住宅リフォーム・太陽光発電・蓄電池・中古住宅再生事業の
株式会社シマジュー

株式会社シマジュー

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845
無料調査・見積り依頼はこちら お問い合わせ

MENU

シマジューブログ

「プロ解説!」知っていますか?IH交換のポイント

ブログ

最近では、IHクッキングヒーターを使用しているご家庭がとても多くなってきています。

今回は、IHクッキングヒーター交換のポイントをご紹介したいと思います!

 

IHクッキングヒーターとは

まずは、IHクッキングヒーターとはどのようなものなのかご紹介します。

HIクッキングヒーターとは、火を使わずに鍋自体を熱くすることで調理ができる調理器具です。「電磁誘導加熱」という方式で加熱します。火を使うことがないので安全性が高くとても人気が高いです。

IHクッキングヒーターとガスコンロを比較

「ではIHクッキングヒーターは、ガスコンロと比べるとどのような違いがあるのか?」と疑問をお持ちの方がいると思います。次は、IHクッキングヒーターとガスコンロの違いをご紹介します。

火力・加熱の違い

・IHクッキングヒーターは、熱伝導が非常に高いため加熱のスピードが早いです。そしてエネルギーのロスも少ないです。

・ガスコンロは、直接火を使っていて加熱するので、「加熱スピードは早い」と思いがちかもしれませんが、IHクッキングヒーターよりも加熱が弱いことが多いのです。

安全性の違い

・IHクッキングヒーターは、加熱するのに火を一切使うことがないため火災の心配がありません。小さいお子さんがいる家庭でも安心です。

・ガスコンロは、火を使うため火災発生の可能性があります。またガス漏れの可能性もありますので注意が必要です。

使用できる調理器具の違い

・IHクッキングヒーターは、鉄やステンレス製などIH専用の鍋やフライパンなどが必要となってきます。

・ガスコンロは、基本的には選ぶことなく大抵の調理器具が使用できます。

掃除の違い

・IHクッキングヒーターは、天板がフラットなことにより基本的には拭き掃除だけで済みとても手入れがしやすいです。

・ガスコンロは、出っ張りなどが多いため掃除は面倒です。

 

IHクッキングヒーターとガスコンロの主な違いはこのようなことです。

 

IHクッキングヒーター選び方のポイント

IHクッキングヒーターにも様々な商品があり、機能も違ってきます。

選び方のポイントをご紹介します。

現在使っているキッチンにあったIHシステムキッチンを選ぶこと

システムキッチンに埋め込むタイプの「ビルトイン型」とコンロに置くだけの「据え置き型」の2つの種類があります。

主流なのは、ビルトイン型ですが、ガスコンロだけをIHクッキングヒーターに交換したいという方には据え置き型がおすすめです。

天井・天板のサイズに合わせること

IHクッキングヒーターを購入する前に天井・天板のサイズをしっかりと測っておきましょう。

大きなフライパンや鍋を調理で利用する方には「ワイドタイプ」、調理台を広く使用したい方には「コンパクトタイプ」がおすすめです。

料理の仕方や家族の人数に合わせること

IHクッキングヒーターは、料理の仕方や家族の人数により下記の三種類から選べます。

・IH
火を使うことなく素早く調理ができる。
・オールメタル
全ての金属の調理器具で調理をすることができる。
・ラジエントヒーター
IHで使用不可の調理器具でも調理ができる。

 

あなたのお家に合うIHクッキングヒーターを選ぶようにしましょう。

IHクッキングヒーター交換の費用相場

そんな便利なIHクッキングヒーター!「交換するのにも費用はどのくらいかかるの?」と疑問になりますよね?次は、交換時にかかってくる費用相場をご紹介します。

本体代

まず本体代です。各メーカーさんから様々な機種が出ているため値段も幅広いですが、大抵、6万円〜15万円程度です。

IHからIHへ交換

IHクッキングヒーターの入れ替え工事です。この場合の施工費は約1万円〜3万円程度です。

ガスコンロからIHへ交換

この場合は、様々な工事が必要となることが多いです。

・ガスの閉栓、撤去作業:安くて2千円〜です。
・ブレーカーの設置:5千円〜1万円程度です。
・分電盤交換:3万円〜6万円程度です。
・幹線張り替え:2万円〜です。
・取付工事:約1万円〜3万円程度です。

 

お住まいの環境に問題がなければ2万円程度で収まる場合もあります。状況や本体代によりかなり値段が変わってきますのでプロの業者に相談し見積もりしてもらいましょう。

IHクッキングヒーター自分で取付?!

もともとIHクッキングヒーターを使用していて交換するという形であれば自分で交換することも可能です。

怪我をしてしまったり、ものを破損してしまう可能性もありますのでおすすめはしませんがご紹介します。

既存のIHクッキングヒーターの取り外し

1、作業前の準備

IHクッキングヒーターのブレーカーを落とし、コンセントを抜く。

2、カバーと調整ルーバーを外す

天板奥の排気カバーを外し、前にある調整ルーバーを外す。

3、固定されている箇所を緩める

手前と奥にある固定器具をドライバーで緩める。

4、パッキンを外す

縁にあるパッキンを外す。

5、本体を外す

IHクッキングヒーター本体を持ち上げて外す。

 

これで取り外しは完了です。

新しいIHクッキングヒーターの取り付け

1、作業前の準備

周りに傷がつかないよう布などを巻いて保護しましょう。

2、新しいIHクッキングヒーターをはめ込む

本体をうまくはめ込みます。

3、固定部分を閉める

固定部分を部品で閉め、前面のパネルもネジで固定する。

4、試運転

コンセントを刺し、ブレーカーを戻し、電源スイッチを入れ試運転します。

 

異常がなければ完了です。本体はかなり重量がありますのでもし行う際は一人での作業はやめましょう。

できるか不安が少しでもあるのならば失敗のないように業者に依頼するようにしましょう。費用を浮かせようと自分でやり失敗して壊してしまったりすると保証なども効かなくまた購入しなければならなくなるので、注意が必要です。

私は、業者に依頼することをおすすめいたします。

ガスコンロからIHクッキングヒーターへは工事が必要

この場合は電気工事が必要となりますので資格を持っていない人は工事できないので注意しましょう!

もし、ご自身が持っていたとしても技術がないまま電気工事をしてしまうと火災が発生するリスクもありますのでプロの業者に依頼し、施工してもらいましょう。

業者選びが重要?!

他の工事でもそうですが「業者選び」はかなり重要になってきます。

値段もそうですが、工事の質も変わります。HPなどを参考にして信頼できる業者を探しいくつかの業者に相見積もりしてもらうことをお勧めします。

まとめ

今回は、IHクッキングヒーターの交換するときのポイントをご紹介してきました。

IHクッキングヒーター、業者選びは焦らず時間に余裕を持ち選びましょう。

費用は状況によりかなり料金が変化するのでしっかりと見積もりをしてもらいましょう。

ぜひ、満足のいく工事を!

他店との相見積もり大歓迎! お家のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

お家のお悩みやご相談、工事のお見積もりは無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。
LINEからも簡単にお問い合わせをいただくことができます。

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845

営業時間 / 平日9:00~18:00 定休日 / 年中無休

お家のお悩み丁寧にお答え致します
お問い合わせフォーム
LINEでお問い合わせ