住宅リフォーム・太陽光発電・蓄電池・中古住宅再生事業の
株式会社シマジュー

株式会社シマジュー

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845
無料調査・見積り依頼はこちら お問い合わせ

MENU

シマジューブログ

知っておこう!水廻りのリフォーム費用相場を専門家が解説!!

ブログ

どれも毎日の生活で必ず使うものですので、日常の汚れが溜まりやすく、さらには水垢や湿気による傷も蓄積されていく箇所になってきます。

水廻りの設備の耐年数は約15〜25年と言われており、リフォームされる件数も多く、特にキッチンはリフォーム箇所として常に上位にランクインしています。

マンションの場合では管理規約に従ってリフォームを行わなくてはなりません。管理規約では、専有部は原則交換不可電圧の変更不可エレベーターの使用時間などが制限されていることがあります。

 

キッチンリフォームの費用と特徴

キッチンには、L型とI型、対面型や様々な種類があります。

それぞれ価格の相場や工事費用が違うため気をつけましょう。

工事期間は内容にもよりますが2日間を目安としています。

 

キッチンの商品相場

各メーカーのキッチンには、「グレード」が存在し、価格帯もそれぞれ違ってきます。

例えば、3つのグレードがあるとします。

「スタンダード」「ミドル」「ハイグレード」に分かれます。

スタンダードクラスはオプション機能も少なく、選べる素材も限られていますので、商品価格は約50万円に納まります。しかし、ハイグレードクラスになると素材やオプション機器が豪華になり、約100万円と高額になります。

必要なオプション機器を予算内でうまく揃えることが、プランニング時のコツと言えるでしょう。

 

キッチンのオプション機能

キッチンには標準で選べる機能と、追加費用になる機能があり、後者はオプション機能と呼ばれます。

・食洗器:約30万円
・浄水器付き水栓金具:約3万円
・天吊り型レンジフード:約10万円
・スライド収納に変更:約10万円〜

さらに、ワークトップやシンク、キャビネットの素材には、ステンレス、人工大理石、ホーロー、セラミックなどが選べますが、これらの素材も価格に影響しますので、プランニング時は価格差をよく比較しましょう。

 

キッチンの工事内容と費用

キッチンの本体価格に、リフォーム工事の費用が加わって、キッチンリフォーム費用の総額になります。

・既存キッチン解体処分費用:約10万円
・キッチン取り付け費用:約10万円
・給排水管工事費用:約3万円
・電気配線工事費用:約3万円

浴室リフォーム費用と特徴

浴室リフォームでは、断熱性や保温性の高いユニットバス(システムバス)が主流になっています。ユニットバスは、床や天井、壁などが全てセットになっている組み立て式のお風呂です。それに対して、オーダーメイドで組み合わせていく浴室を在来工法と呼びます。

ユニットバスのリフォームは、3~5日と比較的長くなります。

*改修工事の間はお風呂が使えませんので、銭湯などを利用する場合は、入浴料も予算に入れておきましょう。

ユニットバスのオプション機能

・シャワーヘッド交換:約7万円
・浴槽素材交換:約10万円
・窓開口工事:約5万円
・ジェットバス:約20万円
・浴室暖房乾燥機:約30万円
・ミストサウナ:約20万円
・保温風呂フタ:約1万円
・断熱天井:約5万円
・LED照明:約2万円

ユニットバスは後付けができない部材が多いため、オプション機能の有無は、予算と調整しながら見積もりの際にしっかり検討しましょう。

浴室の工事内容と費用

・既存浴室解体処分費用:約10万円
・ユニットバス取り付け費用:約10万円
・給排水管工事費用:約3万円
・電気配線工事費用:約3万円

*浴室の床下が湿気による腐食が生じている場合は、約10万円の補修工事が発生する場合があります。

洗面所リフォーム費用と特徴

洗面台は部材がキッチンや浴室と比べると安価で安く済みます。

また費用も洗面台の工事の方が簡単なために工事費用が安くなります。

工期も約1日で完了しますが、間口の広いものや部材が多いものは約2日以上の工事期間を要することがあります。

洗面台のオプション機能

・タッチセンサー付き水栓金具:約3万円
・シャワーヘッド取り付け:約5千円
・LED照明:約2万円
・ツインラインLED照明:約5万円
・鏡のグレードアップ:約1万円
・収納扉のグレードアップ:約2万円
・収納を引出しタイプへ仕様を変更:約1万円
・ボウル素材の仕様変更:約2万円

洗面台のボウルには、陶器製、人造大理石製などの素材の違いがあります。

モデルによっては選択できないものもありますが、可能な場合は人造大理石にすると約2万円あがり、またサイズアップするとさらに2万円上がります。

洗面台の工事内容と費用

・既存洗面台解体処分費用:約5万円
・洗面台取り付け費用:約5万円
・給排水管工事費用:約5千円
・電気配線工事費用:約5千円

 

トイレリフォーム費用と特徴

トイレのリフォームにかかる費用は、便器の本体価格で大きく変動します。

スタイリッシュなデザインのタンクレストイレは約20万円台で、さらに機能性を兼ね備えたものは約30万円台でリフォーム可能です。

トイレ交換のみのリフォームであれば、約1日で工事は完了しますが、トイレの移動や内装工事が発生すると、約1週間の長い工事になります。

トイレのオプション機能

・蓋自動開閉機能:約1万円
・自動洗浄機能:約2万円
・脱臭機能:約1万円

ちなみに、ウォシュレットや暖房便座などはどのグレードのトイレもオプション選択が可能です。

トイレの工事内容と費用

・既存トイレ解体処分費用:約2万円
・トイレ取り付け費用:約3万円
・給排水管工事費用:約1万円
・電気配線工事費用:約5千円

ウォシュレット機能や暖房機能付きトイレ、タンクレストイレなどは、電気配線工事が必要です。

セット料金でリフォームするとお得になる!

水回りのリフォームをおこなうならば、単一の場所だけでなく、キッチンと浴室といったようにセットでおこなうのがお得というようなメリットもあります。

もちろんメリットもありますが、デメリットもあります。セット購入する場合はメリットとデメリットをよく考えて購入するのが良いでしょう。

セット料金のメリット

・一気に工事をする為、施工費が安く抑えられ。
・搬入が同時に行われるため搬入日が安く済む。
・業者は人気商品を大量仕入れしてパックにしている為、仕入れ代が安く抑えられる。

セット料金のデメリット

・型落ち商品の詰め合わせの可能性がある。
・商品選択の幅が減る。
・色選びに制限がある場合がある。

 

このようにセットで安くなるのには理由があります。「この浴槽を家に入れたい!」「この色にしたい!」などこだわりがある方はセットにその商品や色があるとは限らないので、事前にしっかりと確認しましょう。

安い業者は人気のなくなった型落ち商品をセットに纏めている場合があります。本当にその商品で良いのか、しっかりと検討してから買いましょう。

他店との相見積もり大歓迎! お家のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

お家のお悩みやご相談、工事のお見積もりは無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。
LINEからも簡単にお問い合わせをいただくことができます。

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845

営業時間 / 平日9:00~18:00 定休日 / 年中無休

お家のお悩み丁寧にお答え致します
お問い合わせフォーム
LINEでお問い合わせ