住宅リフォーム・太陽光発電・蓄電池・中古住宅再生事業の
株式会社シマジュー

株式会社シマジュー

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845
無料調査・見積り依頼はこちら お問い合わせ

MENU

シマジューブログ

和室をリフォームする際に知っておこう!「専門家が解説!!」

ブログ

どのような時に和室リフォームを行うのかそれは、和室を利用しているけどボロボロになってきている、和室があるけど全然使っていない、和室が使わなすぎて物置状態になっているそのようなご家庭には、おすすめかと思います。

おすすめの和室リフォーム

和室というのは、他の国ではない日本ならではの木材を主に中心とした木材であり部屋が作られている為「手入れが大変」「劣化がひどい」などといった事があり、また人間というのは年齢とともに身体に合った生活スタイルが変わってきたために座る事を中心としている和室の造りが生活に合っていないという悩みがある方もいらっしゃると思います。

その生活空間を快適にする為の和室リフォームについて何点かありますので、これから紹介していきます。

畳をフローリングにする

和室では、だいたいのご家庭が畳だと思われますがお手入れがすごく面倒と思われがちです。

実際、畳のお手入れ自体そのものは面倒ではないのですが湿気や害虫などから畳を守る為にも半年に一度は日に干すことが望ましいと言われています。

また、生活をしていると飲食をこぼした時の処理が大変といった手入れの難しい部分があるのです。それを避けたいとう方には、フローリングリフォームをおすすめします。

フローリングリフォームにするには、費用平均として20~30万程度かかり工事期間としては1~3日程度で終わります。

押し入れをクローゼットにする

押し入れというのは、寝具の収納を目的として作られている為衣類を収納しにくいことでお困りの方は中にはいらっしゃると思いますがそこで、押し入れをクローゼットにすることにより収納がしやすくなるのです。

 

もし、押し入れをクローゼットにリフォームする場合費用平均は15~25万程度であり、工事期間は1~3日程度かかります。

和室の砂壁を張り替える

和室の壁紙の中でも一番汚れやすく困ると言われているのが砂壁です。

砂壁の和室にお住まいの事例としては、「触るだけでも砂が落ちてくる」「いつの間にか砂が落ちていたり」「汚れているけれども手入れをする事が出来ない」という経験が多数あります。

ですが、砂壁を張り替えることにより汚れにくい部屋になります。張り替えの候補としても何種類かありクロス、珪藻土、漆喰などといったものがあります。

その材料で張り替え・塗り替えをした際のことについて説明していきます。

 

 

クロスの場合

クロスというものは、デザイン性に富んでおり汚れ・傷・カビなどに強いといった特徴があります。

もし、砂壁をクロスに張り替える場合の費用としては10万円前後と言われておりますが、より機能性の高い質の良いクロスを使用した場合のみその分料金が上がり工事期間としては1~2日程度で終わります。

珪藻土の場合

こちらの珪藻土の場合は、機能面としては調質性能や脱臭性能にもの凄く優れているのが特徴であり、またそれだけではなく土ならではの柔らかさも持っている為柔らかい印象の落ち着くお部屋にしたい場合はおすすめです。

珪藻土に塗り替える費用としては12~20万円であり工事期間としては2~4日程度です。

漆喰の場合

漆喰の場合は、カビが生えにくく珪藻土に比べると少し劣りますが調湿機能や脱臭性能を持ち合わせているのが特徴であり艶を持ちながらも、さらっとしている為高級感のあるお部屋にしたい方にはおすすめとなっております。

もし、漆喰に塗り替える場合の費用としては12~20万円であり、工事期間は2~4日程度です。

 

和室のリフォームについてのポイント

 

リフォームの際に、注意しておくべき事が3点程ありますのでこれらを踏まえた上でリフォームをしていき成功や満足に繋げるようにしましょう。

1つ目としては、開き戸を付ける場合は床の高さに注意する事が大切となってきます。

開き戸を取り付ける場合、和室と洋室では床の構造が異なっている為畳の厚さの分だけ床に段差が発生しまた、床の高さを調整する工事を行っていない場合は特に注意するようにしましょう。

そこで、ふすまから開き戸への変更を希望している方には敷居を変える事で設置することができる引き戸にリフォームすることがおすすめとなっています。

和室のドアのリフォーム費用としては8~15万円程です。

2点目としては、他の部屋との調和を考える事です。

例えば、和室の中の一室だけを洋室に変える場合は部屋の雰囲気によってはバランスを考えて行わないと片方の部屋が浮いて見えてしまいますので気をつけましょう。

なので、調和を考えながらリフォームをしたり、ふすまや障子を洋室にも和室にも両方に合う引き戸に変える事により部屋を区切った方がいいでしょう。

また、和室の中に窓や収納などといった洋室の要素を取り入れる事により和室と洋室のギャップをなくし調和を図っております。

 

業者の選び方

 

業者を選ぶ際にする事としては、リフォームをする為にも見積もりを3社以上から取る事が大切となっておりそうすることで適正価格がわかる事が出来ます。

一般的には、和室の一部だけのリフォームで10~30万円程度が相場ではありますがそれは、リフォームの内容によって変動してきます。

見積書の中には、業者の水道光熱費や通信費、交通費、車両費などを含んだ諸経費といったものがあるのです。こちらの諸経費は通常として工事費用の10~15%と言われています。

諸経費は、会社によって異なってきますのでもし少しでも高いと感じた場合は、高い理由や何が含まれているのか聞いてみる事が大切です。

ですが、高いからといって悪徳業者とは限りません。その為にもうまくバランスを取っていきましょう。

 

まとめ

 

今回は、和室のリフォームについて説明させて頂きましたがせっかくリフォームされるのに失敗しては意味がありません。それを防ぐ為にも自分自身で調べる事が大切となってきますので怠わらないように気をつけましょう。

また、和室のリフォームにも部屋全体のリフォーム、一部だけのリフォームなどといったものもありますので計画を立てながら行うようにしましょう。

他店との相見積もり大歓迎! お家のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

お家のお悩みやご相談、工事のお見積もりは無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。
LINEからも簡単にお問い合わせをいただくことができます。

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845

営業時間 / 平日9:00~18:00 定休日 / 年中無休

お家のお悩み丁寧にお答え致します
お問い合わせフォーム
LINEでお問い合わせ