが、およそ10年程度で元々の塗料の性能は発揮できなくなってしまいます。

塗料が劣化してしまうと、外壁は雨や紫外線の刺激を受けるようになり、雨水も徐々に内部へ入り込んでしまいます。

内部からの湿気は、さらに塗膜を浮き上がらせる原因になってしまいます。

 

下地の処理が不十分

塗装を行う際には、下地を高圧洗浄で洗浄します。

この時に、表面に汚れやカビが残っていると、塗料が密着しなくなってしまいます。

特にカビを残したままで塗装してしまうと、カビが成長してしまい塗膜を浮かせる原因になってしまいます。

表面が滑らかであるほど、塗料は密着強いやすくなります。

サビや補修した跡の凸凹は、塗料の密着を妨げてしまいます。

下地処理の工程では、ケレンといい手作業で古い塗装を剥がし、表面を滑らかにする作業を行います。

しかし、とても手間のかかる作業のため、作業が不十分になるケースや、そもそも下地処理をほとんど行っていない場合も見受けられます。

特に悪徳業者は、下地処理を手抜きするために注意が必要です。

 

下塗り材の不足

下塗り材は、外壁と塗膜の密着度合いを決める重要な役割を担っています。

下地の傷みひどい場合は、下塗り材を多く吸い込むため、下塗り材を増やす必要があります。

どの程度増やすかは、経験によって見極めなくてはなりません。

下塗り材が足りていないと、重ねて塗る塗料がうまく密着しません。

また、塗料メーカーの私用で希釈率が定められていますが、正確に希釈していない場合には、塗膜が薄くなってしまい、塗りムラが出来てしまうことがあります。

希釈率は塗布する道具や天候によって変えなくてはならず、経験に頼る部分も必要です。

雑な作業の業者や、経験の浅い業者の場合は、施工不良が起きやすくなってしまいます。

 

外壁材と塗料の相性が悪い

外壁材には、モルタル、サイディング、金属など、様々な種類があります宇。

材質によって塗料の付き方が異なるため、材質にあった塗料を選定しなくてはなりません。

例えば、窯業系サイディングには、弾性塗料は基本的に使用しません。

弾性塗料というのは、柔軟性の高い伸びがいい塗料で、モルタルのようなヒビ割れが起きやすい外壁に使用されます。

ところが、サイディングには高温になりやすい特徴があるため、弾性塗料の温度が上がって柔らかくなってしまい、膨れが起きやすくなってしまうのです。

また濃色の塗料も同様に、高温になりやすいことから、膨れが起きるリスクが高くなってしまいます。

ほかにも難付着サイディングと呼ばれるサイディングは、塗装できる塗料が限定されています。

難付着サイディングとは、劣化させないためのコーティングがされているサイディングで、通常の塗料ではうまく密着しません。

難付着サイディングと気が付かずに塗装をしてしまい、剥がれてしまった事例もあるので経験豊富な業者に相談することが重要です。

また、チョーキング現象が激しい場合は、チョーキングで出た粉に邪魔をされて密着力が弱まる場合もあります。

この場合は、浸透性の高い下塗り材を使用することで対処できます。

 

乾燥時間不足

下地処理で高圧洗浄した際の水分が残ったままで塗装をしたり、下塗りの塗料が乾ききらないうちに重ねてしまったりすると、施工不良の原因になります。

塗料は水や溶剤で薄められた状態で塗、塗った後で水や溶剤が蒸発することで外壁に定着します。

きちんと乾燥時間をとって蒸発をさせないと、剝がれやすい状態になってしまうのです。

できるだけ工期を短くし人件費を抑えたいと考えると、乾燥時間が短くなりがちです。

また、施主の希望で早く仕上げてほしいと言われて、やむを得ず乾燥時間を削ってしまう場合もあるでしょう。

余裕のあるスケジュールでしっかりと乾燥時間を取れるようにしましょう。

 

浸水

外壁と塗膜の間に水分が入り込んでしまうと日光で外壁が温められて水蒸気が発生し、塗膜をしたから持ち上げる形で浮き上がらせてしまいます。

水分が入り込む原因としては、以下のようなことが考えられます。

・湿度の高い日に塗装をしてしまった

・外壁にヒビ割れや反りがあって雨水が入り込んでしまっている

・サイディングの目地に使われているシーリングが劣化して雨水が入ってしまっている

原因ごとに対処法も異なりますから、プロの優良業者に見てもらうとよいでしょう。

 

