住宅リフォーム・太陽光発電・蓄電池・中古住宅再生事業の
株式会社シマジュー

株式会社シマジュー

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845
無料調査・見積り依頼はこちら お問い合わせ

MENU

シマジューブログ

【プロ解説!】オール電化にする前に知っておくべき費用感

ブログ

「オール電化」最近ではよく聞く言葉ですね。
オール電化住宅とは、家庭全てのエネルギー源(調理・空調・電気・給油など)を電気でまかなう住宅のことです。
全て電気を使うためガス代はかかりません。安全性も高いのです。

今回はオール電化のメリット・デメリットそして費用を紹介します。

オール電化住宅の設備

まずはオール電化住宅の設備を紹介していきます。

キッチン

今まではガスを使って調理をしていましたね。
しかし、オール電化住宅では、電気を使い調理ができるIHクッキングヒーターが使われます。

暖房

ガス・灯油の暖房ではなく、「床暖房」や「蓄熱ヒーター」という暖房機が使われます。

給湯

ガスでお湯を沸かすのではなく、「エコキュート」や「電気温水器」という温水器が使われます。

オール電化住宅のメリット

オール電化にすることで様々なメリットがあります。

エアコン、お湯代が安い

オール電化の最大のメリットといえば、暖房にかかる料金とお湯を沸かす時にかかる料金がガスを使って生活するより安く済むことです。
オール電化向けの電気料金プランには、夜間帯の電気代が安くなるプランがあります。
この時間帯にエコキュートを利用しお湯を沸かして貯めておく事で光熱費を節約することができます。

安全性が非常に高い

ガスを使っている家庭では、注意をしていても火災発生のリスクはあります。
それに比べてオール電化では火は一切使うことはないので火災発生のリスクが激減します。
しかし、電気ストーブやヒーターを使用する場合は火災のリスクはあるので注意が必要です。

光熱費が電気代だけに

オール電化ではなくガスを使用している家庭では、ガス代がかかってきます。
しかしオール電化では、ガス代がかかることがなくなり電気代だけになるのです。
家計の管理がしやすくなることでしょう!

太陽光発電でもっとお得かも?

太陽光発電を屋根に取り付けることで、発電した電気をご自宅で使用することができます。
昼間は発電した電気を使用し、夜間帯は電力会社から電気を購入することで電気代が抑えられます。

また蓄電池を合わせて設置することにより、夜間でも蓄電池に貯めた電気を使用することができるようになり、さらに電気代をうかせることが可能です。
しかし、太陽光発電を設置するのに高額な費用がかかるため損得はその家庭により異なってきますので注意が必要です。

太陽光蓄電池に関する記事はこちら

 

 

震災時にタンク内の貯水が使える

震災などにより断水した場合、エコキュートや電気温水器のタンクに貯水している水を使用することができます。
水が使えなくなるのは1日だけでも厳しいことですよね…

貯水タンクがあるといざという時に心強いのです!

オール電化デメリット

様々なメリットがあるオール電化。しかし残念ながらデメリットもあるのです。後悔しないためには、オール電化のデメリットもしっかりと理解しておくようにしましょう。

初期費用が高額

オール電化にする場合は、エコキュート・ IHクッキングヒーターを導入するのが一般的です。
その場合、安くても約60万円ほどはかかると言われています。その他にも床暖房も設置する場合もあります。
設置した後にガスと比べて節約できる料金は家庭によって異なってきます。

初期費用の回収ができる年数などをある程度知っておかないと逆に損してしまう可能性もあるのです。
しっかりと早めに計画をしプロに相談し参考にしてから決めることをお勧めします。

停電時は不便

災害などで停電になってしまった時は機能しなくなってしまいます。
停電時、ガスを使用している家庭ではガスを使用しお湯を沸かしたりすることが可能です。

しかしオール電化は全て電気で動いています。そのため停電してしまうと全て使えなくなってしまうのです。
災害の際は注意が必要になってきます。

なお、災害や停電に強い家にしたい場合は太陽光発電と蓄電池を合わせて設置することをお勧めします。

電気代、光熱費

使い方を間違えると、「あれ、オール電化導入前よりも電気代が高い!!」なんてことも起こりうるのです。
電気代を安くするにはしっかりとした使い方をする必要があるのです。
正しい使い方をし、電気の無駄遣いは避けましょう。

オール電化費用

オール電化にするためには当然初期費用がかかります。
価格も決して安価なものではないのでしっかりと考えなくてはなりません。
次は導入するための平均的な費用を紹介します。

IHクッキングヒーター

IH本体代は物にもよりますが、平均約15万円〜25万円程度です。
それに加えて配線工事、設置費用、ガス器具の取り外し処分代がかかるので総額約20万円〜35万円程度になってくるでしょう。

エコキュート

エコキュートには、三種類ありますが今回は性能が一番良いフルオートタイプで考えていきます。
フルオートタイプの本体代は約40万円〜50万円程度です。
それに取付工事費、電気工事費、既存機撤去処分代などを合わせ、総額約55万円〜70万円程度になってくるでしょう。

 

IHクッキングヒーターとエコキュートを合わせると約75万円〜105万円程度となります。
しかし平均的な費用を紹介したのでこの金額よりも安い場合や、高い場合もあります。
機種や設置をする状況により異なってきますので、プロの業者にしっかりと見積もりをしてもらうことをお勧めします。

正しい業者選び

業者選びなのですがこれこそかなり重要なのです。

業者により料金や工事の質が異なります。
中には悪徳業者の可能性も… 。

納得のいく工事をするには業者選びから慎重に行いましょう。
まずはHPなどで実績や会社の紹介をみて信頼できる業者を探しましょう。
そして同じ条件で三社程度に相見積もりをしましょう。
大切なのは値段だけではなくアフターサービスの体制です。
慎重に考えて選ぶようにしましょう。

まとめ

オール電化の導入についてご紹介してきました。
メリットもあればデメリットもあることを理解してもらえたかと思います。
「オール電化はお得」だと思っている人が多数いると思いますが使い方によっては損してしまう可能性もあるのです。
全ての人が得をするということではないのです。
これから導入を考えているあなたは本当に得することができますか?
早めに計画を立て慎重に決めることをお勧めいたします。

他店との相見積もり大歓迎! お家のことでお悩みの方はお気軽にご相談ください!

お家のお悩みやご相談、工事のお見積もりは無料で承っております。お気軽にお問い合わせください。
LINEからも簡単にお問い合わせをいただくことができます。

リフォームのことなら 0120-905-435
不動産のことなら 0120-176-845

営業時間 / 平日9:00~18:00 定休日 / 年中無休

お家のお悩み丁寧にお答え致します
お問い合わせフォーム
LINEでお問い合わせ