住宅リフォーム・太陽光発電・蓄電池・中古住宅再生事業の
株式会社シマジュー

株式会社シマジュー

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845
無料調査・見積り依頼はこちら お問い合わせ

MENU

シマジューブログ

「外壁にカビが…」放置してしまうと大変なことに?!プロが解説します!

ブログ

今回は、外壁のカビについて紹介していきます。

そもそも、普段家の外壁を見る機会というのはあまりないとは思いますが、もし自分のお家の外壁に黒ずみがあればそれは、カビかもしれないので、定期的に見るようにしましょう。

外壁のカビを、放置しておくと見た目が悪くなるだけではなく外壁そのものが劣化してしまう可能性があります。

 

・外壁にカビが発生する原因
・外壁に発生するカビの除去・予防

この二つは、行うようにしましょう。

 

カビの発生条件

お家の外壁にカビが発生する条件としては、以下の5つとなっております。

・栄養がある
・酸素がある
・温度が最適
・温度が高い
・長く放置されている

外壁に、カビが発生する原因を知る為にも発生条件を詳しく確認するようにしましょう。

また、外壁のカビも掃除や外壁のメンテナンスを定期的に行う事により、繁殖を防ぎやすくなってきます。なので、外壁のカビを防ぐ為にも対策を取っていきましょう。

 

 

外壁が劣化しているサイン?

 

もし、お家にカビが生えている場合は、外壁が劣化しているかもしれません。

外壁に塗られている塗料には、雨や紫外線、汚れ、温度や温度の変化など、劣化の原因からお家を守る機能が備わっているのです。

しかし、外壁にカビが生えてしまっているということは、塗料の機能が失われて湿気が溜まりやすくなってしまったり、もし防カビ効果のある塗料であれば、カビを防ぐ機能が果てせれないということでもあります。

また、カビからお家を守る機能がなくなってしまう事は、他の様々な機能も失われている証でもあり、V外壁塗装のタイミングともいえます。

 

外壁のカビを掃除する方法

 

 

もし、お家の外壁にカビが発生しまった場合掃除する方法としては、以下の2つとなっております。

・自分で掃除をする
・専門業者に依頼する

 

自分で掃除をする

ブラシで洗浄する

外壁洗浄のブラシやカビ専用を使う事により、カビを落とす事が出来ます。

ですが、ブラシで強くこすってしまうと塗料で出来た膜が剥がれてしまうので、適度な加減が必要になるなど、意外と難しい作業となっております。

しかし、外壁の高い場所は、転落事故など危険に繋がる恐れがありますので、あまりオススメではありません。

高圧洗浄機を使う

もし、お家に高圧洗浄機があれば確実にカビを落とす事が出来ます。

ですが、外壁の深くまで根を張っている場合であったら、一見キレイに見えますがすぐに繁殖してしまうので、洗剤も合せて使う事で落としやすくなります。また、高圧洗浄機を掛けすぎてしまうと外壁を傷つけてしまう可能性も出てきます。

 

外壁塗装業者

自分で、掃除するより外装塗装業者に依頼する事により、外壁を傷つけずに最適な方法でカビを落としてくれるのです。

また、外壁塗装業者さんは、ただ洗浄するだけではなく外壁の状況を見ながら洗浄してくれる為、お家の外壁が酷く劣化していて塗装する時期を迎えている場合は、外装塗装業者さんが教えてくれますのでオススメです。

 

 

カビ・コケが生えやすい外壁

壁の模様やデザインでデコボコがあってたまりやすい

 

コケやカビは、わずかな水分があれば、繁殖するのに十分なのです。

なので、外壁にわずかなデコボコであっても、水や汚れが溜まりやすい事からカビやコケが繁殖してしまうのです。

日当たりが悪い

日当たりが悪い所だと、乾燥しない為に、湿気なども溜まりやすくなってしまいカビやコケが生えやすい環境を作ってしまうのです。

ただ、コケの場合光合成を行い成長するものなので、まったく日当たりのない場所では、コケではなく、カビが繁殖してしまうのです。

風通しが悪い

コケやカビの生育条件の大きな要素としては、「乾燥しない」事です。

その為、風通しの悪い場所は、コケやカビが繁殖しやすいのです。

もし、物などを置いてある為に、風通しが悪くなってしまっている場合には、それら物などを移動させたり、処分する事により、コケやカビの発生を抑える事が出来るのです。

湿気が溜まりやすい場所

浴室やトイレに隣接する壁は、湿気がある事が多いのです。

また、屋根から雨水が地に落ちて乾燥しにくい、隣の家との間隔が狭い場所などは湿気が非常に溜まりやすい場所でもあり、コケやカビが好む場所となっているのです。

このような場所の壁は、普段から掃除したり、少しでも風通しを良くするなどの対策があるのですが、これといった改善策はないのです。

結露を起こしやすい場所

窓のサッシ付近など、結露からの水滴がたれる場所には、コケやカビが発生してしまうのです。

結露というのは、温度差が激しい場合に発生するものであり、結露が防ぐ為には、寝る前などに換気を行う事により外と室内の温度差を少なくし結露を防止する事が出来るのです。

 

業者に依頼する場合

候補の業者を選んだら、必ず相見積もりを取るようにしましょう。

なぜなら、1社に見積もりだけでは適正価格かどうかわかりません。

その為、必ず3社程度に見積もりを出してもらい、そうする事で適正価格が判断できるようになります。

相見積もりの重視点

・高すぎる・安すぎる業者は避ける事
・項目や面積が具体的かどうか確認する

他の業者と比べて高すぎたり、安すぎたりする見積もりを出してきた場合それは、悪徳業者の可能性がありますので気を付けましょう。

 

 

応急措置が大事

 

外壁に、カビが生えている場合どうしても素人では除去する事が難しい為、もし外壁カビが初期段階の場合は、自分が行える範囲内として応急措置としての殺菌方法を行いましょう。

用意する物

・中性洗剤
・消毒用エタノール
・水
・スプレーボトル
・ブラシやスポンジ
・雑巾

手順

1.表面の汚れを中性洗剤で落とす

台所などで使用する中性洗剤を希釈した液体をスプレーボトルに入れ、カビに吹きかけ、ブラシで泡立てながら擦っていきます。ただ、強く擦ってしまうと壁を傷つけてしまいますので気を付けましょう。

最後に、雑巾で拭きとっていきます。

2.カビ菌をエタノールで殺菌する

もちろん、中性洗剤で落とすだけで見た目では綺麗になっていますが、ただこれだけではカビの色素が落ちただけなので、まだカビ菌は、生きているのです。

その為にも、殺菌を行います。消毒用エタノールをスプレーで吹きかけながら、雑巾で拭いていきましょう。

 

 

まとめ

 

今回、外壁のカビについて紹介させて頂きましたが、もちろん自分でも掃除する事は出来ますが出来るだけ外壁を傷つけない為にも業者さんに依頼するようにしましょう。

また、業者さんに依頼するにも先程も説明した通り、相見積もりは必ず行いましょう。

 

他店との相見積もり大歓迎! お家のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

お家のお悩みやご相談、工事のお見積もりは無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。
LINEからも簡単にお問い合わせをいただくことができます。

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845

営業時間 / 平日9:00~18:00 定休日 / 年中無休

お家のお悩み丁寧にお答え致します
お問い合わせフォーム
LINEでお問い合わせ