悪徳業者

施工不良の多くは、業者の知識不足や施工ミスの可能性が高いです。

一方で、なかには施工不良が起きることを知っていながら故意に安い素材を使用するケースや、手抜きをして利益を得ようとする悪徳な業者もいます。

例えば、塗料を水増しして塗料代を安く抑えるといった事例があります。

既定の希釈率以上に薄めた塗料を使ってしまうため、必要な性能が得られずに不具合を起こしてしまいます。

ほかにも、通常3回塗装するところを2回の塗装で済ませようとしてしまうこともあります。

表面上は綺麗に上塗りされているので、きちんと仕上がっているように見えますが、のちのち塗装が剥がれてしまうなどの不具合が起きてしまいます。

工程を一つずつチェックして、塗料の種類や量をチェックすることができれば、そのような危険を防ぐことができるかもしれません。

しかし、実際には難しい部分もあると思うので、見積もりの段階で、塗料の種類や工程について丁寧に説明をしてもらい、じっくり納得がいくまで話を聞くことも、優良業者を見極める一つの方法といえるでしょう。

 

浮きや膨れによって引き起こされる問題

浮きや膨れは、そのままにしておくといろいろな問題を引き起こしてしまいます

 

保護機能が低下する

浮いてしまっている塗料は、とても破れやすくなっています。

少しの刺激で敗れてしまい、破れてしまった箇所からは雨水が入り込んでしまうのです。

外壁材はもともと水に弱いため、簡単に雨漏りの原因になってしまいます。

また、破れた箇所から雨水が入り込んでしまうと、さらに周囲の塗膜が浮いてしまうという悪循環になってしまいます。

 

美観を損なう

塗膜が浮いてしまっていると見た目もきれいではありません。

塗装の表面に凹凸があると、違和感があります。

 

進行してしまう

浮きや膨れは残念ながら、そのままにしておいても直ることはありません。

むしろ、さらに周囲にも広がっていく一方です。

また、水分によるものの場合、どこかから浸水している可能性があります。

根本の原因を取り除かないと、外壁や下地の傷みがさらに進行してしまいかねません。

 

保証期間を過ぎてしまう

浮きや膨れの原因が、塗装工事の不備であれば、塗装工事のやり直しも考えられます。

塗装の際に保証が付いている場合には、適用してもらえるかもしれません。

しかし、そのまま放置してしまうと保証期間が過ぎてしまい、保証の対象外となってしまうこともあります。

そのため、見つけたらできるだけ早めに対処した方がよいでしょう。

 

外壁塗装の補修方法

塗装の浮きや膨れを見つけたら、まずは原因を突き止めて、再び起こらないように対処しましょう。

例えば、内部からの結露が原因の場合は、そのまま再塗装してもまた同じように施工不良が起きてしまう可能性が高くなります。

そこで、結露が起きないような対策も必要でしょう。

浮きや膨れが起きている場所だけが塗装が密着不良を起こしているのではなく、その周囲も密着していない可能性があります。

密着不良の範囲をしっかり見極めて、補修する範囲を決めなければなりません。

不良個所を剥がし、完全に除去した状態で下塗り材を塗ります。

乾燥時間を仕様通りにとり、中塗り、上塗りと通常の塗装の工程と同様に行います。

 

まとめ

外壁に塗装の浮きや膨れが見つかった場合には、経年劣化または施工不良のいずれかの可能性が大きいです。

もし、塗装工事を行って数年以内であれば、施工不良かもしれません。

施工不良が原因でトラブルにならないためにも、塗装は信頼できる優良業者を選ぶ必要があります。

もし現在、外壁塗装をご検討中であれば、ご相談・診断・お見積り無料になっていますので、株式会社シマジューにお気軽にご相談ください。

0120-905-435

 

他店との相見積もり大歓迎! お家のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

お家のお悩みやご相談、工事のお見積もりは無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。
LINEからも簡単にお問い合わせをいただくことができます。

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845

営業時間 / 平日9:00~18:00 定休日 / 年中無休

お家のお悩み丁寧にお答え致します
お問い合わせフォーム
LINEでお問い合わせ